医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

頻尿や尿もれを改善させる「足の裏もみ」のやり方

頻尿や尿もれを改善させる「足の裏もみ」のやり方

頻尿や夜間頻尿、尿もれ、残尿感など、尿のトラブルに悩んでいる人に、ぜひお勧めしたい健康法があります。それは、「足の裏もみ」です。足の裏は、反射区と呼ばれる、体の各器官に対応したゾーンが集まる場所です。【解説】折田充(日本足部反射区健康法協会会長・治療室ピエドール・鍼灸師) 


骨盤底筋群の血流を促しチョイもれを改善!

 頻尿や夜間頻尿、尿もれ、残尿感など、尿のトラブルに悩んでいる人に、ぜひお勧めしたい健康法があります。
 それは、「足の裏もみ」です。

 足の裏は、反射区と呼ばれる、体の各器官に対応したゾーンが集まる場所です。ある特定の反射区を刺激すると、その部位に対応する臓器や器官が活性化します。

 反射区のなかには、尿の産生から蓄尿、排尿にかかわる腎臓や膀胱、尿管、尿道に対応するゾーンもあります。そこを刺激すれば、排尿機能が正常になることはもちろん、全身の血行がよくなって、健康維持にも役立つのです。

 足の裏をもむことは、東洋や西洋を問わず、古くから行われてきた健康法です。今回、私が紹介するのは、台湾式の方法ですが、痛みはほとんどなく、一人で手軽に実践できます。

 排尿機能に関する反射区は、図をご覧ください。

尿トラブルの改善に役立つ足の反射区

 最低でも1日1回、腎臓→尿管→膀胱→尿道(膣・陰茎)→前立腺(子宮)の順番で、各ゾーンを少しずつ移動しながら、10秒ずつ刺激しましょう。

 1日何回やってもかまいませんが、たくさん刺激したからといって効果が早く現れるというわけではありません。大事なのは、継続すること。
 最低でも1週間は続けてください。ある程度、足の裏もみを習慣化できれば、なにかしらの変化を感じることができるはずです。

「足の裏もみ」のやり方

 もみ方を紹介しましょう。両手の親指を重ねて、反射区をグーッと押しもみします。事前に、ハンドクリームなどで滑りをよくするといいでしょう。力加減は、痛気持ちいいと感じる程度で十分です。

 ただ、なかには足がむくんだり、かたくなったりして、反射区に刺激が届きにくい人もいます。その場合は、ボールペンのペン先の反対側など、細長い棒状の物を利用してください。

 足の裏もみで重要なのは、反射区に痛みの刺激を与えることではなく、反射区の血流を高めることです。
 反射区に流れる血液の量が多くなれば、対応する臓器周辺の血流もよくなります。今回のゾーンを刺激することで、骨盤の底にある、膀胱や子宮、直腸などを支える筋肉(骨盤底筋群)の血流もよくなります。

 骨盤底筋群は、尿道を締める役割を持つ筋肉です。そこの血流がよくなれば筋力が復活して、尿失禁や残尿感、いわゆる「チョイもれ」の改善にもつながるでしょう。
 だからこそ、血行がよくなる入浴中や、お風呂上がりに足の裏をもむと、より効果的です。

 また、血流がよくなれば、リラックス効果も得られます。特に女性の場合は、ストレスが原因による尿トラブルが多いので、リラックスすることは、排尿機能の改善につながります。

前立腺肥大症が改善し 夜間頻尿もすぐに解消!

 実際に、足の裏もみで尿トラブルが改善したケースは多々あります。


 Aさん(95歳・女性)は、痔に関連した頻尿に悩んでいました。
どうやら、痔による肛門周辺の不快感や痛みが、尿意と似ていて、昼夜問わず、1日に何度もトイレに駆け込んでいたそうです。

 しかし、足の裏もみを行ったことで、頻尿が大改善し、日中も夜間も尿意が気にならなくなりました。
足の裏もみで骨盤底筋群が鍛えられたことが大きかったはずです。


 Iさん(30代・女性)は、日中の頻尿に悩んでいました。
特に困っていたのが、仕事中です。大事な会議中に、たびたび尿意に襲われることがあったそうです。

そんなIさんが、足の裏もみを行ったところ、しだいにトイレに行く回数が減りました。
数ヵ月後には、1日に4~5回と正常な排尿回数に戻り、仕事に集中できるようになったと喜んでいます。


 私自身も、15年前に、足の裏もみで前立腺肥大症が改善しました。
一晩に3~4回はトイレに起きていた夜間頻尿は、すぐに解消。日中の尿のキレもよくなり、膀胱が空っぽになったかのような、スッキリした排尿に変わりました。


 足の裏もみと同時に、鼻呼吸を意識するのもいいでしょう。
鼻で息を吸うと、横隔膜(胸腔と腹腔を区切る膜状の筋肉)や骨盤底筋群が引き上げられます。
その動きが、骨盤底筋群の筋力アップにつながり、尿道の締まりがよくなります。

解説者のプロフィール

折田 充
日本足部反射区健康法協会会長。鍼灸師。
1988年台北にて台湾式足もみ健康法(若石健康法)を習得。
その後、折田式足もみ健康法を開発。
無痛で行う足の反射区治療で効果を上げている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


残尿感 頻尿 尿もれ

関連する投稿


「股関節回し」の効果を女医が解説!女性の若さは股関節にあり

「股関節回し」の効果を女医が解説!女性の若さは股関節にあり

何も運動をしなければ、年齢とともに筋肉量・筋力はどんどん低下し、関節の動きも悪くなり、動くのが億劫になってきます。股関節周りの筋肉を鍛えることは、尿もれ予防のほか、ヒップアップ、ウエストの引き締め効果も期待できるので、年齢に関係なく、すべての女性にお勧めします。【解説】常喜眞理(常喜医院院長)


「座りション」が男のチョイもれ対策に?泌尿器科医が勧める理由

「座りション」が男のチョイもれ対策に?泌尿器科医が勧める理由

男性の中には、奥さんから自宅での「立ちション禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。【解説】髙橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長)


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


最新の投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)