医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善 朝までぐっすり熟睡 秘密は「お布団ヨガ」

【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善 朝までぐっすり熟睡 秘密は「お布団ヨガ」

大学卒業後、医療職に就いた私は、初めての社会人生活での緊張、夜勤もある不規則な生活のせいか、眠れない日が増えていきました。仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れません。ようやく眠れても、夜中の2~4時に目が覚め、また眠れなくなります。【体験談】芦名佳代(仮名・25歳無職・大阪府) 


薬を飲んでも 不眠は改善しなかった

 大学卒業後、医療職に就いた私は、初めての社会人生活での緊張、夜勤もある不規則な生活のせいか、眠れない日が増えていきました。
 仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れません。ようやく眠れても、夜中の2~4時に目が覚め、また眠れなくなります。
 眠り自体も浅く、睡眠不足が蓄積していく一方でした。

 休日はとにかく横になりますが、眠れるわけではありません。友だちと食事をしたり、近所の川辺で自然に触れたりなど、気分転換を図ってはみるものの、不眠はいっこうに治りませんでした。

 社会人3年目の2017年3月、ついに心療内科に行き、睡眠導入剤を飲むようになりました。しかし薬を処方されても状況は変わらず、薬の量は増えていきます。「薬では解決にならない」と気づいたものの、一度飲み始めた薬は自己判断では止められません。
 橋本和哉先生のクリニックを訪れたのは、仕事を辞めた2017年5月。橋本先生の著書を読んだ母が、橋本先生のクリニックの「医療ヨガ」を受けようと提案したのです。

 橋本先生は、「眠れないのはエネルギーが足りないから」とおっしゃって、医療ヨガよりも簡単な「おふとんヨガ」を勧めてくださいました。

目覚ましが鳴るまで熟睡できた

 教わったその日から、寝る前の20分をおふとんヨガの時間としました。橋本先生から「寝る前に行うと、体がほぐれて眠りやすくなる」とアドバイスされたからです。

 ベッドに入る前はいつも憂鬱なのですが、この日はヨガのおかげで、就寝前も心が軽かった気がします。 また、それまでは自分の体がこっているとは思ってもいなかったのに、ヨガの後は、体がほぐれたのがわかりました。ただこの夜は、やはり2時半に目が覚めてしまいました。

 ところが翌日。同じようにヨガをしてから寝ると、朝5時まで寝られました。うれしかったです!
 私の主治医は、橋本先生とは別の病院の先生なのですが、おふとんヨガのことを話すと、「とてもいい方法だ」と言ってくださいました。

 その主治医のアドバイスとおふとんヨガを併せて実践するうち、今では、6時に目覚ましが鳴るまで7時間、熟睡できるようになりました。
 主治医と相談し、薬は少しずつ減らしています。おふとんヨガの効果を実感しています。

「お布団ヨガ」のやり方

眠れるようになったのはいいエネルギーを取り込んだから(はしもと内科外科クリニック院長 橋本和哉)

ヨガの呼吸法によって自律神経が効果的に整えられると、体がリラックスモードに入り、質のよい眠りが得られます。また「おふとんヨガ」には、邪気を放出し、いい気やエネルギーをためる動きが取り入れられています。エネルギーがなければ、眠ることもできません。その意味でも、芦名さんにピッタリの運動療法だったのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ヨガ 不眠症

関連する投稿


【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

寝具メーカーのエアウィーヴが新作発表会を開催し、浅田真央さん(フィギュアスケート)・石川佳純さん(卓球)がゲストとして登場。今月25日に28歳の誕生日を迎える浅田真央さんは和装、石川佳純さんは洋装で登場した。二人のアスリートが大切にしているのは食べること、そして「睡眠」なのだという。【取材】ケンカツ!編集部


不安で眠れない時に食べる「干し納豆」の効果 不眠を解消する食べ物

不安で眠れない時に食べる「干し納豆」の効果 不眠を解消する食べ物

胸が熱くなって、なかなか眠れないという不安神経症の患者さんに、干し納豆を勧めたことがありました。不安感が強いときに干し納豆を大さじ1杯ずつ食べてもらったところ、医師に処方されていた不安神経症の薬の服用を減らすことができたのです。また、口臭もなくなったと喜んでいました。【解説】惠木弘(恵心堂漢方研究所所長)


【足の長さが左右で違う】股関節の体の歪みを取る「ひざ縛り」のやり方

【足の長さが左右で違う】股関節の体の歪みを取る「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


更年期障害に「加熱トマト」が効果!中性脂肪値を下げる“13オキソODA”に注目

更年期障害に「加熱トマト」が効果!中性脂肪値を下げる“13オキソODA”に注目

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【半身浴の効果】うつ・不眠を改善!心も体も温めて自己肯定感を高める

【半身浴の効果】うつ・不眠を改善!心も体も温めて自己肯定感を高める

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


最新の投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)