【おしっこ 2時間おき】トイレが近い夜間頻尿に手のツボと体操が改善効果あり

【おしっこ 2時間おき】トイレが近い夜間頻尿に手のツボと体操が改善効果あり

私は若いころから頻尿の傾向がありました。姉や母に比べて、いつもトイレに行く回数が多かったのです。それがひどくなったのは、5年くらい前からです。2時間おきにトイレに行きたくなり、行かないと落ち着きません。【体験談】滝森尚子(仮名・岡山県・73歳主婦)


一晩に4~5回もトイレに起きて寝た気がしない

 私は若いころから頻尿の傾向がありました。姉や母に比べて、いつもトイレに行く回数が多かったのです。
 それがひどくなったのは、5年くらい前からです。2時間おきにトイレに行きたくなり、行かないと落ち着きません。

 ですから、外出したときなどは、いつもトイレのことが気になります。私は書道を習っています。教室は2時間程度ですが、その間に、必ず一度はトイレを借りなければなりません。

 また、夜間はというと、一晩で4~5回はトイレに起きていました。特につらいのは、冬の寒い時期です。起きたくありませんし、起きれば体が冷えてまたトイレに行きたくなります。これでは寝た気がしません。

 なぜこんなにトイレが近いのか、実は私なりに思い当たるふしがあります。
 7~8年前、母の介護のために、家から山口県の実家まで、電車を乗り継いで通ったことがあります。電車のトイレは汚いので使いたくなく、いつも尿意を催す前に、トイレのあるところで用を足していました。

 しかし、最近読んだ本によると、尿意が現れても我慢して、トイレに行く時間を延ばすと、膀胱に尿をためる訓練になり、頻尿を治すことができるそうです。当時、それほど行きたくもないのにトイレに何度も行って、膀胱にへんなクセがついたのかもしれません。

尿意を抑える緊急ツボで下着をぬらす失敗は減少

 1年前、頻尿で困っていることを、鍼治療をしていただいている内田輝和先生に相談しました。すると、内田先生が、頻尿に効くツボを押しながら行う「腰ツボ体操」を教えてくれました。

 腰ツボ体操は二つあります。背中の三焦兪というツボを押しながらフラフープをするような感じで腰を回す体操と、骨盤の上の仙骨孔というくぼみを押しながら腰を反らす体操です。

 私は体操をやり忘れることがないように、トイレを済ましたあとに、体操を行うようにしています。こうすれば、やり忘れることはありません。

 私は、まず腰を回す体操を左右に5回ずつ行ったあと、腰を反らす体操を10回行います。わずか1分で終わります。
 腰ツボ体操の効果は、夜間頻尿には早く現れました。1ヵ月も経たないうちに、夜中にトイレに起きる回数が2回で済むようになったのです。

 体が冷えたり体調をくずしたりすると、またトイレが近くなることもありますが、体操を続けているうちに、だんだん回数が減ってきました。
 ときには2回のこともありますが、今はだいたい夜中に1回で済んでいます。よく眠れるようになり、一日の生活が気持ちよく始められるようになりました。

 一方、日中のトイレに行く間隔も徐々に長くなりました。3~4ヵ月はかかりましたが、書道教室でトイレをお借りすることもなくなりました。

 このように頻尿はよくなってきました。しかし、急な尿意に襲われトイレに間に合わないことがあります。内田先生に相談すると、尿意を抑える緊急ツボを教えてくれました。

 それは手の甲の薬指と小指のつけ根にある、中渚というツボです(下の図参照)。そこを強めに押すと尿意が和らぎ、下着をぬらす失敗は少なくなりました。
 いよいよ冬本番となります。今のまま、夜中のトイレが治まっていてくれればいいなと思っています。

→腰ツボ体操のやり方はコチラ

尿意を抑える緊急ツボ(中渚)

自律神経を整えて排尿機能を正常化(倉敷芸術科学大学教授 内田輝和)

 腰ツボ体操は、自律神経(意志とは無関係に血管や内臓をコントロールする神経)を調整し、排尿機能を正常にして、頻尿に効果を発揮します。滝森さんのように習慣づけて、やり続けることが大事です。
 手の甲にある中渚というツボは、急に尿意を感じたときに押すと、尿意を緩和することができます。尿もれを防ぐ緊急ツボとして、覚えておくと便利です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


頻尿 夜間頻尿 ツボ

関連する投稿


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

手足合わせて20本ある指の中でも、普段、最も存在を忘れられやすいのが足の小指でしょう。しかし、実は東洋医学から見ると、足の小指は、とても重要な部分です。東洋医学では、全身に通っている「気の通り道」を重要視します。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)