医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善!

【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善!

海外の研究では、レッドオレンジの摂取によって血管を保護する作用が働き、心筋梗塞など心血管病の予防につながることが報告されています。では、日本の温州ミカンはどうでしょうか。私の教え子である、愛媛大学医学部の学生が行った研究をご紹介しましょう。【解説】茂木正樹(愛媛大学大学院医学系研究科 薬理学教授・医学博士)


解説者のプロフィール

茂木正樹
愛媛大学大学院医学系研究科薬理学教授。医学博士。1994年大阪大学医学部卒業。専門は内科、高血圧、老年内科。主な研究は神経科学、認知症、脳卒中、動脈硬化、糖代謝など。マウスを用いた行動科学研究や認知症・脳血管障害に対する脳保護薬の探索や、幹細胞を用いた細胞治療を研究内容としている。生活習慣病患者における認知機能障害に対し、新しい視点を含めて研究に励んでいる。

日本のミカンには血管を保護する作用はあるか?

 海外の研究では、レッドオレンジの摂取によって血管を保護する作用が働き、心筋梗塞など心血管病の予防につながることが報告されています。
 では、日本の温州ミカンはどうでしょうか。私の教え子である、愛媛大学医学部の学生が行った研究をご紹介しましょう。

 実験に使ったのは、ミカンとイヨカンです。
 それぞれ果汁40%のジュースを作り、マウスに2週間飲ませた後、動脈硬化を起こす処置を行って、さらに2週間ジュースを飲ませて、血管の変化を見ました。
 すると、驚くべき結果が得られました。水だけを飲んだ対照群のマウスは、動脈硬化を起こす処置を行うと、当然、血管壁が厚くなります。

 ところが、ミカンを飲んだマウスとイヨカンを飲んだマウスは共に、血管壁の肥厚が抑えられていました。厚みの面積を測定してみると、水だけを飲んだマウスの3分の2程度だったのです(図参照)。

 高血圧や糖尿病があると、血管に炎症細胞が集まってきて、動脈硬化を起こすといわれています。
 特にイヨカンでは細胞の増殖も抑えられていたので、炎症抑制作用が働いて、動脈硬化を予防したと考えられます。

 血管にダメージを与える酸化ストレスも、ミカン、イヨカン共に抑えられていました。
 この研究結果から言えることは、日本のミカンやイヨカンにも、動脈硬化を抑制して心血管病を予防する効果があるということ。しかも、その効果は果汁を飲むだけで得られるのです。
 昨今、日本では果物離れが進んでいますが、果汁を飲むだけでよいとなれば、手軽に、多くのかたに実践していただけるのではないでしょうか。

ミカンの種類によって含まれる栄養素が異なる

 おもしろいことに、同じカンキツ類でも、ミカンの種類によって含まれる栄養素はずいぶん異なります。

 例えば、イヨカンは、フラボノイド系の成分が多く含まれているという特徴があります。なかでも、血流を増やしたり、血管の老化を防ぐビタミンとして最近注目されている「ヘスペリジン(ビタミンP)」は、ミカンの約20倍もあります。
 実は、今回の実験では40%の果汁のほかに、10%の果汁を飲ませたマウスでも血管の変化を比較しました(図参照)。
 

 すると、40%の果汁では、ミカンもイヨカンも結果にさほど違いはなかったのですが、10%の果汁では、イヨカンのほうがより動脈硬化を抑制する作用が強いという結果が出ました。
 これにより、動脈硬化の抑制には、イヨカンに特に多く含まれるヘスペリジンが関与しているのではないかと考えています。

 一方、ミカンにはレチノイド系の成分が多く存在します。免疫(病気に抵抗する力)を促進する作用や骨粗鬆症の予防効果があるといわれている「β‐クリプトキサンチン」は、イヨカンの約7倍も含まれています。
 動脈硬化の予防が目的なら、ミカンジュースなら1日コップ3~4杯程度、イヨカンジュースなら1杯程度で効果が期待されます。ただし、果物には糖分が含まれますので、肥満や糖尿病が気になるかたは、取りすぎには注意しましょう。

ミカンの皮もおすすめ

 皮にもヘスペリジンや食物繊維などの有効成分が豊富にあります。より高い効果を求めるなら、果汁だけでなく果肉や薄皮も食べるのがお勧めです。
 さらに、カンキツ類のさまざまな機能性を期待するなら、成分構成が異なるミカンとイヨカンを両方摂取するのも手です。

 なお、動脈硬化のほかに、カンキツの果汁には認知機能の低下を抑制する効果があるという報告もあります。私の研究室では、現在ヘスペリジンに着目して、認知機能に与える影響について調べています。まだ結論は出ていませんが、ある程度の手応えを感じています。

 脳血流に対する効果が明らかになれば、動脈硬化を抑えるメカニズムもよりくわしく解明できるでしょう。その意味からも、今後の研究成果に期待が寄せられています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ミカン 心筋梗塞

関連する投稿


風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

カゼにかかりやすくなるのは、寝不足やストレス、体の冷えなどによって、体力や免疫力が低下したときです。「カゼは万病の元」といいますが、その原因である「冷え」こそが万病の元です。ミカン湯やショウガみそ汁で、冷えを解消し、カゼをはね返してやりましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


【心筋梗塞と脳梗塞】予防には軽い運動が効果! おすすめは腕振り(スワイショウ)

【心筋梗塞と脳梗塞】予防には軽い運動が効果! おすすめは腕振り(スワイショウ)

「じっと座ったまま」など、同じ姿勢で動かないでいることを「不活動状態」といいます。この不活動状態を、簡単な運動で適度に中断することが健康維持のカギであることが、明らかになってきています。最適なものの一つが「スワイショウ」という腕ふり運動だと考えています。【解説】塩谷英之(神戸大学大学院保健学研究科教授)


下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)