MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
自律神経失調症で感じていた冷えが軽く!ココア豆乳の体験談

自律神経失調症で感じていた冷えが軽く!ココア豆乳の体験談

私は、病院で自律神経失調症と診断され、薬を飲んだり整体に通ったりしました。しかし、どれも効果が感じられず、あきらめていました。症状は、体温調整がうまくできないことです。暑い日でも暑さを感じなかったり、逆に身震いするほど寒さを感じたりすることがたびたびありました。【体験談】木村恵美さん(仮名・35歳主婦・東京都) 

ココア豆乳を飲むと 頑張ろうという気になる

 私は、病院で自律神経失調症と診断され、薬を飲んだり整体に通ったりしました。しかし、どれも効果が感じられず、あきらめていました。

 症状は、体温調整がうまくできないことです。暑い日でも暑さを感じなかったり、逆に身震いするほど寒さを感じたりすることがたびたびありました。手足がものすごく冷たくて、夜眠れないこともありました。これらの症状を少しでも緩和したくてココア豆乳を飲み始めました。

 作り方は簡単です。ココアと豆乳、オリゴ糖を混ぜ合わせて、電子レンジで温めるだけ。飲むのは朝と昼、または夜の1日2回。チョコレートに似た味で飲みやすく、とてもおいしいです。

 ココア豆乳の効果はすぐに実感できました。体がすぐ温まり、血液循環がよくなるのです。朝、体が冷えて気力がわかないときも、ココア豆乳を飲めば、体がポカポカとしてきて、「ちょっと頑張ってみようかな」という気になり、ゆっくりですが体も動きます。

 飲み続けるうちに体が温まっている時間が徐々に長くなり、自律神経失調症で感じていた冷えや不眠が軽くなってきました。

 また、以前は体が冷えていたせいか、うつうつとした気分になることがよくありましたが、今は気分が落ち込むことも少なくなり、「やろうかな」と前向きな気持ちになれます。

過敏性腸症候群が原因の「お腹ゴロゴロ」「下痢」が解消

 私は自律神経失調症の影響で、過敏性腸症候群もあります。ストレスを感じると、おなかがゴロゴロしたり、下してしまったりするのです。不思議なことに、ココア豆乳を飲むようになってからは、そういった症状もいっさい出なくなりました。

 以前ほどイライラすることもなくなり、心が落ち着いて、ストレスにも強くなったように感じています。それもよかったのでしょう。

 ココア豆乳は、薬ではないにもかかわらず、以前飲んでいた漢方薬と同じくらいの効果を感じています。
 今はとにかくココア豆乳で、体温調整がうまくできるようになってうれしい限りです。

強力な保温効果で血液の循環をよくする(目黒西口クリニック院長 南雲久美子)

 木村さんの自律神経失調症による極度の冷えや過敏性腸症候群が、ココア豆乳を飲むだけで改善されたのは幸いでした。
 木村さんには、ココア豆乳がよほど合っていたのでしょう。ココアには強力な保温効果があり、血液循環をよくすることが私たちの実験でも明らかになっています。

 また、大豆は胃腸の働きを改善することが知られています。過敏性腸症候群がよくなったのは、豆乳の持つこうした効果もあったのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めのデザートを紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの汁物を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの副菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)