MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
子どもの近視(仮性近視)がよくなった!手作りの「クコの実酢」が効果

子どもの近視(仮性近視)がよくなった!手作りの「クコの実酢」が効果

私は子どもの頃から目が悪く、中学生時代にはすでにメガネを使っていました。最近は視力を測っていませんが、最後に測定したときは左右とも裸眼で0・06だったと思います。メガネなしでは、15㎝も離れたら、もう視界がボヤけてしまう状態です。【体験談】古澤ゆかり(仮名・団体職員・37歳)

甘酸っぱいクコの実酢は子どもたちにも好評

 私は子どもの頃から目が悪く、中学生時代にはすでにメガネを使っていました。
 最近は視力を測っていませんが、最後に測定したときは左右とも裸眼で0・06だったと思います。メガネなしでは、15㎝も離れたら、もう視界がボヤけてしまう状態です。
 おまけに、3人目の子どもを出産してからホルモンのバランスがくずれたのか、痛みを感じるほどの目の疲れに悩まされるようになりました。

 私は仕事で一日中パソコンを使っています。こうした生活習慣も、目への負担が大きかったのだと思います。
 このひどい疲れ目が、クコの実酢を食べ始めてから、かなり軽くなってきたのです。

 我が家でクコの実酢を作るようになったのは、1年ほど前からです。更年期に関する本の中で「クコの実は目によい」と知り、関心を持ったのがきっかけでした。

 私はもともとドライフルーツが好きで、それまでにもクコの実をときどき食べていました。そこで、クコの実が目にいいなら、意識して多めに食べてみようかと思ったのです。
 また、ちょうど同じ頃、当時小学校3年生だった長男の目が悪くなり始めたのも気になっていました。長男が、眼科で仮性近視と診断されていたのです。

 そこで、子どもたちと一緒に、クコの実を食べてみることにしました。クコの実は、まとめ買いするほうが割安で買えるので、インターネットの通販で購入しています。

 当初は本で紹介されていたとおりに、15粒ほどのクコの実をお湯に浮かべたものを飲んでいました。ただ、私自身が飲むにはいいのですが、プニプニとした食感があるだけでおいしいとは言えず、子どもが進んで飲む味ではありませんでした。

 そこで、子どもでも食べやすくなるよう、クコの実をハチミツとお酢に漬けてみることにしたのです。

クコの実酢の作り方

 作り方は目分量で、クコの実を保存用のガラス瓶に9分目まで入れます。そこへ、8分目くらいまで漬かるようにハチミツをたっぷりと注ぎます。

 最後に、残った空間を埋めるように純米酢を加えます。純米酢の量は、全体の1割程度でしょうか。純米酢は保存性を高めるために加えています。

 このまま1週間、常温で置けば、クコの実酢の完成です。

 クコの実は、多少甘酸っぱさはあるものの、それだけだとハッキリとした味のあるものではありません。

 しかし、ハチミツと酢に漬けることで、甘酸っぱさが引き立ち、軟らかく食べやすくなります。ハチミツたっぷりの甘いクコの実酢は、子どもたちにも好評でした。

 あらかじめ保存用ビンをきちんと煮沸消毒しておけば、クコの実酢は、常温で少なくとも半年くらいは保存できるようです。ただ、子どもたちが喜んで食べるため、我が家ではいつも1~2ヵ月ほどで食べ切ってしまいます。

ヨーグルトにかけると子どもたちも大喜び

「物が見えづらい」と訴えなくなった

 クコの実酢は、漬け液ごとヨーグルトにかけていただきます。クコの実の赤色が映えて見た目にもきれいですし、なによりおいしいので、子どもたちも嫌がらずに食べてくれます。

 週に2日、小さじ1杯程度を食べていたところ、私の目の疲れは、気づいたときには軽くなっていました。

 以前の私は、仕事が終わった夕方には眉間が痛むほど目が疲れていました。親指の腹で眉のつけ根をマッサージしたり、レンジで温めるタイプの目元用ホットマスクもよく使ったりしていました。

 その眉間の痛みが、クコの実酢を食べだしてからいつの間にか消えていたのです。気づいたときには眉間のマッサージの回数が減っていました。目の疲れもさほど気にならなくなったため、ホットマスクは、今では必要なくなりました。

 クコの実酢を食べ始めてから、長男の仮性近視も改善しています。左右とも0・3だった視力が、1ヵ月半ほどで0・6まで上がったのです。

 ここ最近は眼科へ行っていないので、現在の長男の正確な視力はわかりません。ただ、仮性近視と診断された当初のような「物が見えづらい」という訴えはなくなりましたので、視力は下がっていないのではないかと考えています。

 長男は、クコの実酢を食べるのと並行して、目薬をさしたり、眼筋トレーニングを行ったりもしていたので、相乗効果が得られたのではないかと感じています。

 40代半ばになると、老眼や飛蚊症のリスクが上がってくると聞きます。その予防と、子どもたちの視力を守るために、この先もクコの実酢を作って、家族で食べていくつもりです。

ブルーライトの害から目を守るクコの実酢(木暮医院漢方相談室薬剤師 井上正文)

 パソコンやスマートフォンの画面から出る光には、ブルーライトと呼ばれる非常に強いエネルギーを持った光の成分が含まれています。ブルーライトは網膜にまで達して、紫外線と同様に目に負担をかけ、眼精疲労やかすみ目などを招くのです。

 クコの実に含まれるゼアキサンチンという成分は、目の中でサングラスのように働いて、高い抗酸化作用でブルーライトの悪影響をさえぎってくれます。 ご家族みんなの目を守るために、ぜひ今後もクコの実酢をご活用ください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt