【痔の9割は手術不要】いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)は自分で治せると名医が解説

【痔の9割は手術不要】いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)は自分で治せると名医が解説

かつては、痔には「診察を受けるのが恥ずかしい」とか、「病院に行くとすぐに手術される」といった、あまり良くないイメージがありました。また「痔の手術は痛い」「手術しても痔は再発する」と考えている人も多かったのです。しかし、これらは、昔ながらの古い情報に過ぎません。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


病院に行ってすぐ手術は原則としてありえない!

 かつては、痔には「診察を受けるのが恥ずかしい」とか、「病院に行くとすぐに手術される」といった、あまりかんばしくないイメージがありました。また、「痔の手術は痛い」「手術しても痔は再発する」と考えている人も多かったのです。しかし、これらは、昔ながらの古い情報に過ぎません。いまや、痔の治療は大きく変わりつつあります。

 痔を診る専門病院では、患者さんが恥ずかしさを感じないような配慮がなされるようになっています。また、手術法の進展により、痔の手術は痛いものではなくなりました。そして、なにより重要なのが、治療の根幹となる病気に対する考え方が変わった点です。

 旧来の治療では、痔は「切って(手術して)治す」のが主流でした。しかし今は、「できる限り切らずに治す」ことが主流です。ですから、病院に行ったらすぐ手術ということは、原則としてありえないのです。もちろん、手術の必要な痔もあります。しかし、割合からすれば、ごく少数。現在、痔は高血圧や糖尿病と同じ生活習慣病の一つと見なされるようになっています。

 生活習慣病は薬を飲むだけでは根治できません。原因である生活習慣を改善することが必要で、それでようやく根本治療が可能となるのです。痔についても、まさにこのことが当てはまります。生活習慣を改善するセルフケアを行うことで、痔の症状の予防・改善が可能となるのです。

「痔」は大きく3タイプ

 そもそも痔は、肛門周辺の炎症がきっかけで起こります。便は、強いアルカリ性で、肛門の皮膚に炎症を引き起こす攻撃因子です。通常は、肛門は局所免疫(体の特定部分で働く病気への防御反応)が働いているため、炎症を起こしません。

 ところが、さまざまな原因から、全身の免疫力が低下すると、肛門の局所免疫が働かなくなり、肛門に炎症が起こり、それが痔へとつながるのです。
 痔というのは、肛門に起こる病気の総称で、大きく三つに分類できます。

①痔核(イボ痔)

②裂肛(切れ痔)

③痔ろう

 痔核は、肛門周辺のクッション組織の結合が悪くなったり、血管がふくれて腫れ上がったりしてイボとなったもの。いわゆるイボ痔です。直腸と皮膚のつなぎ目(歯状線)の内側にできたものを内痔核、外側にできたものを外痔核といいます。

 裂肛は、かたい便によって肛門上皮が裂けて、激しく痛んだり、出血したりするもの。切れ痔とも呼ばれます。

 痔ろうは、肛門のくぼみ(肛門腺窩)に便がたまって感染を起こし、その感染が進行し、ろう管という通路を作り、そこから膿が出る病気です。

 肛門の炎症がきっかけとなって、これら3タイプの痔が生じます。ですから、まず、炎症を引き起こす原因を改善することが肝心です。

肛門の炎症を引き起こす6つの要因

 日常生活のなかで炎症の原因となる要因は主に六つあります。次のような要因を、日常生活のなかで、できるだけ少なくするように努めてください。

❶便通の異常(便秘や下痢)

 特に便秘は、痔を引き起こす最大の要因です。便がかたくなると肛門が傷つくのです。その傷から便の中の細菌が感染し、炎症を起こします。便秘の人は、なによりも先に便通を改善させるセルフケアが大事です。

❷ストレス

 現代人は、仕事や人間関係などで大きなストレスを感じています。ストレスによって免疫力が低下し、細菌に対する抵抗力が落ちると、肛門に炎症を起こしてしまいます。ストレスをできるだけため込まないようにすることで、痔の状態を改善させることが可能です。

❸座り仕事

 パソコン作業や車の運転などで、ずっと座っていると、肛門周囲の血管が圧迫されて、うっ血を起こします。それが炎症の原因となり、痔を招きます。
 私は、一日中パソコンの前に座っているような人には、1時間おきに立ち上がり、部屋のなかを10mほど歩くことをお勧めしています。

❹肉体疲労

 肉体労働や運動をし過ぎると、筋肉に疲労物質が蓄積し、痔を誘発することがあります。また、疲れがひどいと局所免疫も低下して、肛門に炎症を起こしやすくなります。特に痔の人は、無理をしないように注意しましょう。

