疲労が一晩で回復!酢納豆が私(89歳)の元気な秘密

疲労が一晩で回復!酢納豆が私(89歳)の元気な秘密

私は今年89歳になりましたが周りの人たちが驚くほど元気です。酢納豆は、そんな私の健康を支えてくれています。毎朝5時半に起きてNHKのテレビ体操をするのが私の日課です。気功と太極拳の教室にも通っています。こうした運動ができるのもバランスの取れた食事のおかげだと自負しています。【体験談】今枝美代子(埼玉県・89歳・主婦) 


苦手な納豆が、酢をかけると美味しくなるから不思議

 私は今年89歳になりましたが、周りの人たちが驚くほど元気です。酢納豆は、そんな私の健康を支えてくれています。
 毎朝5時半に起きて、NHKのテレビ体操をするのが私の日課です。気功と太極拳の教室にも通っています。これだけでも感心されます。

 こうした運動ができるのも、バランスの取れた食事のおかげだと自負しています。好き嫌いをせず、「体にいい物」を食べることを習慣としているのです。口に合わない食品も、少し工夫すれば、おいしく食べることができます。

 例えば、酢納豆です。実をいうと、私は納豆が好きではありません。以前から、納豆が体にいいことは知っていましたが、あのにおいと粘りが苦手で、食べずにいたのです。

 同年代の友人から、「納豆は体にいいので毎朝食べている」と聞いたときも、「いくら健康のためとはいえ、納豆を毎朝食べるのは、ちょっと無理だわ」という感じでした。

 ところが、そのあとすぐに、雑誌やテレビで「納豆が体にいい」というのを頻繁に見たので、試しに食べ始めたのです。

 ただ、添付のたれとからしだけでは、納豆のクセが消えず、食べるのに抵抗がありました。そこで、ダイコンおろしや卵黄、刻みネギ、カツオ節などをたっぷりのせて、たれを半分ほどかけて食べていました。たれを半分しか使わないのは、塩分を控えて血圧を上げないためです。

 そんなある日、納豆に米酢を2〜3滴垂らしてみたのです。すると、酢の物のような味になり、そのおいしさにビックリしました。

「体が動く!」と今枝さん

80歳を過ぎてから 元気度がアップ!

 私はもともと酢が好きで、酢の物は大好物。酢を加えると、納豆の独特のにおいが消えて、とてもおいしくなります。それ以来、納豆を食べるときには酢を入れるようになりました。

 納豆に酢を入れると、においだけでなく、粘りも変化します。ネバネバの糸が、泡のようにフワフワトロトロになります。その泡は酢の味がして、とてもおいしいのです。また、のどの通りもよくなります。
 一口食べてはかき混ぜて泡立て、また一口食べて泡立てる、ということをくり返しながら食べています。ご飯にはかけません。私にとって酢納豆は、酢の物の扱いです。

 酢納豆をはじめとして、体にいい物を適量食べるようにしているので、この年齢になっても体が動きます。また、体を動かしているから、なんでもおいしく食べられるのでしょう。

 同年代の友人たちは、季節の変わりめに体調をくずすことが多いようです。今年の夏も、暑さにやられたり、冷房でカゼをひいたりした話を、よく聞きました。私の場合、ちょっと疲れたかな、というときでも、夕食に酢納豆を加えることで、翌朝には体調が復活するのです。

 今のところ、健康に関しては困ることなく、毎日元気に過ごしています。先日も、年下のいとこと銀座で会うため、1時間ほど電車に乗って出かけ、買い物と食事を楽しんできました。

 そんな私を見て、娘は「お母さんは、年とともにどんどん健康になっていくみたい」と感心しています。確かに、酢納豆を始めた80歳ごろから、元気度が増してきた気がします。

 私くらいの年になると、遠出する人は少なくなります。足腰や目、耳が弱り、外に出る自信がなくなるようです。でも、外に出ないと、楽しみの幅が狭まります。私はまだまだ、見たいものや聴きたいもの、体験したいことがたくさんあるのです。

 ですから、酢納豆のような健康的な食事を心がけ、運動も継続して、元気で楽しく暮らしていきたいと思っています。

酢納豆の作り方はこちら

高齢者の筋肉と活力、 骨の健康に役立つ(済生会松阪総合病院医師・河埜玲子)

 高齢になると、野菜と白飯だけで食事を済ませる人が増えてきます。これでは、たんぱく質が不足して、筋力も活力も低下します。「畑の肉」といわれるダイズから作られる納豆が、たんぱく質補充に役立ちます。
 また、高齢女性は骨粗鬆症による骨折が寝たきりの原因になることもあります。納豆は骨を丈夫にするカルシウムやビタミンKを含むので、お勧めです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


更年期の高血圧【夫源病(ふげんびょう)】の可能性 最大原因は「夫へのストレス」

更年期の高血圧【夫源病(ふげんびょう)】の可能性 最大原因は「夫へのストレス」

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


【名医のTHE太鼓判】モヤモヤ血管が肩こりの真原因!簡単な治し方とは

【名医のTHE太鼓判】モヤモヤ血管が肩こりの真原因!簡単な治し方とは

「長引く肩こり」「ひどい肩こり」に悩んでいませんか。整形外科に行くと「レントゲンで見ても異常ありません」と言われ湿布を出されるだけ、という声も聞きます。実は、その長引く痛みの原因のほとんどが、もやもや血管(=不要な血管)にあるのです。病院での治療法と、自分で治す方法を紹介します。【解説】奥野祐次(オクノクリニック院長)


やり方は簡単【ひざ裏のばし】膝の裏を伸ばすストレッチを名医のTHE太鼓判!で紹介

やり方は簡単【ひざ裏のばし】膝の裏を伸ばすストレッチを名医のTHE太鼓判!で紹介

私は医師として、股関節痛や腰痛、膝痛、背中の痛みに悩む患者さんに向けて、膝の裏を伸ばすだけの簡単体操「ひざ裏伸ばし」を処方しています。驚くような効果が得られています。テレビ「名医のTHE太鼓判!」などで紹介されました。やり方は簡単ですのでぜひお試しください。【解説】川村明(かわむらクリニック院長)


【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には玉ねぎ 頻尿や尿もれ改善には山芋トッピングがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


名医が勧める【酢納豆】は目の血栓を溶かす"視力若返り食材" 網膜血管閉塞症を改善

名医が勧める【酢納豆】は目の血栓を溶かす"視力若返り食材" 網膜血管閉塞症を改善

眼科医である私は、患者さんに納豆を広く勧めてきました。中でも積極的に勧めているのは、眼の血管が詰まる「網膜血管閉塞症」という病気への効果です。納豆に酢を加えた「酢納豆」が特にお勧めです。納豆には血栓を溶かす働きがあり、血液をサラサラにする酢の効果と相まって高い効果が期待できます。【解説者】玉井嗣彦(日野病院名誉病院長)


最新の投稿


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)