【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長) 


石井正則
1980年、東京慈恵会医科大学卒業。84年、同大学院修了とともに、米国ヒューストン・ベイラー医科大学・耳鼻咽喉科へ留学。東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長、同大学准教授を経て現職。日本耳鼻咽喉科学会評議員、宇宙航空研究開発機構(JA
XA)・宇宙医学審査会委員。スタジオ・ヨギー公認ヨガインストラクターとしても活動中。『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』(マキノ出版)など著書多数。最新刊『やってはいけないヨガ』(青春出版社)が12月19日刊行。

医師引退の危機をヨガに救われた

 ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。

 過度な競争主義、成果主義が社会に蔓延し、適切なブレーキをかけられない人、ブレーキをかけること自体をストレスに感じる人が増えているのだと考えられます。
 ストレスで心身が緊張すると、交感神経が優位になります。すると、血圧の上昇、筋肉のコリ、便秘や下痢など腸の不調……とさまざまな不調が出るのですが、人によっては特に耳に不調が現れ、耳鳴りやめまい、難聴になるわけです。

 そういった症状を改善するには、まずは心身をリラックスさせることですが、リラックス法の1つとして私が10年以上前から勧めているのが「ヨガ」です。

 ヨガをすると、心身がリセットされ、自律神経が安定します。他のどんな運動にも、ヨガほどの効果はないでしょう。
 私が、このことに気づいたのは、自身の体験があったからです。2005年当時、私は激務による疲労やストレスで、突然、両腕が神経麻痺になってしまいました。

 担当医は「神経が死んでいる」「もう医者はできない」と言う始末。ところが恩師の紹介で入院した病院で、リハビリにヨガを勧められ、ダメでもともとで試してみたら……なんと少しずつ腕が動くようになり、9カ月程度で完全回復したのです。

 ヨガに救われた私は、その後、ヨガのインストラクターの資格を取得。ヨガスタジオはもちろん、勤務している病院で院内ヨガの教室を開いたり、うつ病の専門クリニックに出張指導に伺ったりもしています。

 ちなみにアメリカでは、200以上の病院が本格的に医療の中にヨガを取り込んでおり、ヨガが医療現場に急速に浸透しています。この流れは今後、アメリカに限らず世界的に拡大していくでしょう。

副交感神経を刺激するのにお勧めの呼吸法

 ヨガが自律神経に効くいちばんのポイントは、呼吸法です。ヨガにはさまざまな呼吸法がありますが、特にお勧めなのは、「吸う、止める、長く吐く」という流れの呼吸法です。

 吸った息を一度止めると、瞬間的に血圧が上がります。すると「血圧を下げなければ」と血圧のセンサーが働き、副交感神経が反応。その後、吐くことで、副交感神経をうまく刺激することになるのです。
 ただ吸って吐くだけでも、交感神経と副交感神経を順に刺激できますが、より効果的に自律神経を整えたいかたは、ぜひお試しください。コツは「2拍で吸う、2拍止める、4拍で吐く」のようにリズムよく行うこと。楽なスピードで行いましょう。

 何千年も前にヨガを始めたインド人たちは、自律神経などという言葉もしくみも知らなかったでしょう。それにもかかわらず、ヨガの作用が医学的な理屈にかなっていることには、ほんとうに驚かされます。

「くつろぎのポーズ」は究極のポーズ

 それから「くつろぎのポーズ」は、ヨガの究極のポーズです。深い腹式呼吸が自然に導かれ、さらに、意識が自分の内側へと向かうため、最上のリラックス効果を得られます。

 ヨガを行う際は、このポーズを必ず最後に取り入れます。10分以上かけるのが理想。途中で眠くなったら、寝落ちてしまってかまいません。
 ヨガは、簡単な動きと呼吸法の組み合わせです。けっして無理をせず、自分のペースで正しく行えば、効果的に自律神経をケアできます。多くのかたに取り入れていただきたいと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


うつ病 耳鳴り ヨガ

関連する投稿


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

鍼灸治療では、亜鉛と銅という、異なる二つの金属からできた鍼を用いて治療を行うことがあります。異なる二つの金属を使うと、わずかな電気が流れます。体内に微弱な電気を流すことで、ツボを刺激したり、血流の改善を行ったりする効果があるのです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)