❺冷え

 体が冷えると、肛門周囲の血管が収縮して血流が悪くなり、炎症が起こりやすくなります。入浴や座浴をしたり、使い捨てカイロなど使ったりして、お尻を温めましょう。ただし、痔ろうを温めるのはよくありません。化膿が進行するからです。肛門内に戻らなくなった内痔核も温めてはいけません。

❻過度の飲酒

 アルコールは、血管を拡張して炎症を引き起こします。飲み過ぎないようにしましょう。1日の目安量として、ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、ワインならグラス1杯です。
 こうした生活改善のセルフケアを進めると、痔の予防になることはもちろん、いったん生じた痔を改善するのにも大きな効果を発揮します。

痔核の約9割は手術なしで治すことができる!

 三つの痔のうちで最も患者数の多いのが痔核です。痔核のうち、約9割の人は、きちんとセルフケアを行うことで手術なしで治すことが可能です。

 私のクリニックの痔の患者さんには、まず前述した生活改善のセルフケアを行ってもらいます。少なくとも3ヵ月間続けると、状態は大きく改善します。以前、私のクリニックを受診した患者さん128名の経過観察を行って、データを取ったことがあります。治療前、強い痛みを訴えた人が128人中39例(30%)、中等度の痛みを訴えた人が42例(34%)、軽度の痛みを訴えた人が40例(31%)いました。セルフケアを続けたところ、1年後には、強い痛み、中等度の痛みを訴える人はいなくなり、96%の人が全く痛みなしとなったのです。

 排便時の痔核の脱出、はれや出血についても、セルフケアによって大きく改善するというデータが出ています。
 このようにセルフケアを毎日行えば、着実に効果をもたらします。

排便時の出血が月4回あれば受診を勧める

 ただし、少なくとも一度は、専門病院を受診し、痔の状態を確認してください。もしかしたら、痔による出血ではなく大腸ガンによるものかもしれません。特に40代を過ぎると、大腸ガンのリスクが高くなりますから、中高年者は受診し、大腸ガンでないかどうかを確認することをお勧めします。

 なお、痔ろうは、治すために手術が必要です。この場合もまず、今の症状がほんとうに痔ろうなのかどうかを、きちんと確認する必要があります。誤診のリスクもあるからです。そのためにも、痔の専門病院できちんとした検査を受ける必要があります。

 激しい痛みがあったり、飛び出した痔核が指で押しても肛門内に戻らなくなったりしたら、多くの人は迷わず病院に行くと思います。問題なのは、それほどひどくないケースです。

 目安としては、月に4回以上、排便時に出血があるようでしたら、診察を受けることをお勧めします。また、膿が出て下着を汚すようになったら、痔ろうの疑いがあります。すぐ病院に行ってください。

 いずれにしても、痔は、早期発見・早期治療が肝心。一人で悩んでいないで、早めに診てもらい、早めにセルフケアを始めることが、早く楽に痔を治すコツとお考えください。

平田雅彦
1981年、筑波大学医学部専門学群卒業。1985年、社会保険中央総合病院大腸肛門病センターに入り、大腸肛門科の臨床経験を積む。現在は、平田肛門科医院の3代目院長。著書に『痔の9割は自分で治せる』(マキノ出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

痔のホワイトヘッド手術の後遺症に対しては、修復手術が行われる場合もあります。ただし、手術が必ずしもよい結果を招くとは限りません。便もれやべたつきなどの症状は、肛門付近に便があるから起こると私は考えています。排便時に出しきれなかった便が、肛門付近に残っているのです。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

トイレで便を出した後、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感がありませんか?これを「残便感」といい、排便したにもかかわらず便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。残便感が起こる主な原因は三つあります。ご紹介しましょう。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【肛門がかゆい】原因はカンジダ菌や痔も 多くは洗い過ぎ 治し方と対策を医師が解説

【肛門がかゆい】原因はカンジダ菌や痔も 多くは洗い過ぎ 治し方と対策を医師が解説

肛門(お尻の穴)の痒み、ただれで悩んでいる女性は、非常に多く見受けられます。痒みの原因には、カンジダ菌やイボ痔、切れ痔のケースもありますが、そのほとんどは過剰なお尻のケア(洗い過ぎ、拭き過ぎ)です。医療機関で適切な治療を受ける必要があります。【解説】野澤真木子(医療法人社団桃仁日本橋レディースクリニック院長)


【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。その面でも便秘の改善に役立ちます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )