【おしっこトラブル】50代の5人に1人が悩む不快なチョイもれ「排尿後尿滴下」とは

【おしっこトラブル】50代の5人に1人が悩む不快なチョイもれ「排尿後尿滴下」とは

「排尿後に、陰茎をズボンにしまったら、タラーッと尿がもれてしまった」あなたはそういう経験がありませんか。50代の男性の5人に1人は悩んでいるという「排尿後尿滴下」はとても厄介です。この不快なチョイもれを防ぐ方法をご紹介しましょう。【解説】石井泰憲(石井クリニック・北浦和院長) 


50代男性の5人に1人が尿もれ!

「排尿後に、陰茎をズボンにしまったら、タラーッと尿がもれてしまった」あなたはそういう経験がありませんか。この排尿後のチョイもれをくり返すようになると、とても厄介です。

 こうした症状に悩む人は、排尿後、陰茎をよく振って、残っている尿を出そうとします。しかし何度振っても、尿はなかなか出てくれません。

 これは、「排尿後尿滴下」という症状です。なぜ、こうした症状が起こるのでしょうか。

男性のチョイもれを防ぐ方法

①会陰の突き上げ

私のクリニックにも尿のチョイもれで相談にくる患者さんはおおぜいいます。そうした皆さんに試してもらい、大変好評な方法を紹介しましょう。

 それが排尿後に行う、「会陰の突き上げ」です。

 排尿後にもれる尿は、左の図の尿道がカーブを描いている部分にたまっています。そこで、排尿後、会陰部(陰嚢と肛門の間)に人差し指と中指の先を当て、下から強めに突き上げてください。それを2~3回くり返しましょう。

 この刺激によって、たまっていた尿を外に押し出したり、膀胱に戻したりすることが可能になります。完全にその部位にたまっている尿をゼロにすることはできないにせよ、もれる量は大きく減りますから、悩みの解決に役立つはずです。

 まず、排尿のしくみを簡単に説明しましょう。男性が排尿するときには、それまでしぼんでいた尿道が広がり、膀胱から流れ出た尿がそこを通ります。排尿直後には、尿道はまだ広がったままで、尿道のたわんだ箇所に尿が残っているのです。

 通常は、すぐに尿道の周囲の筋肉が収縮し、尿道が元のようにしぼみます。そして、しぼんだ筋肉より先にある尿は排出され、後ろにある尿は膀胱に戻されるようになっています。

 この尿を戻す反応を「ミルクバック」といいます。しかし、尿道周囲の筋力が弱いと、このミルクバックが起こらず、尿道に尿が残ってしまうのです。このたまった尿がもれてくるのが、排尿後尿滴下です。

 この症状は、20代ではほとんど見られませんが、30代になると、10人に1人の割合で見られます。常時もれるわけではありませんが、尿道周囲の筋肉がもともと弱く、ときおりこの現象が起こってしまうのです。

 その後、加齢とともに、徐々に増え、50代になると、5人に1人くらいの割合になります。

 このチョイもれは、病気というほど重大な症状ではありません。しかし、ズボンが汚れ、シミとなったり、においがついたりすることもありますし、なにより、もれるのが不快です。会議の途中でトイレに立ったときに、尿がもれれば困ってしまうでしょう。

②便座で排尿する

 もう一つ、簡単な方法を紹介しておきましょう。

 それが、便座に座って排尿するという方法です。座ることによって、立っているときよりも、尿道が平たくつぶされます。すると、そもそも尿道にたまる尿の量自体を少なくすることができるのです。さらに、座った姿勢で、会陰の突き上げをやってもいいでしょう。このとき姿勢をやや前傾させ、お尻を持ち上げぎみにして会陰を突き上げると、尿の排出効果がより高くなります。

男性も骨盤底筋体操を行えばさらに効果大

 また、尿もれの予防・改善のために勧められるのが、「骨盤底筋体操」です。骨盤底筋とは、骨盤の底にある筋肉群で、排尿や排便に密接にかかわる筋肉です。これらの筋肉が弱ると、尿道を締める力が衰え、男性の場合も尿もれが起こりやすくなります。

 逆に、骨盤底筋体操で筋力を高めれば、チョイもれの予防・改善につながります。実際、私のクリニックの患者さんに試してもらっていますが、排尿後のチョイもれがなくなった人は少なくありません。

 男性にお勧めの骨盤底筋体操のやり方は、下の図解を参照してください。効果が現れるまで1~3ヵ月かかりますから、根気よく続けましょう。

男性の骨盤底筋体操のやり方

尿もれ対策を指導する石井先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


排尿後尿滴下

関連する投稿


【膀胱炎の症状】間質性膀胱炎の原因と治し方 頻尿・排尿後の痛み 食事に注意

【膀胱炎の症状】間質性膀胱炎の原因と治し方 頻尿・排尿後の痛み 食事に注意

膀胱炎は女性に多い病気です。通常の膀胱炎は、細菌による感染が原因で、たいていは抗生物質で治ります。しかし、細菌感染が原因でない、特殊な膀胱炎があります。間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)と呼ばれるものです。患者のほとんどは女性で、代表的な症状は、頻尿、尿意切迫感です。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


【前立腺炎との違い】前立腺肥大とは?症状と治療法をわかりやすく解説

【前立腺炎との違い】前立腺肥大とは?症状と治療法をわかりやすく解説

前立腺は、膀胱のすぐ下にある男性生殖器の一つで、膀胱内から発した尿道が、前立腺の中心を貫くように通っています。なかでも、最も尿道に近い部分が「内腺」で、その外側に「外腺」があります。このうち、腫れて肥大するのは、尿道に近い内腺です。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)イラスト/古谷充子


【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

過活動膀胱は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、尿もれや頻尿が起こります。強い尿意が不意に訪れる(尿意切迫感)、トイレまでがまんできずにもらしてしまう、トイレが近くなるなどが、代表的な症状です。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


【尿漏れ体操】腹圧性尿失禁は自分で治せる 薬不要 骨盤底筋体操で解消できる

【尿漏れ体操】腹圧性尿失禁は自分で治せる 薬不要 骨盤底筋体操で解消できる

女性の尿もれで、最も多いのが腹圧性尿失禁です。女性の尿失禁の3分の1以上がこのタイプです。腹圧性尿失禁の治療には、薬はほとんど効果がありません。症状があまりに深刻な場合は手術という選択肢もありますが、まず最優先で試みていただきたいのが、骨盤底筋を鍛える骨盤底筋体操です。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)