MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【おしっこトラブル】50代の5人に1人が悩む不快なチョイもれ「排尿後尿滴下」とは

【おしっこトラブル】50代の5人に1人が悩む不快なチョイもれ「排尿後尿滴下」とは

「排尿後に、陰茎をズボンにしまったら、タラーッと尿がもれてしまった」あなたはそういう経験がありませんか。50代の男性の5人に1人は悩んでいるという「排尿後尿滴下」はとても厄介です。この不快なチョイもれを防ぐ方法をご紹介しましょう。【解説】石井泰憲(石井クリニック・北浦和院長) 

50代男性の5人に1人が尿もれ!

「排尿後に、陰茎をズボンにしまったら、タラーッと尿がもれてしまった」あなたはそういう経験がありませんか。この排尿後のチョイもれをくり返すようになると、とても厄介です。

 こうした症状に悩む人は、排尿後、陰茎をよく振って、残っている尿を出そうとします。しかし何度振っても、尿はなかなか出てくれません。

 これは、「排尿後尿滴下」という症状です。なぜ、こうした症状が起こるのでしょうか。

男性のチョイもれを防ぐ方法

①会陰の突き上げ

私のクリニックにも尿のチョイもれで相談にくる患者さんはおおぜいいます。そうした皆さんに試してもらい、大変好評な方法を紹介しましょう。

 それが排尿後に行う、「会陰の突き上げ」です。

 排尿後にもれる尿は、左の図の尿道がカーブを描いている部分にたまっています。そこで、排尿後、会陰部(陰嚢と肛門の間)に人差し指と中指の先を当て、下から強めに突き上げてください。それを2~3回くり返しましょう。

 この刺激によって、たまっていた尿を外に押し出したり、膀胱に戻したりすることが可能になります。完全にその部位にたまっている尿をゼロにすることはできないにせよ、もれる量は大きく減りますから、悩みの解決に役立つはずです。

 まず、排尿のしくみを簡単に説明しましょう。男性が排尿するときには、それまでしぼんでいた尿道が広がり、膀胱から流れ出た尿がそこを通ります。排尿直後には、尿道はまだ広がったままで、尿道のたわんだ箇所に尿が残っているのです。

 通常は、すぐに尿道の周囲の筋肉が収縮し、尿道が元のようにしぼみます。そして、しぼんだ筋肉より先にある尿は排出され、後ろにある尿は膀胱に戻されるようになっています。

 この尿を戻す反応を「ミルクバック」といいます。しかし、尿道周囲の筋力が弱いと、このミルクバックが起こらず、尿道に尿が残ってしまうのです。このたまった尿がもれてくるのが、排尿後尿滴下です。

 この症状は、20代ではほとんど見られませんが、30代になると、10人に1人の割合で見られます。常時もれるわけではありませんが、尿道周囲の筋肉がもともと弱く、ときおりこの現象が起こってしまうのです。

 その後、加齢とともに、徐々に増え、50代になると、5人に1人くらいの割合になります。

 このチョイもれは、病気というほど重大な症状ではありません。しかし、ズボンが汚れ、シミとなったり、においがついたりすることもありますし、なにより、もれるのが不快です。会議の途中でトイレに立ったときに、尿がもれれば困ってしまうでしょう。

②便座で排尿する

 もう一つ、簡単な方法を紹介しておきましょう。

 それが、便座に座って排尿するという方法です。座ることによって、立っているときよりも、尿道が平たくつぶされます。すると、そもそも尿道にたまる尿の量自体を少なくすることができるのです。さらに、座った姿勢で、会陰の突き上げをやってもいいでしょう。このとき姿勢をやや前傾させ、お尻を持ち上げぎみにして会陰を突き上げると、尿の排出効果がより高くなります。

2つの方法でチョイもれを防ぐ

男性も骨盤底筋体操を行えばさらに効果大

 また、尿もれの予防・改善のために勧められるのが、「骨盤底筋体操」です。骨盤底筋とは、骨盤の底にある筋肉群で、排尿や排便に密接にかかわる筋肉です。これらの筋肉が弱ると、尿道を締める力が衰え、男性の場合も尿もれが起こりやすくなります。

 逆に、骨盤底筋体操で筋力を高めれば、チョイもれの予防・改善につながります。実際、私のクリニックの患者さんに試してもらっていますが、排尿後のチョイもれがなくなった人は少なくありません。

 男性にお勧めの骨盤底筋体操のやり方は、下の図解を参照してください。効果が現れるまで1~3ヵ月かかりますから、根気よく続けましょう。

男性の骨盤底筋体操のやり方

尿もれ対策を指導する石井先生

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt