MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「目のツボ刺激」はピント調節の改善、飛蚊症に効果あり

「目のツボ刺激」はピント調節の改善、飛蚊症に効果あり

視力の衰えは老化によるもので、年齢を重ねれば仕方がないことだと考えている人が多いと思います。しかし、実は生活習慣による影響も大きいのです。老眼をはじめとする目の不調を招く隠れた原因が、添加物の多い食品や、甘いもの、脂肪の多いもののとりすぎ、お酒の飲みすぎ、服薬の習慣などです。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)

解説者のプロフィール

田中 勝
田中鍼灸指圧治療院院長。北海道生まれ。治療のかたわら、鍼温灸や経絡あん摩、関節運動法講習会を開催するなど、精力的に活動。経絡を用いたあん摩・指圧の実技を解説したDVD『よくある症状への手技治療』(医道の日本社)が好評発売中。

●田中鍼灸指圧治療院
東京都港区南青山2-25-10 エスト南青山2階
TEL 03-3475-4631
http://tan-aka.server-shared.com/

糖分、脂肪、お酒のとりすぎが視力を衰えさせる

 老眼が進行して、手元が見づらい。近くを見てから遠くを見ようとすると、一瞬ピントが合うのが遅れてわずらわしい。
 こうした視力の衰えは、老化によるもので、年齢を重ねれば仕方がないことだと考えている人が多いと思います。

 しかし、実は、生活習慣による影響も大きいのです。老眼をはじめとする目の不調を招く隠れた原因が、添加物の多い食品や、甘いもの、脂肪の多いもののとりすぎ、お酒の飲みすぎ、服薬の習慣などです。

 これらの生活習慣の共通点は、肝臓に負担をかけるということです。言い換えれば、視力の衰えは、長年にわたり、酷使されてきた肝臓が弱った結果なのです。

 中医学では古来、老眼をはじめとする目の病気・不調の多くは、五臓六腑(肝・心・脾・肺・腎の五臓と胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦の六腑をまとめた中医学の概念)のうちの「肝」(肝臓を主とした血液を蓄える器官を総合した概念)の弱りがかかわっていると考えてきました。

 人間の体には目や鼻、口、肛門など、合計九つの穴が開いています。中医学ではこれらの穴を「竅」と呼び、それぞれの竅には、五臓六腑のいずれかの状態が現れると考えられています。そして、肝の状態が反映される竅が、まさに目なのです。

 そのため、目の病気や不調に対する治療では、肝の働きを整える作用があるツボを刺激することが多いのです。
 ツボへの指圧は、症状の現れている部分に近いツボほど即効性があり、遠いツボはその症状の原因を根本的に治すといわれています。

 今回は、そのなかでも効果が高く、自分でも刺激しやすい三つのツボをご紹介します。

パッと視界が明るくなる即効性の高いツボ

①太陽のツボ

 第1のツボは、こめかみにある太陽です。

 太陽は、目じりと眉じりを結んだ線の中心から指の幅1本分(約2㎝)耳寄りの、少しくぼんだ部分にあります。周囲を指の腹で探ってみて、いちばん圧痛(押したときに感じる痛み)がある場所を見つけてください。
 太陽は、経絡(生命エネルギーである「気」の通り道)に属さない奇穴と呼ばれる独立したツボです。ここを刺激するだけでパッと視界が明るくなることから、「眼医者いらず」とも称されるほど、目の機能を高める即効性のあるツボです。

 太陽は、持続的に圧をかけて刺激することで、非常に高い効果が得られます。左右の太陽に両手の人さし指の腹を当て、その上に中指を重ねます。そのまま痛いけれども気持ちよく感じる程度に、強めに1分間指圧を続けてください。
 その後、力を抜いて休みを入れてから、再度1分間持続圧を加えます。これを5回くり返します。目の近くを刺激しますから、誤って指が目に入ることのないよう、注意深く行ってください。

 目が疲れたりかすんだりという症状があるとき、まずは太陽を指圧するとよいでしょう。ただ、太陽は即効性がある反面、持続性に弱い面があります。

太陽のツボの見つけ方・押し方

②脳空のツボ

 そこで組み合わせたいのが、第2のツボ、後頭部にある脳空です。その名のとおり、脳、特に視覚をつかさどる視覚野に働きかけるツボです。

 脳空は、小指と薬指で耳を下から挟んで3本の指を後頭部に当てたとき、中指の先が当たるところにあります。押すと、ビーンと強い痛みを感じます。

 脳空への指圧は、手で頭を包み込むように支えながら、親指で指圧するとやりやすいでしょう。息を吐きながら10~15秒指圧します。息は吐き切ったら力を抜き、息を取り込んで、また息を吐きながら圧をかけます。 脳空は、最初、押すと強い痛みを感じやすいツボですが、指圧を続けているうちに、圧痛が軽くなっていきます。痛みが気にならなくなるまで、1~5分ほどくり返しましょう。

脳空のツボの見つけ方・押し方

③太衝のツボ

 第3のツボは、足の甲にある太衝です。足の甲で、親指と第2指の骨が交わる箇所の、やや親指の骨側にあります。

 太衝は、肝と関連のある経絡・肝経に属するツボで、目の不調の根本原因である肝の衰えを改善する効果があります。
 右ひざの上に左の足首をのせ、左手で左の足首を支えながら、右手の人さし指~薬指の3指を、左足の親指と第二指の骨の間に当てます。このとき、右手の中指が左足の太衝に当たるようにしてください。右手の親指は左足の裏に添えます。

 3本の指で左足の親指の骨を引っ張り上げるように、やや強めに1分ほど圧を加え続けるのを、数回くり返します。右足の太衝も同様に指圧してください。

太衝のツボの見つけ方・押し方

 これら三つのツボ刺激は、1日に何回行ってもかまいません。肝の状態がよくなる過程で、指圧後に眠気を催すことがありますから、寝る前の指圧を習慣にするのもお勧めです。

 目の疲れが強いときや飲酒後は、ふだんより圧痛が増すはずです。その場合は、無理に強く指圧せず、やや弱めの指圧を長く続けるとよいでしょう。
 近年は、パソコンやスマートフォンの長時間使用が原因で、目のトラブルに悩まされる人が急増しています。
 20~30代の若い世代でも、ピント調節機能が弱まって手元の文字が見づらくなる、いわゆる「スマホ老眼」を起こしているかたも少なくありません。

 今回ご紹介したツボ刺激は、目の疲れをはじめ、かすみ目、視力の向上、老眼、飛蚊症、緑内障、白内障など、さまざまな目の病気・不調の改善に役立ちます。ぜひ覚えて、クリアな視界を維持してください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt