MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「力強いポーズ」をとると、やる気が高まりストレスが減る

「力強いポーズ」をとると、やる気が高まりストレスが減る

「悲しいとき、無理にでも笑っていると楽しい気持ちになってくる」という話を聞いたことはありませんか。もしこれがほんとうなら「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい気持ちになる」ということになります。実はこれは「自己知覚理論」といって心理学の世界では、ひじょうに有力な理論です【解説】松元健二(玉川大学脳科学研究所教授) 

解説者のプロフィール

松元健二
1966年、愛知県生まれ。1996年、京都大学大学院理学研究科霊長類学専攻博士後期課程修了。博士(理学)。理化学研究所基礎科学特別研究員等を経て、現在、玉川大学脳科学研究所教授。fMRIを使い、目標指向行動・意思決定・動機づけなど、主に「人の主体性」を支える脳機能を研究している。監訳書に『ビジュアル版 脳と心と身体の図鑑』(柊風舎)がある。

背すじを伸ばした姿勢はやる気をアップさせる

「悲しいとき、無理にでも笑っていると、楽しい気持ちになってくる」という話を、聞いたことはありませんか。
 もし、これがほんとうなら、「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい気持ちになる」ということになります。

 実はこれは、「自己知覚理論」といって、心理学の世界では、ひじょうに有力な理論です。
 この理論の正しさを示す、おもしろい研究があります。「漫画を読むとき、どんな表情で読むかによって、漫画のおもしろさが変わってくる」という研究です。

 やる気についても、同じような研究があります。
 縮こまった姿勢を取ったあとよりも、しゃんと背すじを伸ばした姿勢を取ったあとのほうが、やる気が高まり、難しいパズルに取り組む時間が長くなることがわかっています。

 また、コロンビア大のデイナ・カーニー助教授が、ハーバード大のエイミー・カディ教授らと行った実験では、力強さを誇示するような姿勢を取ることで、被験者のテストステロン(自信や、他者に対する優位性に関わるホルモン)の値が上がりました。

 その一方で、コルチゾール(ストレス反応に関わるホルモン)の値は下がりました。
 こうした研究から考えられるのは、表情や姿勢、動作が、私たちの感情ややる気に、大きく影響している可能性があるということです。

ポジティブな姿勢が過去の喜びを呼び起こす可能性

 私の専門である、脳科学や神経科学の世界でも、「表情や姿勢が、脳や自律神経に、どのような影響を及ぼすのか」について、研究が進められています。

 近年、脳機能の解析技術は目覚ましい進歩を遂げました。表情や姿勢との関係についても、今後より多くのことが、明らかになっていくでしょう。

 現時点では、脳のしくみがかなりわかっている「条件づけ」によって、その関係を説明することが可能です。
 野球などのスポーツを観戦していて、応援しているチームが得点したり勝利したとき、思わず喜びのガッツポーズが飛び出すことがあります。

 喜びの瞬間、脳内では「ドーパミン」という神経伝達物質が放出されます。
 そして、放出されたドーパミンによって「応援しているチームが得点してうれしい!」というイベントが、脳の「大脳基底核(線条体)」という部位に、ひとまとめにして記憶されるのです。

 「思わず出た歓声」「ガッツポーズの筋肉の動き」など、さまざまな情報が、喜びの感情として大脳基底核に一緒に記憶されて、身体の動きと結びつけられます。これが、条件づけです。

 条件づけを利用すれば、喜ばしい出来事や成功体験に関係するポーズを取ることで、ポーズと結びついたさまざまな記憶や感情、行動や身体の動きが、呼び起こされる可能性があります。

 ですから、ポジティブな姿勢や表情を意図して作ることで、過去の喜ばしいイベントにまつわる、ポジティブな感情が呼び起こされ、やる気が湧くというのは、じゅうぶん考えられることです。

 その一方で、ネガティブな姿勢や表情は、逆の効果を及ぼしうるということも、頭に入れておきましょう。

パワーポーズの効果を確認

コロンビア大のデイナ・カーニー助教授、ハーバード大のエイミー・カディ教授らによる実験で、男女合わせて42名の被験者に「力強いポーズ(ハイパワーポーズ)」と「弱々しいポーズ(ローパワーポーズ)」を15〜20分取ってもらった。ポーズを取る前後に、被験者の唾液を採取し、ホルモンの変化を調べたところ…

写真で円で囲んだ部位が、脳の奥深くにある、大脳基底核の「線条体」だ。集中してやる気を出しているときは、周りと比べて色が変化した。これは血流量が増えて、活性化している証拠だ

自律神経の司令塔はやる気にも関係

 ポジティブな姿勢や表情を作ることで、自律神経、特に交感神経が活性化するというのも、考えられる効果のひとつです。
 脳の中に「視床下部」という部位があります。視床下部は、自律神経の最高中枢で、自律神経に大きな影響を及ぼしています。 

 この視床下部に、「視床下部外側野」という部位があります。
 視床下部外側野は、これまで、摂食に関係すると考えられてきました。
 最近になって、この視床下部外側野が、やる気や覚醒の維持にも、大きく関わっていることがわかり、今、脳科学の世界でも注目されています。

 ポジティブな姿勢を取ることで、ポジティブな感情が呼び起こされる可能性があることは、先ほどお伝えした通りです。
 こうして湧き上がったポジティブな感情が、視床下部外側野、つまり「やる気に関わる脳の部位」を活性化することは、じゅうぶん考えられます。

 その刺激は、おそらく視床下部の他の領域にも伝わるでしょう。その結果、視床下部から自律神経を介して、身体全体にも、いい影響をもたらしうるということです。

 具体的には、交感神経を活性化して、身体を「活動モード」に導く効果を期待できるでしょう。
 その意味で、ポジティブな姿勢には、脳も体もやる気にする可能性があると言えます。

 今後の研究によって、事実は明らかになっていくでしょうが、自律神経を活性化してやる気を出したいとき、ポジティブな姿勢を試す価値は、じゅうぶんあると思います。

姿勢が感情を呼び起こす

ポジティブな姿勢を取ることで、その姿勢にまつわるポジティブな感情が呼び起こされる。これが「条件づけ」という脳のしくみだ

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)
実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)
人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)
念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)
上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)