【夜、何度もおしっこ】夜間頻尿の原因によく効き熟睡できる「腰ツボ体操」のやり方

【夜、何度もおしっこ】夜間頻尿の原因によく効き熟睡できる「腰ツボ体操」のやり方

高齢になると頻尿に悩む人が増えます。私のところにも頻尿の悩みで来られる患者さんが多くその多くが女性です。頻尿のなかでも、特につらいのは「夜間頻尿」でしょう。私は頻尿で困っている患者さんに、背中と腰のツボを押しながら体を動かす「腰ツボ体操」を勧めています。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学教授・鍼メディカルうちだ院長) 


頻尿に効く「腰ツボ体操」とは

 高齢になると、頻尿に悩む人が増えます。私のところにも頻尿の悩みで来られる患者さんが多く、その多くが女性です。

 頻尿のなかでも、特につらいのは「夜間頻尿」でしょう。夜中に何度もトイレに起きると、足が冷えて眠れなくなります。足腰が弱っているお年寄りは、トイレに行く途中でつまずいたり、布団の中と外との温度差で血圧が上がったりする心配もあります。夜間頻尿は睡眠不足になるだけでなく、さまざまな危険を伴います。

 私は頻尿で困っている患者さんに、背中と腰のツボを押しながら体を動かす「腰ツボ体操」を勧めています。

「腰ツボ体操」は自律神経と脳のネットワークを正す!

 この体操がなぜ頻尿に効くのかというと、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓をコントロールする神経)を調整してくれるからです。

 排尿は、自律神経と脳のネットワークに支配されています。自律神経のうちの交感神経が活発になると、膀胱が緩み尿がたまります。ある程度たまるとそれを脳がキャッチして尿意を感じ、排尿を促す指令を出します。すると副交感神経が働いて膀胱を収縮させ、尿道を開く神経を緩めて排尿に至るわけです。

 ところが、加齢などによってこのネットワークが過敏になり過ぎると、誤作動を起こすことがあります。膀胱にあまり尿がたまっていなくても尿意を感じて、排尿しようとするのです。その誤った認識を正して、誤作動を起こさないようにしてくれるのが、腰ツボ体操です。

 腰ツボ体操は、誰にでもできる簡単な体操です。そのやり方は図解をご覧ください。

「腰ツボ体操」のやり方

 腰ツボ体操には、背中にある三焦兪というツボを押しながら腰を回す体操と、仙骨孔というくぼみを押しながら腰を反らす体操の二つがあります。
 三焦兪は、背中側でウエストより少し上のラインと背骨が交差するところから、指幅2本分ほど外側にあります。

 仙骨孔は、骨盤の仙骨に八つある孔です。左右に二つずつあり、そのいちばん上の仙骨孔を押さえます。骨盤の左右の出っ張りより3㎝ほど下の腰のラインと背骨が交差するところから、指幅2本分ほど外側のくぼみです。
 ただし、いずれの位置も正確でなくても大丈夫です。

 三焦兪の周辺は脊髄に沿った交感神経反射ゾーン、仙骨孔の周辺は骨盤内臓神経の副交感神経反射ゾーンになっているからです。これらの両方のゾーンを刺激することによって自律神経が調整され、脳とのネットワークが正常に働くようになります。

 また、三焦兪は膀胱の働きに関係するツボ、仙骨孔のくぼみは尿道括約筋(尿道を締める筋肉)を支配するツボです。それらを刺激することによって、排尿機能も正常になります。

4回以上トイレに行く重度の夜間頻尿も改善

 私は頻尿の人に、必ずこの体操を勧めています。どなたも熱心に続けておられ、「特に夜間頻尿に効果がある」という声をよく聞きます。

 軽い頻尿なら2週間も行えば改善します。夜中に4〜5回トイレに起きるような頻尿が、1回で済むようになったという人もいます。熟睡できるようになったと、感謝されることも少なくありません。

 頻尿が治ると、どなたも気持ちが明るくなり、見た目も若々しくなります。トイレを気にせずに外出でき、好きなことができるようになるからでしょう。

「腰ツボ体操」のポイント

 腰ツボ体操のポイントは、腰を回したり反らしたりするときに、親指に力を入れて押すことです。
 腰を反らすときに肛門を締めると、骨盤底筋群の強化になります。骨盤底筋群は骨盤内臓器を支えている筋肉で、緩めば尿もれしやすくなります。

 腰ツボ体操は、毎日2セット行いましょう。習慣化することで、尿トラブルの解消につながるはずです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


頻尿 夜間頻尿 ツボ

関連する投稿


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

手足合わせて20本ある指の中でも、普段、最も存在を忘れられやすいのが足の小指でしょう。しかし、実は東洋医学から見ると、足の小指は、とても重要な部分です。東洋医学では、全身に通っている「気の通り道」を重要視します。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)