MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
加齢黄斑変性や白内障の改善に 食べる目薬「クコの実酢」

加齢黄斑変性や白内障の改善に 食べる目薬「クコの実酢」

古来、不老長寿の妙薬とされてきたクコは、ナス科の植物です。滋養強壮に優れているため、実はもちろん、根や葉も、生薬として役立てられています。特にクコの実は、疲れ目やかすみ目、老眼、飛蚊症、ドライアイをはじめとする目の不調によく効く生薬の筆頭として重用されてきました。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)

解説者のプロフィール

井上正文
薬剤師。群馬県前橋市にある木暮医院の漢方相談室で、自分の体は自分で守るというコンセプトのもと、患者一人一人の体質に合った漢方を処方。著書に『心と体にやさしい漢方の知恵』(上毛新聞出版)がある。雑誌や講演などで、漢方への理解を深める活動にも積極的に取り組む。
http://www.kogure-iin.com/index

クコの実は目の不調に効く生薬の筆頭格

 古来、不老長寿の妙薬とされてきたクコは、ナス科の植物です。滋養強壮に優れているため、実(生薬名は枸杞子)はもちろん、根や葉も、生薬として(生薬名は根が地骨皮、葉が天精草)役立てられています。

 特にクコの実は、疲れ目やかすみ目、老眼、飛蚊症、ドライアイをはじめとする目の不調によく効く生薬の筆頭として重用されてきました。

 中医学では、目は「肝」(肝臓を主とした血液を蓄える概念)と深い関連があるとされています。クコの実は、全身を巡る「血」(血液とそれの持つエネルギー)を増やす補血作用に優れ、血を増やして、肝の働きは助けます。
 その結果、目の働きもよくなると考えられているのです。

 現代の栄養学的に見ても、クコの実は目に有効な成分が豊富です。
 たとえば、黄色の色素であるカロテノイドは、抗酸化作用が強く、視力の低下や白内障、眼精疲労などの症状によい成分として知られています。
 また、ゼアキサンチンは目の黄斑部(網膜内の、光を感じる視細胞が集まる場所)を守る天然のサングラスのような働きがあり、加齢黄斑変性を防ぐ成分として注目されています。

 こうした目の健康によいクコの実をハチミツと酢に漬けて、毎日食べやすい形にしたのが「クコの実酢」です。
 中医学では、食べ物の味を、酸(酸っぱい)、苦(苦い)、甘(甘い)、辛(辛い)、鹹(塩辛い)の5種類に分けてとらえています。これを「五味」と呼びます。
 この五味のうち、酸は、肝の働きを高めるとされています。クコの実の甘酸っぱさと酢の酸味が、肝を強くして、目の機能を高めてくれるのです。

 また、酢は疲労物質である乳酸や、脂肪を分解する働きがあることでも知られています。適度にとれば、血液をサラサラにする効果も期待できるでしょう。血液の流れがよくなることで、クコの実酢の有効成分も、目の毛細血管にまで行き届きやすくなります。

 ハチミツは、滋養に優れた食品です。漢方では、煎じ薬を煮詰めたものにハチミツを加え、練り合わせて丸めたものを丸剤と呼びます。ハチミツを加えるのは、ハチミツの滋養が病人に体力をつけると考えられたからです。
 またハチミツには、異なるものを調和させる働きがあります。補血作用に優れたクコの実は、補(足りないものを補ったり、合成したりする作用)の性質を持つ食品です。

 これに対し、酢は瀉(不要なものを外に出したり、分解したりする作用)の性質を持つ食品です。
 この正反対の性質を持つ二つの食品をハチミツで調和させることで、体に無理なくとり入れられるのです。

 クコの実酢は、眼精疲労に高い効果が期待できます。スマホやパソコンなどの使用で疲れた現代人の目に、クコの実酢はうってつけです。

 目の疲労は視力を低下させます。クコの実酢によって目の疲れを取り去れば、視力の向上も期待できるでしょう。
 クコの実酢は、視力低下のみならず、加齢黄斑変性や緑内障、白内障、飛蚊症などの眼病対策にもお勧めです。

クコの実は粒が大きく、鮮やかな赤色をしているものが上質

ぬるま湯に混ぜると吸収がよく酸っぱくない

 クコの実は品質や値段に差があります。実が大粒で赤色が鮮やかで、しっかりと乾いているものを選んでください。小さかったり黒ずんだりしているものは、質がよくありません。

 目の疲労回復を期待するのであれば、クコの実酢は1日に20粒(大さじ1杯弱)を目安に食べるとよいでしょう。

 クコの実は酢とハチミツの作用によって柔らかくなっていますが、食べるさいにはよく嚙んでください。
 クコの実酢は、そのまま食べてもかまいませんが、40~60℃程度のぬるま湯に混ぜていただくと、酸味が気にならずに食べやすくなります。ちなみに中国医学では、胃の温度(約38℃)よりもやや高い温度の食品を食べると、食品の栄養が吸収されやすいと考えられています。

 目が疲れた日の夕食時や、よく目を使う予定のある日の朝食時に、ぜひクコの実酢をお試しください。
 私も、よく目を使った日はクコの実酢を食べています。まずは1週間、食べ続けてみてください。目が疲れにくくなるのがわかるはずです。

 クコの実酢は酢の刺激があるため、空腹時に食べるのは避けてください。胃酸過多の人や、胃に不快な症状を感じた人も様子を見ながら食べるとよいでしょう。

 また、クコの実とハチミツには便をゆるくする働きがあります。便秘解消に役立ちますが、人によっては下痢を起こす場合があります。そのさいは食べる量を少なめにしてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt