医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【糖質制限ダイエット】糖尿病を食事で治す成功マニュアル 基本的なやり方

【糖質制限ダイエット】糖尿病を食事で治す成功マニュアル 基本的なやり方

糖質制限食に慣れるまでは、「ごはんを食べたい!」という衝動に駆られたり、口寂しくなったりするかもしれません。しかし、食事に対する意識や日常の行動を少し変えると、糖質を控えることに抵抗がなくなり、無理なく糖質制限食に取り組めるようになります。【解説】前川智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)


行動のコツをつかめばらくに糖質制限ができる

 ごはんやパン、麺類などの主食を控え、おかずを中心に食べる糖質制限食。慣れるまでは、「ごはんを食べたい!」という衝動に駆られたり、口寂しくなったりするかもしれません。
 しかし、食事に対する意識や日常の行動を少し変えると、糖質を控えることに抵抗がなくなり、無理なく糖質制限食に取り組めるようになります。
 そこで、日頃、患者さんにアドバイスしている、糖質制限を成功させるコツを、お教えしましょう。

1.できるだけ買いだめしない

 お菓子やアイスクリームなど、買いだめするものには糖質が多く含まれています。なんとなく食べてしまう人は、買いだめしないことで糖質の過剰摂取も、間食も防げます。
 非常食を備蓄する場合も、注意が必要です。
 糖質の多いカップラーメンやパスタ、うどんなどは避け、チーズやナッツ、水などを備蓄しましょう。糖質の少ないチーズやナッツは、非常時だけでなく、口寂しくなったときのお助け食品です。

2.糖質を取り過ぎたら次の食事で調整する

 三食のどこかで糖質を取り過ぎたときは、次の食事を抜く、または糖質を減らすといった調整をするといいでしょう。1日の食事全体をみて、糖質制限ができていれば大丈夫です。完璧さを目指すとストレスがたまり、「もうやめた!」となりかねません。

3.おやつ、デザートを習慣にしない

 糖尿病が重症の人を除けば、たまに、おやつやデザートを食べるのは構いません。
 しかし、3時のおやつや食後のデザートを習慣にすると、どうしても糖質を取り過ぎてしまいます。たまの楽しみにしましょう。

4.夕方以降は糖質を避ける

 夜、糖質を取ると、寝ている間に内臓脂肪がたまります。主食だけでなく、たまに食べるおやつやデザートも、夕方以降に取るのはできるだけ避けます。

5.「ごはん」を頭から消す

 糖質制限の足をひっぱる要因の一つに、「食事にはごはん(お米)を食べるもの」という刷り込みがあります。この刷り込みを取り払う方法は、「朝ごはん」「昼ごはん」「夜ごはん」という言い方をやめ、「朝食」「昼食」「夕食」という言い方に変える習慣を身に付けます。
 言葉を変えることは意識改革につながり、「食事でごはんを食べない」という行動の変化に結びつきます。

6.主食と副食のイメージを替える

 体に必要なエネルギーの重要度から考えると、主食とされるごはん、パン、麺類などは「副食」、または「嗜好品」と考えたほうがいいと思います。
 一方、副食といわれている「おかず」を主食と考えることで、糖質制限をベースにした良好な食事スタイルを習慣にすることができます。

7.外食や弁当で残すなら主食

 外食や弁当(特に駅弁)は、ごはんの量が多いものです。にもかかわらず、「お米は残してはいけない」と日本人の多くが認識していることから、おかずは残しても、ごはんを全部食べている人が多いのです。残すならごはんにしましょう。

8.時には捨てる勇気を持つ

 食事を捨てるなんてバチがあたる、という考えはもっとですが、この考えが肥満や糖尿病など生活習慣病の一因になっています。
 食事を作り過ぎた、弁当や外食の量が多いといった場合は、時に「捨てる勇気」を持つことが大切です。

糖質制限ダイエット カロリー制限との違い

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


【糖尿病になったら】毛細血管の血流を良くすることが大切 合併症を防ぐ運動

【糖尿病になったら】毛細血管の血流を良くすることが大切 合併症を防ぐ運動

「眼科で糖尿病を調べてもらえといわれて…」と、私のクリニックを受診されたYさん。視力の低下も糖尿病からくる網膜症と判明。眼底検査でも網膜には出血や白斑がずいぶん見られました。食事療法とともに、「毛管運動」を続けてもらったところ、劇的ともいえる改善が見られました。【解説】渡辺完爾(渡辺医院院長)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


年々高くなる血糖値がゴーヤ茶でみごと正常化!治療の必要がないと医師太鼓判

年々高くなる血糖値がゴーヤ茶でみごと正常化!治療の必要がないと医師太鼓判

食事の際の炭水化物を減らしてみましたが、あまり効果がありません。思いもかけず効果を上げたのが、「ゴーヤ茶」でした。しだいに高くなる血糖値が気になっていたので、正常化してほんとうによかったと思います。もともとはガン予防のために始めたゴーヤ茶が、血糖値を下げるのにこんなにも役立ちました。【体験談】増田とく子(主婦・73歳)


HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

糖尿病治療には食事療法と運動療法が有効であることは、いうまでもありません。食事療法に加えて、適した運動を行えば、薬よりもはるかに効果が高いことは実証されています。しかし運動療法を指導している医師は、ごくわずか。私が、糖尿病の患者さんに指導しているのが、「週3筋トレ」です。【解説】宇佐見啓治(うさみ内科理事長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)