【東北大学の研究】緑内障の治療は眼圧を下げるだけでは不十分 ― みかんの皮が鍵!?

【東北大学の研究】緑内障の治療は眼圧を下げるだけでは不十分 ― みかんの皮が鍵!?

今、日本人の失明原因でいちばん多いのは、緑内障です。緑内障は加齢とともに増加し、40代以上で5%、70代以上になると11%もの人が緑内障にかかるといわれています。緑内障は、眼圧が高くなって視神経を障害し、視野が狭くなる病気です。【解説】檜森紀子(東北大学大学院医学系研究科眼科学分野助教)


檜森紀子
2004年秋田大学医学部卒業。2007年東北大学眼科に入局し、東北大学病院や気仙沼市立病院で眼科一般を研修。2009年東北大学大学院医学系研究科へ入学し、「酸化ストレスと緑内障」をテーマに研究を開始。2013年東北大学大学院医学系研究科卒業、以降現職。

日本人の緑内障は眼圧を下げるだけでは不十分

 今、日本人の失明原因でいちばん多いのは、緑内障です。
 緑内障は加齢とともに増加し、40代以上で5%、70代以上になると11%もの人が緑内障にかかるといわれています。
 緑内障は、眼圧が高くなって視神経(目のスクリーンに当たる網膜の神経節細胞)を障害し、視野が狭くなる病気です。
 現在、緑内障の治療は、点眼薬などで眼圧を下げる治療が中心です。

 しかし日本人の場合、患者さんの約7割は眼圧が正常(10〜21㎜Hg)な正常眼圧緑内障です。
 治療で眼圧を下げても、視野障害が進行する患者さんが少なくありません。
 このように日本人の緑内障に対して、眼圧を下げる治療だけでは限界があります。

 東北大学では、それにプラスして、何か有効な治療がないか、長年模索してきました。
 緑内障は、眼圧以外に、加齢や血流、酸化ストレス、慢性炎症、遺伝子など、さまざまな要因が関係して発症する病気です。その中で私たちが注目したのは、酸化ストレスでした。

 酸化ストレスというのは、活性酸素によって引き起こされる生体にとっての有害な作用のことです。
 身近なところでは、喫煙や過度の飲酒、ストレス、老化などが活性酸素(活性化された酸素)を発生させる原因となります。
 通常、体はこれに対する防御機構を持っており、活性酸素の消去と障害の抑制や修復を行っています。これを抗酸化力といいます。
 ところが、活性酸素の産生とそれに対する抗酸化力のバランスがくずれることがあります。これを「酸化ストレス」と呼んでいます。
 緑内障もその一つです。

 私たちの行った研究で、酸化ストレスが高い(抗酸化力が低い)ほど神経細胞が障害されやすく、緑内障が重症化しやすいというデータが出ています。

 そこで、酸化ストレスを軽減する食品素材を探しました。
 その中で着目したのが、ミカンの皮に多く含まれるヘスペリジンというポリフェノールです。
 ヘスペリジンには、酸化ストレスを抑制する作用があることがわかっています。それが緑内障にどのように作用するか、検証しました。

ミカンの皮の成分が視神経細胞を保護

 東北大学が行ったのは、次のような実験です。

①ヘスペリジンの抗酸化力
 マウスの網膜神経節細胞を培養し、酸化ストレスをかけた上で、酸化ストレスを抑制するさまざまな食品素材を加えました。
 すると、その中でヘスペリジンが最も神経細胞死を抑える作用が強いことがわかりました。

②緑内障マウスへの効果
 人工的に緑内障にしたマウス(緑内障モデルマウス)の眼球内にヘスペリジンを投与して、網膜の神経節細胞の数を数え、どれくらい酸化ストレスが抑制されたか調べました。
 その結果、ヘスペリジンを投与した緑内障モデルマウス群は、投与しない緑内障モデルマウス群と比べて、網膜神経の細胞死が2倍以上、抑えられたのです。

 次に、ヘスペリジンによって網膜の酸化ストレスがどれくらい抑えられるかを調べました。
 緑内障モデルのマウスに酸化ストレスを加えると、ヘスペリジンを投与した群は、投与しない群に比べて、網膜の酸化ストレスが約4倍、抑えられました。

 この研究によって、ヘスペリジンが神経細胞を酸化ストレスから守り、緑内障の発症や進行を抑える可能性があることが示唆されました。

 目は、つねに紫外線にさらされており、酸化ストレスを受けやすいところです。緑内障を発症し、神経細胞が障害されると、神経細胞は再生されず、どんどん数が減ってしまいます。

 しかし、ミカンの皮を食べて酸化ストレスを防いでいれば、緑内障を予防したり、進行を抑えたりする可能性はあると思います。

 安価に手に入るミカンの皮で、少しでも緑内障の進行を遅らせることができたら、こんなにいいことはありません。ぜひお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


【蕁麻疹が改善】“足指の間”を押すセルフケアで血糖値が下がった 緑内障にも効果

【蕁麻疹が改善】“足指の間”を押すセルフケアで血糖値が下がった 緑内障にも効果

足の指と指の間である「足の指のまた」に体の調律点があり、刺激すると諸症状が改善するとされています。足の指は5本あるので、指のまたは4ヵ所。その4ヵ所で、それぞれ対応する症状が異なります。痛みを感じる、などの部分が問題点です。【解説】松森有紀(整体サロン・リーラ院長)


【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

近視の原因には、遺伝によるものと、環境が影響しているものとがあります。環境という点では、学童期の子どもは最も強い影響を受けるといっても過言ではないでしょう。そこで私たちは、合谷を中心とした鍼治療で、若年層の近視の視力がどれだけ回復するのかを調査しました。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )