MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
医師も回復!ストレスを取るヨガ「くつろぎのポーズ」

医師も回復!ストレスを取るヨガ「くつろぎのポーズ」

ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長) 

解説者のプロフィール

石井正則
1980年、東京慈恵会医科大学卒業。84年、同大学院修了とともに、米国ヒューストン・ベイラー医科大学・耳鼻咽喉科へ留学。東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長、同大学准教授を経て現職。日本耳鼻咽喉科学会評議員、宇宙航空研究開発機構(JAXA)・宇宙医学審査会委員。スタジオ・ヨギー公認ヨガインストラクターとしても活動中。
『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』(マキノ出版)など著書多数。最新刊『やってはいけないヨガ』(青春出版社)が12月19日刊行。

医師引退の危機をヨガに救われた

 ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。

 過度な競争主義、成果主義が社会に蔓延し、適切なブレーキをかけられない人、ブレーキをかけること自体をストレスに感じる人が増えているのだと考えられます。

 ストレスで心身が緊張すると、交感神経が優位になります。すると、血圧の上昇、筋肉のコリ、便秘や下痢など腸の不調……とさまざまな不調が出るのですが、人によっては特に耳に不調が現れ、耳鳴りやめまい、難聴になるわけです。

 そういった症状を改善するには、まずは心身をリラックスさせることですが、リラックス法の1つとして私が10年以上前から勧めているのが「ヨガ」です。

 ヨガをすると、心身がリセットされ、自律神経が安定します。他のどんな運動にも、ヨガほどの効果はないでしょう。

アメリカではヨガが医療現場に急速に浸透している!

 私が、このことに気づいたのは、自身の体験があったからです。2005年当時、私は激務による疲労やストレスで、突然、両腕が神経麻痺になってしまいました。

 担当医は「神経が死んでいる」「もう医者はできない」と言う始末。ところが恩師の紹介で入院した病院で、リハビリにヨガを勧められ、ダメでもともとで試してみたら……なんと少しずつ腕が動くようになり、9カ月程度で完全回復したのです。

 ヨガに救われた私は、その後、ヨガのインストラクターの資格を取得。ヨガスタジオはもちろん、勤務している病院で院内ヨガの教室を開いたり、うつ病の専門クリニックに出張指導に伺ったりもしています。

 ちなみにアメリカでは、200以上の病院が本格的に医療の中にヨガを取り込んでおり、ヨガが医療現場に急速に浸透しています。この流れは今後、アメリカに限らず世界的に拡大していくでしょう。

副交感神経を刺激するのにお勧めの呼吸法

 ヨガが自律神経に効くいちばんのポイントは、呼吸法です。ヨガにはさまざまな呼吸法がありますが、特にお勧めなのは、「吸う、止める、長く吐く」という流れの呼吸法です。

 吸った息を一度止めると、瞬間的に血圧が上がります。すると「血圧を下げなければ」と血圧のセンサーが働き、副交感神経が反応。その後、吐くことで、副交感神経をうまく刺激することになるのです。
 ただ吸って吐くだけでも、交感神経と副交感神経を順に刺激できますが、より効果的に自律神経を整えたいかたは、ぜひお試しください。コツは「2拍で吸う、2拍止める、4拍で吐く」のようにリズムよく行うこと。楽なスピードで行いましょう。

 何千年も前にヨガを始めたインド人たちは、自律神経などという言葉もしくみも知らなかったでしょう。それにもかかわらず、ヨガの作用が医学的な理屈にかなっていることには、ほんとうに驚かされます。

「くつろぎのポーズ」は究極のポーズ

 「くつろぎのポーズ」は、ヨガの究極のポーズです。深い腹式呼吸が自然に導かれ、さらに、意識が自分の内側へと向かうため、最上のリラックス効果を得られます。

 ヨガを行う際は、このポーズを必ず最後に取り入れます。10分以上かけるのが理想。途中で眠くなったら、寝落ちてしまってかまいません。

 ヨガは、簡単な動きと呼吸法の組み合わせです。けっして無理をせず、自分のペースで正しく行えば、効果的に自律神経をケアできます。多くのかたに取り入れていただきたいと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
イルカセラピーは、1970年代後半に、アメリカ・フロリダ国際大学のスミス博士によって開始されたものです。イルカは、周波数を自在に変え、正確に対象物に浴びせることができます。この超音波が、人の心身に影響を与える可能性はじゅうぶんあるでしょう。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)
更新: 2018-09-10 15:50:46
マインドフルネスとは、「今、ここ」の現実にリアルタイムかつ客観的に気づいていることです。マインドフルネスは、お釈迦様が悟りを開いた時の心の状態で仏教の枠組みの中で、坐禅や瞑想として伝えられてきました。近年は不安やストレス、うつの心理療法としても取り入れられています。【解説】藤井英雄(精神科医・医学博士)
更新: 2018-09-10 15:31:27
私は整形外科医として医師のキャリアをスタートさせ、10年間、何千例もの背骨や神経の手術を手がけてきました。手術や薬で患者さんの病気を治すことに全力を傾けてきましたが、「現代医療だけでは病気を根本から治すことはできない」ということを思い知らされました。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)
更新: 2018-09-05 20:52:28
近年、オキシトシンにはストレスを抑えたり、自律神経の働きを整えたり、免疫力を高めたり、体の痛みを抑えたりと、さまざまな健康効果があることがわかってきました。実は、オキシトシンの分泌を高めるポイントは2つだけです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック徳院長)
更新: 2018-09-05 20:58:11
マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)
更新: 2018-09-13 11:49:38
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt