MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
包帯を巻くだけ!足のむくみが原因の夜間頻尿が劇的改善

包帯を巻くだけ!足のむくみが原因の夜間頻尿が劇的改善

頻尿体質になったのは、60歳ごろにひどい更年期障害に襲われたのがきっかけです。以来、20年以上も悩まされてきました。たいていは一晩に4回くらい、多いときには7回もトイレに立ったときもありました。わずか1カ月で夜中のトイレが1回に減ったのは「足の甲巻き」を試したからです。【体験者】渡辺達雄(仮名・大阪府・84歳会社員) 

一晩に7回トイレに起きることも!

 私は今年で84歳になります。頻尿体質になったのは、60歳ごろにひどい更年期障害に襲われたのがきっかけです。以来、20年以上も悩まされてきました。

 頻尿の症状が出るのは、夜間だけです。就寝したあとに、尿意で目が覚めてしまいます。たいていは一晩に4回くらい、多いときには7回もトイレに立ったことがありました。

 ここまで頻繁に起きると、熟睡できず、疲れも取れません。日中に睡魔に襲われることも、たびたびでした。
 残尿感にも悩まされていました。用を済ませてもスッキリと出し切れていない、不快な感じがするのです。

 もちろん、ずっと手をこまねいていたわけではありません。市販の薬や漢方薬など、夜間頻尿に効くという療法はいろいろ試しました。しかし、いずれも大した効果が出なかったので、中止していました。

「足の甲にテープを巻く」という方法を知ったのは、おそらく1年ほど前の、『壮快』の記事だったと思います。

 なんでも、足の甲には動脈から静脈に抜けるバイパス血管があり、そこにテープなどをややきつめに巻くことで、足先の血流が改善するのだそうです。冷えが取れ、むくみやだるさ、静脈瘤にも効果的とのこと。

 冷えやむくみが頻尿の一因になると知っていたので、それならきっと、自分の夜間頻尿にも効くかもしれないと思い、早速試すことにしました。

「足の甲巻き」のやり方

わずか1ヵ月で夜中のトイレが1回に!

 まず薬局で購入したのは、伸縮性のあるテープです。これを、足の甲に巻いてみました。記事には「入浴時以外は巻いていてOK」とあったので、そうするつもりでいたのですが、私が買ったテープは緩みやすく、長時間巻いておけません。

 そのことに気づいてから、今度は足首固定用のサポーターを買ってきました。記事中に「サポーターで代用も可」と書いてあったので試したものです。これなら長持ちするし、一日中、巻いていることができます。

 こうして毎日続けていたところ、夜中に起きる回数が、徐々に減少。始めてわずか1ヵ月ほどで、夜中のトイレが1回で済むようになったのです。

 夜間頻尿の改善に加え、気になっていた残尿感もすっかりなくなり、これは足の甲を巻いたおかげにちがいないと、効果を実感しました。半年ほど前からは足の甲を巻くのをやめましたが、それでも、夜間の排尿回数は1回のまま。不眠も解消し、熟睡できて大助かりです。

 あれほど長いこと悩み、万策尽きたとあきらめかけていた夜間頻尿。それがこれほど簡単に、早期に治るとは、驚かされました。たまたま、この方法が私に合ったからかもしれませんが、とにかく治ったことにはちがいなく、感謝しています。

足のむくみが原因の夜間頻尿に有効(サトウ血管外科クリニック院長 佐藤達朗)

 渡辺さんが読まれたのは、私の記事でしょう。足の甲を包帯などで巻いて圧迫することで、動脈と静脈の抜け道になっている血管をふさぎます。すると、足の甲のアーチ状静脈に動脈血が抜け出さなくなり、血流が改善。足のむくみが原因の夜間頻尿に、効果を発揮します。

 むくみが取れるにつれ、一時的に頻尿になることもありますが、心配せず続けてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
更新: 2018-12-27 18:00:00
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
更新: 2018-12-12 18:00:00
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
更新: 2018-11-30 18:00:00
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
更新: 2018-11-21 17:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00