MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善!朝まで熟睡

【体験談】薬も効かなかった不眠症が改善!朝まで熟睡

大学卒業後、医療職に就いた私は、初めての社会人生活での緊張、夜勤もある不規則な生活のせいか、眠れない日が増えていきました。仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れません。ようやく眠れても、夜中の2~4時に目が覚め、また眠れなくなります。【体験談】芦名佳代(仮名・25歳無職・大阪府) 

薬を飲んでも 不眠は改善しなかった

 大学卒業後、医療職に就いた私は、初めての社会人生活での緊張、夜勤もある不規則な生活のせいか、眠れない日が増えていきました。
 仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れません。ようやく眠れても、夜中の2~4時に目が覚め、また眠れなくなります。
 眠り自体も浅く、睡眠不足が蓄積していく一方でした。

 休日はとにかく横になりますが、眠れるわけではありません。友だちと食事をしたり、近所の川辺で自然に触れたりなど、気分転換を図ってはみるものの、不眠はいっこうに治りませんでした。

 社会人3年目の2017年3月、ついに心療内科に行き、睡眠導入剤を飲むようになりました。しかし薬を処方されても状況は変わらず、薬の量は増えていきます。「薬では解決にならない」と気づいたものの、一度飲み始めた薬は自己判断では止められません。

 橋本和哉先生のクリニックを訪れたのは、仕事を辞めた2017年5月。橋本先生の著書を読んだ母が、橋本先生のクリニックの「医療ヨガ」を受けようと提案したのです。

 橋本先生は、「眠れないのはエネルギーが足りないから」とおっしゃって、医療ヨガよりも簡単な「おふとんヨガ」を勧めてくださいました。

目覚ましが鳴るまで熟睡できた

 教わったその日から、寝る前の20分をおふとんヨガの時間としました。橋本先生から「寝る前に行うと、体がほぐれて眠りやすくなる」とアドバイスされたからです。

 ベッドに入る前はいつも憂鬱なのですが、この日はヨガのおかげで、就寝前も心が軽かった気がします。 また、それまでは自分の体がこっているとは思ってもいなかったのに、ヨガの後は、体がほぐれたのがわかりました。ただこの夜は、やはり2時半に目が覚めてしまいました。

 ところが翌日。同じようにヨガをしてから寝ると、朝5時まで寝られました。うれしかったです!
 私の主治医は、橋本先生とは別の病院の先生なのですが、おふとんヨガのことを話すと、「とてもいい方法だ」と言ってくださいました。

 その主治医のアドバイスとおふとんヨガを併せて実践するうち、今では、6時に目覚ましが鳴るまで7時間、熟睡できるようになりました。
 主治医と相談し、薬は少しずつ減らしています。おふとんヨガの効果を実感しています。

眠れるようになったのはいいエネルギーを取り込んだから(はしもと内科外科クリニック院長 橋本和哉)

ヨガの呼吸法によって自律神経が効果的に整えられると、体がリラックスモードに入り、質のよい眠りが得られます。また「おふとんヨガ」には、邪気を放出し、いい気やエネルギーをためる動きが取り入れられています。エネルギーがなければ、眠ることもできません。その意味でも、芦名さんにピッタリの運動療法だったのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
手の小指に湿布を貼る「小指シップ」は交感神経の緊張をゆるめ首すじのこりをほぐします。交感神経は副交感神経と対になって働き内臓や血管などの働きを調整しています。交感神経が緊張して自律神経のバランスがくずれるとさまざまな不調が出てきます。小指シップにはそれを抑える作用があるのです。【解説】安田譲(安田医院院長)
私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)
実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)
横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)