MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「氷コンニャク」は理想のダイエット食材!その効果とは?

「氷コンニャク」は理想のダイエット食材!その効果とは?

カロリーは100g中わずか5kcal、低カロリーで食物繊維を多く含み便通を改善効果で知られコンニャク。セラミドを多く含むため、肌の保湿力を高める効果があります。幅広い料理に活用ができる「氷コンニャク」はダイエットの理想的な食材だと言えるでしょう。【解説】田中越郎(東京農業大学教授・医学博士)

コレステロールの吸収を抑制する

低カロリーで食物繊維を多く含むコンニャクは、ダイエットの強い味方として知られる食品です。

カロリーは100g中わずか5kcal。
コンニャクと同じく低カロリー食品として知られる生ワカメ(16kcal)やエノキタケ(22kcal)と比較しても、コンニャクのカロリーの低さは際立っています。

一方、食物繊維は、100g中2.2g。
こちらも食物繊維の多いサツマイモ(2.3g)やゴボウ(5.7g)などと比べても見劣りしません。

食生活の変化とともに、日本人の食物繊維の摂取量は大幅に低下しました。
現代の日本人の食物繊維摂取量は1日におよそ15g。

健康を維持するための目標摂取量(男性19g以上。女性17g以上)を考えると、やや不足気味といえます。
いつもの食事に少しコンニャクを加えれば、不足しがちな食物繊維をある程度補うことができるはずです。

食物繊維は、便通の改善にも役立ちます。
コンニャクの材料であるコンニャクイモに含まれる食物繊維は、グルコマンナンという水溶性食物繊維です。

しかし、コンニャクの製造途中で、この水溶性のグルコマンナンはお互いに結合しあって、不溶性の食物繊維へと変わっています。

このように、コンニャクの食物繊維は胃腸の中で消化されず、そのままの形で排泄されます。
便のかさが増し、腸が刺激されることで、便通が改善されるのです。
食物繊維は、食事に含まれるコレステロールの吸収を抑制する効果も期待できます。

ほかにも、コンニャクは日本人に不足しがちなカルシウムも豊富に含みます。

氷コンニャクは幅広い料理に使える

また、最近の研究では、コンニャクに含まれるセラミドという成分が、肌の保湿力を高めることがわかってきました。
セラミドは肌の角質層にある保湿成分ですが、食事として摂取しても効果があります。

このように、コンニャクは美容と健康にうれしい食材ですが、おでんや煮物などの和食以外では料理に使いづらいという人も多いのではないでしょうか。

これに対し、「氷コンニャク」は、幅広い料理に使えるという利点があります。

氷コンニャクは、いったん冷凍したコンニャクを解凍することで、コンニャクに含まれる水分を抜いています。
水分が抜けた後は細かな穴が開くため、味が染み込みやすくなります。

また、水分が抜けたことで、しっかりとした食感が得られます。
洋食や中華料理など、濃い味付けの料理にも利用しやすいのではないでしょうか。

食後の血糖値の急上昇も抑えられる!

氷コンニャクのしっかりとした食感により、咀嚼の回数も増すはずです。
咀嚼の回数が増えれば、唾液の分泌が増えるため、食べた物の消化がよくなるという利点もあります。

さらに、咀嚼の回数が増えれば、食事にかける時間が長くなります。

私たちは、食事を取ると脳の中枢が刺激され、満腹のサインが出ます。
早食いの習慣のある人が太るのは、このサインが出る前にたくさんの量の食事を取ってしまうからです。

咀嚼の回数が増え、食事にかける時間が長くなれば、食事の総量そのものが減ります。
食事の総量が減れば、当然、肥満の原因となる脂質や糖質の摂取量も減るでしょう。
糖尿病でよく見られる、食後の血糖値の急上昇も抑えられます。

グルコマンナンやセラミド、カルシウムなどのコンニャクに含まれる成分とその働きが、いったん冷凍し、氷コンニャクにすることで変わるかどうかはわかりません。
ただ、氷コンニャクであれば、ある程度まとまった量のコンニャクを飽きずに食べることができるでしょう。

ただし、氷コンニャクは通常のコンニャクよりも味が染みやすくなっています。
調理のさいには、油分や塩分が多くなり過ぎないように気を付けてください。
また、腸を刺激し過ぎないよう、よくかんで食べることも大切です。

ダイエットのためにまとまった量を食べたいという人は、栄養のバランスが偏らないように気を付けてください。

氷コンニャクが美しくやせる理想の食材のワケ

カロリーが低い

カロリーは100g中わずか5kcal。ほかの低カロリー食品と比較しても、コンニャクのカロリーの低さは際立っている。

食物繊維が多い

食物繊維は100g中2.2g。ほかの食物繊維の多い食品と比べても見劣りしない。

便通の改善に役立つ

コンニャクの食物繊維は胃腸の中で消化されず、そのままの形で排泄される。便のかさが増し、腸が刺激されることで、便通が改善される。

肌の保湿に効果アリ

コンニャクに含まれるセラミドが、肌の保湿力を高める。セラミドは肌の角質層にある保湿成分だが、食事として摂取しても効果がある。

咀嚼の回数が増える

咀嚼の回数が増える→食事にかける時間が長くなる→食事の総量そのものが減る→肥満の原因となる脂質や糖質の摂取量も減る、という理想のサイクルになる。

解説者のプロフィール

田中越郎
東京農業大学生物科学部栄養科学科教授。医学博士。著書に『好きになる生理学』(講談社)、『イラストでまなぶ生理学』『イラストでまなぶ薬理学』『イラストでまなぶ人体のしくみとはたらき』(すべて医学書院)など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt