【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善 心臓病を予防 認知症にも効果?

【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善 心臓病を予防 認知症にも効果?

海外の研究では、レッドオレンジの摂取によって血管を保護する作用が働き、心筋梗塞など心血管病の予防につながることが報告されています。では、日本の温州ミカンはどうでしょうか。私の教え子である、愛媛大学医学部の学生が行った研究をご紹介しましょう。【解説】茂木正樹(愛媛大学大学院医学系研究科 薬理学教授・医学博士)


茂木正樹
愛媛大学大学院医学系研究科薬理学教授。医学博士。1994年大阪大学医学部卒業。専門は内科、高血圧、老年内科。主な研究は神経科学、認知症、脳卒中、動脈硬化、糖代謝など。マウスを用いた行動科学研究や認知症・脳血管障害に対する脳保護薬の探索や、幹細胞を用いた細胞治療を研究内容としている。生活習慣病患者における認知機能障害に対し、新しい視点を含めて研究に励んでいる。

日本のミカンには血管を保護する作用はあるか?

 海外の研究では、レッドオレンジの摂取によって血管を保護する作用が働き、心筋梗塞など心血管病の予防につながることが報告されています。
 では、日本の温州ミカンはどうでしょうか。私の教え子である、愛媛大学医学部の学生が行った研究をご紹介しましょう。

 実験に使ったのは、ミカンとイヨカンです。
 それぞれ果汁40%のジュースを作り、マウスに2週間飲ませた後、動脈硬化を起こす処置を行って、さらに2週間ジュースを飲ませて、血管の変化を見ました。
 すると、驚くべき結果が得られました。水だけを飲んだ対照群のマウスは、動脈硬化を起こす処置を行うと、当然、血管壁が厚くなります。

 ところが、ミカンを飲んだマウスとイヨカンを飲んだマウスは共に、血管壁の肥厚が抑えられていました。厚みの面積を測定してみると、水だけを飲んだマウスの3分の2程度だったのです(図参照)。

 高血圧や糖尿病があると、血管に炎症細胞が集まってきて、動脈硬化を起こすといわれています。
 特にイヨカンでは細胞の増殖も抑えられていたので、炎症抑制作用が働いて、動脈硬化を予防したと考えられます。

 血管にダメージを与える酸化ストレスも、ミカン、イヨカン共に抑えられていました。
 この研究結果から言えることは、日本のミカンやイヨカンにも、動脈硬化を抑制して心血管病を予防する効果があるということ。しかも、その効果は果汁を飲むだけで得られるのです。
 昨今、日本では果物離れが進んでいますが、果汁を飲むだけでよいとなれば、手軽に、多くのかたに実践していただけるのではないでしょうか。

ミカンの種類によって含まれる栄養素が異なる

 おもしろいことに、同じカンキツ類でも、ミカンの種類によって含まれる栄養素はずいぶん異なります。

 例えば、イヨカンは、フラボノイド系の成分が多く含まれているという特徴があります。なかでも、血流を増やしたり、血管の老化を防ぐビタミンとして最近注目されている「ヘスペリジン(ビタミンP)」は、ミカンの約20倍もあります。
 実は、今回の実験では40%の果汁のほかに、10%の果汁を飲ませたマウスでも血管の変化を比較しました(図参照)。
 

 すると、40%の果汁では、ミカンもイヨカンも結果にさほど違いはなかったのですが、10%の果汁では、イヨカンのほうがより動脈硬化を抑制する作用が強いという結果が出ました。
 これにより、動脈硬化の抑制には、イヨカンに特に多く含まれるヘスペリジンが関与しているのではないかと考えています。

 一方、ミカンにはレチノイド系の成分が多く存在します。免疫(病気に抵抗する力)を促進する作用や骨粗鬆症の予防効果があるといわれている「β‐クリプトキサンチン」は、イヨカンの約7倍も含まれています。
 動脈硬化の予防が目的なら、ミカンジュースなら1日コップ3~4杯程度、イヨカンジュースなら1杯程度で効果が期待されます。ただし、果物には糖分が含まれますので、肥満や糖尿病が気になるかたは、取りすぎには注意しましょう。

 皮にもヘスペリジンや食物繊維などの有効成分が豊富にあります。より高い効果を求めるなら、果汁だけでなく果肉や薄皮も食べるのがお勧めです。
 さらに、カンキツ類のさまざまな機能性を期待するなら、成分構成が異なるミカンとイヨカンを両方摂取するのも手です。

 なお、動脈硬化のほかに、カンキツの果汁には認知機能の低下を抑制する効果があるという報告もあります。私の研究室では、現在ヘスペリジンに着目して、認知機能に与える影響について調べています。まだ結論は出ていませんが、ある程度の手応えを感じています。

 脳血流に対する効果が明らかになれば、動脈硬化を抑えるメカニズムもよりくわしく解明できるでしょう。その意味からも、今後の研究成果に期待が寄せられています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ミカン 心筋梗塞

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

病気と食生活には深い関わりがあり、がんの原因は35%が食事にあると言われています。キャベツのイソチオシアネートにはがん、脳梗塞、心筋梗塞という日本人の三大死因を防ぐ作用があるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医部元准教授)


【血管が若返る】血糖値を下げて動脈硬化を予防する「酢ショウガ」 の効果

【血管が若返る】血糖値を下げて動脈硬化を予防する「酢ショウガ」 の効果

通常、年齢を重ねるにつれ、血管の劣化は進み、その影響で血流も悪くなって、不調や病気を招きやすくなります。血管の劣化を助長する因子は、中性脂肪、悪玉コレステロール、高血糖などです。私がお勧めしたいのが、ショウガを酢に漬けこんで作る「酢ショウガ」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【高血圧を改善】血圧を下げる手のツボ“合谷”の押し方は「痛いくらい」がよい

【高血圧を改善】血圧を下げる手のツボ“合谷”の押し方は「痛いくらい」がよい

高血圧は、俗に「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と呼ばれます。自覚症状がないうえ、痛くもかゆくもないのに、体の中では恐ろしいことが着々と進行していくからです。積極的に血圧をコントロールするため、ぜひお勧めしたいのが「合谷の強指圧」です。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授)


【脳梗塞・心筋梗塞を予防】フィブリン(血栓)を溶かす「ナットウキナーゼ」の効果

【脳梗塞・心筋梗塞を予防】フィブリン(血栓)を溶かす「ナットウキナーゼ」の効果

脳梗塞や心筋梗塞などを予防するためには、日頃から血栓のない、サラサラな血液を維持することがたいせつです。しかし、できてしまった血栓を溶かす働きのある食品は、今のところ納豆しか確認されていません。【解説】二宮淳一(日本心臓血管外科学会認定名誉専門医・NPO法人プロフェッショナル・ドクターズ・ネット理事長)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)