【酢納豆】福澤アナがお酢と納豆の食べ合わせにハマる理由 糖質制限メニューに最適

【酢納豆】福澤アナがお酢と納豆の食べ合わせにハマる理由 糖質制限メニューに最適

我が家は、全員納豆好きの「納豆家族」です。冷蔵庫には常に納豆が10パックは入っていて、食事にはたいてい納豆が登場します。利き酒師の資格を持っている妻が「納豆を酢で食べるとおいしいよ」というのですから、躊躇することなく食べました。これがほんとうにおいしい!以来、我が家の定番です。【体験談】福澤朗(アナウンサー) 


福澤 朗
1963年生まれ。東京都出身。「ジャストミート!」「ファイヤー!」など、プロレス実況の決めぜりふで一世を風靡する。2005年、フリーに転向。日本酒の魅力や銘柄の選び方、料理との合わせ方を紹介した著書『日英対訳 ときめきの日本酒 手軽に愉しむためのビギナーズガイド』(文芸社)が好評発売中。

味覚確かな利き酒師の妻が考案

 我が家は、全員納豆好きの「納豆家族」です。冷蔵庫には常に納豆が10パックは入っていて、食事にはたいてい納豆が登場します。

 息子は、生まれたときから納豆を食べる両親を見て育ったので、当然のように納豆が好きになりました。
 しかし妻は、最初から納豆を好んで食べていたわけではありません。香川県出身の妻は、納豆になじみがなく、あの独特の粘りやにおいがあまり得意ではなかったのです。

 一方の私は、東京で生まれ育ち、物心ついたころから納豆を食べています。そこで、まずは初心者でも食べやすい「ひきわり納豆」を妻に勧めました。

 それに慣れたら、次は「小粒納豆」、そして「中粒納豆」と続き、最後は豆本来の味を楽しむ本格派「大粒納豆」に到達するという「成長プログラム」を、数年かけて指導しました。

 成果はバッチリ! 妻は今、あたりまえのように納豆を食べています。
 さらに我が家では、納豆をいろいろな調味料とコラボさせ、味の変化を楽しんでいます。
 納豆は、どんな物と合わせても、その風味を損なうことなく、非常にうまく合体します。

 塩を入れるとさっぱり風味で、乙な感じ。ソースを加えてご飯にかけると、ソースカツ丼のような味わいです。ヨーグルトを混ぜると、おしゃれな前菜になりますし、砂糖をかけたら、もはやスイーツです。

 そんな「コラボ納豆」のなかで、私が最もお勧めするのが「酢納豆」です。
 納豆に酢をかけて混ぜると、メレンゲのような泡立ちが生まれます。このフワフワの泡が、実においしいのです。
 酢納豆は、もともと妻のアイデアでした。

 我が家の食卓には、ギョウザがよく登場しますが、その際のつけだれは酢オンリー。しょうゆやラー油は使いません。酢だけで食べると、ギョウザそのものの味を楽しめます。

 これを納豆に応用したのです。つまり、「酢で食べたら、納豆本来の味を堪能できるのでは」と考えたわけです。
 妻は利き酒師の資格を持っているくらいですから、味覚は確かです。その妻が「納豆を酢で食べるとおいしいよ」というのですから、躊躇することなく食べました。そして、これがほんとうにおいしい! 以来、我が家の定番となっています。

白飯がなくても大満足! 間食にも最適!

 酢納豆は、おいしいだけではありません。私の健康管理にも役立っています。

 40代に入ってから、白飯を控える糖質制限を始めました。それまでは、20代のころの体重と体形を維持していたのですが、やはり年齢には勝てません。太りやすくなり、衣装がきついと感じることがありました。

 せっかく用意していただいた衣装を、「きつくて着られません」というのは申し訳ないので、ダイエットのために糖質制限を始めたというわけです。

 まず、テレビ局で出されるお弁当の白飯を、半分残すようにしました。問題は、自宅での食事です。我が家の食事には納豆がつきもの。納豆を食べるなら山盛りの白飯が欲しい。でも、そうすると体重が……。
 そこで、酢納豆の出番です。

 酢納豆は、ご飯にかけるより単独で食べるのに向いています。酢の物のようなので、白飯が欲しくなりません。そして、意外とおなかがふくれるので、白飯がなくても大満足です。

 酢納豆は、間食としても最適です。妻も私も、小腹がすいたときに酢納豆をよく食べます。早朝に出かける日など、時間がないときの食事として、酢納豆だけを食べることもあります。

 私は現在、身長181㎝、体重75㎏です。日本テレビ入社時は71㎏でしたから微増ですが、54歳という年齢を考えると、許される範囲ではないでしょうか。これも酢納豆のおかげです。

 酢納豆は、酒の肴としても活躍しています。ちりめんジャコ、青ノリ、刻みネギ、ヤマイモのとろろ、オクラなどを入れた酢納豆をつまみにすると、いくらでもお酒が進みます。

 私は日本酒の本を出すほどの日本酒好きですが、この酢納豆、日本酒と非常によく合います。日本酒党のかたは、ぜひ一度お試しください。

低カロリーで代謝アップ 満腹感も長時間持続する(済生会松阪総合病院医師・河埜玲子)

 納豆は、良質のたんぱく質が豊富で栄養価が高く、その割に低カロリー(低エネルギー)であるのが特長です。さらに、代謝を上げるビタミンB群や、満腹感が長時間持続する食物繊維も豊富なので、健康的なダイエットには最適な食品といえるでしょう。

 納豆にしょうゆやたれなどを加えると、どうしてもご飯を食べたくなりますが、酢を入れるるとさっぱりした味になり、ご飯なしでも満足できます。

 また、酒のつまみは濃い味つけになりがちですが、酢納豆なら塩分を抑えることができるので健康的だと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )