【あなたは今どんな姿勢?】「力強いポーズ」をとると、やる気が高まりストレスが減る理由

【あなたは今どんな姿勢?】「力強いポーズ」をとると、やる気が高まりストレスが減る理由

「悲しいとき、無理にでも笑っていると楽しい気持ちになってくる」という話を聞いたことはありませんか。もしこれがほんとうなら「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい気持ちになる」ということになります。実はこれは「自己知覚理論」といって心理学の世界では、ひじょうに有力な理論です【解説】松元健二(玉川大学脳科学研究所教授) 


松元健二
1966年、愛知県生まれ。1996年、京都大学大学院理学研究科霊長類学専攻博士後期課程修了。博士(理学)。理化学研究所基礎科学特別研究員等を経て、現在、玉川大学脳科学研究所教授。fMRIを使い、目標指向行動・意思決定・動機づけなど、主に「人の主体性」を支える脳機能を研究している。監訳書に『ビジュアル版 脳と心と身体の図鑑』(柊風舎)がある。

背すじを伸ばした姿勢はやる気をアップさせる

「悲しいとき、無理にでも笑っていると、楽しい気持ちになってくる」という話を、聞いたことはありませんか。
 もし、これがほんとうなら、「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい気持ちになる」ということになります。

 実はこれは、「自己知覚理論」といって、心理学の世界では、ひじょうに有力な理論です。
 この理論の正しさを示す、おもしろい研究があります。「漫画を読むとき、どんな表情で読むかによって、漫画のおもしろさが変わってくる」という研究です。
 やる気についても、同じような研究があります。
 縮こまった姿勢を取ったあとよりも、しゃんと背すじを伸ばした姿勢を取ったあとのほうが、やる気が高まり、難しいパズルに取り組む時間が長くなることがわかっています。

 また、コロンビア大のデイナ・カーニー助教授が、ハーバード大のエイミー・カディ教授らと行った実験では、力強さを誇示するような姿勢を取ることで、被験者のテストステロン(自信や、他者に対する優位性に関わるホルモン)の値が上がりました。

 その一方で、コルチゾール(ストレス反応に関わるホルモン)の値は下がりました。
 こうした研究から考えられるのは、表情や姿勢、動作が、私たちの感情ややる気に、大きく影響している可能性があるということです。

ポジティブな姿勢が過去の喜びを呼び起こす可能性

 私の専門である、脳科学や神経科学の世界でも、「表情や姿勢が、脳や自律神経に、どのような影響を及ぼすのか」について、研究が進められています。

 近年、脳機能の解析技術は目覚ましい進歩を遂げました。表情や姿勢との関係についても、今後より多くのことが、明らかになっていくでしょう。

 現時点では、脳のしくみがかなりわかっている「条件づけ」によって、その関係を説明することが可能です。
 野球などのスポーツを観戦していて、応援しているチームが得点したり勝利したとき、思わず喜びのガッツポーズが飛び出すことがあります。

 喜びの瞬間、脳内では「ドーパミン」という神経伝達物質が放出されます。
 そして、放出されたドーパミンによって「応援しているチームが得点してうれしい!」というイベントが、脳の「大脳基底核(線条体)」という部位に、ひとまとめにして記憶されるのです。

 「思わず出た歓声」「ガッツポーズの筋肉の動き」など、さまざまな情報が、喜びの感情として大脳基底核に一緒に記憶されて、身体の動きと結びつけられます。これが、条件づけです。

 条件づけを利用すれば、喜ばしい出来事や成功体験に関係するポーズを取ることで、ポーズと結びついたさまざまな記憶や感情、行動や身体の動きが、呼び起こされる可能性があります。

 ですから、ポジティブな姿勢や表情を意図して作ることで、過去の喜ばしいイベントにまつわる、ポジティブな感情が呼び起こされ、やる気が湧くというのは、じゅうぶん考えられることです。

 その一方で、ネガティブな姿勢や表情は、逆の効果を及ぼしうるということも、頭に入れておきましょう。

パワーポーズの効果を確認

コロンビア大のデイナ・カーニー助教授、ハーバード大のエイミー・カディ教授らによる実験で、男女合わせて42名の被験者に「力強いポーズ(ハイパワーポーズ)」と「弱々しいポーズ(ローパワーポーズ)」を15〜20分取ってもらった。ポーズを取る前後に、被験者の唾液を採取し、ホルモンの変化を調べたところ…

写真で円で囲んだ部位が、脳の奥深くにある、大脳基底核の「線条体」だ。集中してやる気を出しているときは、周りと比べて色が変化した。これは血流量が増えて、活性化している証拠だ

自律神経の司令塔はやる気にも関係

 ポジティブな姿勢や表情を作ることで、自律神経、特に交感神経が活性化するというのも、考えられる効果のひとつです。
 脳の中に「視床下部」という部位があります。視床下部は、自律神経の最高中枢で、自律神経に大きな影響を及ぼしています。 

 この視床下部に、「視床下部外側野」という部位があります。
 視床下部外側野は、これまで、摂食に関係すると考えられてきました。
 最近になって、この視床下部外側野が、やる気や覚醒の維持にも、大きく関わっていることがわかり、今、脳科学の世界でも注目されています。

 ポジティブな姿勢を取ることで、ポジティブな感情が呼び起こされる可能性があることは、先ほどお伝えした通りです。
 こうして湧き上がったポジティブな感情が、視床下部外側野、つまり「やる気に関わる脳の部位」を活性化することは、じゅうぶん考えられます。

 その刺激は、おそらく視床下部の他の領域にも伝わるでしょう。その結果、視床下部から自律神経を介して、身体全体にも、いい影響をもたらしうるということです。

 具体的には、交感神経を活性化して、身体を「活動モード」に導く効果を期待できるでしょう。
 その意味で、ポジティブな姿勢には、脳も体もやる気にする可能性があると言えます。

 今後の研究によって、事実は明らかになっていくでしょうが、自律神経を活性化してやる気を出したいとき、ポジティブな姿勢を試す価値は、じゅうぶんあると思います。

姿勢が感情を呼び起こす

ポジティブな姿勢を取ることで、その姿勢にまつわるポジティブな感情が呼び起こされる。これが「条件づけ」という脳のしくみだ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自律神経

関連する投稿


【自律神経を整える運動】便秘、肥満、めまい、冷え症を撃退する「手首揺らし」とは

【自律神経を整える運動】便秘、肥満、めまい、冷え症を撃退する「手首揺らし」とは

自律神経のバランスが乱れた状態を放置していると、便秘や不眠、耳鳴り、肥満、腰痛などさまざまな不調が現れます。ですから、できるだけ早く、副交感神経を活性化させて、自律神経のバランスを整える必要があります。【解説】末武信宏(さかえクリニック院長)


【頭痛が治らない】なかなか改善しない原因は“冷え”と“自律神経の乱れ” 対策は「足の指もみ」

【頭痛が治らない】なかなか改善しない原因は“冷え”と“自律神経の乱れ” 対策は「足の指もみ」

頭痛に悩まされている患者さんの場合、頭痛の引き金となった事故やケガのショック、さまざまなストレス、悪い生活習慣などの影響で、自律神経のバランスがくずれています。自律神経の乱れが、頭痛に併発する吐き気やめまいを引き起こしています。それが、頭痛を治りにくくしているのです。【解説】茂田真吾(ぽっかぽか整骨院銀座院院長)


【体験談】吐き気を伴うほど辛い頭痛が「足の指もみ」で改善した

【体験談】吐き気を伴うほど辛い頭痛が「足の指もみ」で改善した

私が首を傷めたのは、2016年11月のことでした。階段で足を滑らせて、首を強打したのです。それから四六時中、頭が痛むようになりました。嘔吐こそしませんが、ひどい吐き気があり、特に夕方以降、頭痛がひどくなります。寝るときも痛み続け、痛みをこらえながら眠るような日々でした。【体験談】内村加奈子(仮名・51歳・造形作家)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)