【包帯を巻くだけ】足のむくみが原因の夜間頻尿が劇的改善!残尿感からの不眠も消失した方法

【包帯を巻くだけ】足のむくみが原因の夜間頻尿が劇的改善!残尿感からの不眠も消失した方法

頻尿体質になったのは、60歳ごろにひどい更年期障害に襲われたのがきっかけです。以来、20年以上も悩まされてきました。たいていは一晩に4回くらい、多いときには7回もトイレに立ったときもありました。わずか1カ月で夜中のトイレが1回に減ったのは「足の甲巻き」を試したからです。【体験者】渡辺達雄(仮名・大阪府・84歳会社員) 


一晩に7回トイレに起きることも!

 私は今年で84歳になります。頻尿体質になったのは、60歳ごろにひどい更年期障害に襲われたのがきっかけです。以来、20年以上も悩まされてきました。

 頻尿の症状が出るのは、夜間だけです。就寝したあとに、尿意で目が覚めてしまいます。たいていは一晩に4回くらい、多いときには7回もトイレに立ったことがありました。

 ここまで頻繁に起きると、熟睡できず、疲れも取れません。日中に睡魔に襲われることも、たびたびでした。
 残尿感にも悩まされていました。用を済ませてもスッキリと出し切れていない、不快な感じがするのです。

 もちろん、ずっと手をこまねいていたわけではありません。市販の薬や漢方薬など、夜間頻尿に効くという療法はいろいろ試しました。しかし、いずれも大した効果が出なかったので、中止していました。

「足の甲にテープを巻く」という方法を知ったのは、おそらく1年ほど前の、『壮快』の記事だったと思います。

 なんでも、足の甲には動脈から静脈に抜けるバイパス血管があり、そこにテープなどをややきつめに巻くことで、足先の血流が改善するのだそうです。冷えが取れ、むくみやだるさ、静脈瘤にも効果的とのこと。

 冷えやむくみが頻尿の一因になると知っていたので、それならきっと、自分の夜間頻尿にも効くかもしれないと思い、早速試すことにしました。

わずか1ヵ月で夜中のトイレが1回に!

 まず薬局で購入したのは、伸縮性のあるテープです。これを、足の甲に巻いてみました。記事には「入浴時以外は巻いていてOK」とあったので、そうするつもりでいたのですが、私が買ったテープは緩みやすく、長時間巻いておけません。

 そのことに気づいてから、今度は足首固定用のサポーターを買ってきました。記事中に「サポーターで代用も可」と書いてあったので試したものです。これなら長持ちするし、一日中、巻いていることができます。

 こうして毎日続けていたところ、夜中に起きる回数が、徐々に減少。始めてわずか1ヵ月ほどで、夜中のトイレが1回で済むようになったのです。

 夜間頻尿の改善に加え、気になっていた残尿感もすっかりなくなり、これは足の甲を巻いたおかげにちがいないと、効果を実感しました。半年ほど前からは足の甲を巻くのをやめましたが、それでも、夜間の排尿回数は1回のまま。不眠も解消し、熟睡できて大助かりです。

 あれほど長いこと悩み、万策尽きたとあきらめかけていた夜間頻尿。それがこれほど簡単に、早期に治るとは、驚かされました。たまたま、この方法が私に合ったからかもしれませんが、とにかく治ったことにはちがいなく、感謝しています。

足のむくみが原因の夜間頻尿に有効(サトウ血管外科クリニック院長 佐藤達朗)

 渡辺さんが読まれたのは、私の記事でしょう。足の甲を包帯などで巻いて圧迫することで、動脈と静脈の抜け道になっている血管をふさぎます。すると、足の甲のアーチ状静脈に動脈血が抜け出さなくなり、血流が改善。足のむくみが原因の夜間頻尿に、効果を発揮します。

 むくみが取れるにつれ、一時的に頻尿になることもありますが、心配せず続けてください。

「足の甲巻き」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

自宅から娘のところへは、車で3時間ほどかかります。困るのは、運転中、頻繁に尿意を催すことでした。店を閉めた3年ほど前から、トイレが近くなってきたのです。 利尿作用のあるコーヒーを飲まないようにしたり、家を出る前に何度もトイレに行ったりしましたが、頻尿が改善することはありませんでした。【体験談】德田玲子(70歳・自営業)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)