【不安やストレスのない生き方】ハワイのシャーマンから学んだ「自律神経調律法」

【不安やストレスのない生き方】ハワイのシャーマンから学んだ「自律神経調律法」

ニューヨークで救急隊員をしていた頃、仕事で訪れていた病院で、キリスト教のチャプレンのかたと知り合いました。チャプレンとは、教会などに属さない聖職者のことです。縁あってそのかたのアシスタントを務めるようになったのです【解説】サニー・カミヤ(ハワイアンサイエンティスト・日本防災教育訓練センター代表) 


救急隊員から牧師になり、 シャーマンと出会った

 ニューヨークで救急隊員をしていた頃、仕事で訪れていた病院で、キリスト教のチャプレンのかたと知り合いました。チャプレンとは、教会などに属さない聖職者のことです。そのかたは病院で、患者家族との祈りや亡くなった患者の魂の旅立ちの式などを行っていました。

 縁あってそのかたのアシスタントを務めるようになったのですが、ある日「日本人との国際結婚が多いハワイで、牧師をしてみては?」と提案されました。そうして私がハワイ・マウイ島で牧師になったのは、20年以上前のことです。
 牧師の仕事は、教会での洗礼式や結婚式の他に、例えば海で散骨式をするなど、教会以外で行うものも多くありました。式の目的や内容によっては、その土地を守るシャーマン、その地に昇る太陽を守るシャーマン、月を守るシャーマン、海を守るシャーマン……と、たくさんのシャーマンたちに挨拶に行きます。

 ハワイのシャーマンは、もともとポリネシアの島々でカフナ(神官)として先住民を守っており、その後ハワイに移ってきた人たちです。彼らは、祈祷師や呪術師のような役割であるとともに、医師や薬剤師のような専門知識も持っています。

 そんなシャーマンたちと接するうちに、「お清めの塩を取りに行く。いっしょに来なさい」などと儀式に誘われるようになり、彼らに同行するように。シャーマンたちの知恵をじかに教わることになったのです。

 彼らの考え方の根幹にあるのは、「自然のリズムと調和する」という1本の芯。自然と調和できれば、災害を防ぎ、場の気を整え、争いを避けられるばかりか、人を健康で幸せにできると、彼らは考えます。それは、約2000年も前からポリネシアで受け継がれてきた信念です。

 彼らの知恵は、膨大な情報量ですが、文字ではいっさい残っていません。でもその内容には、現代社会で役立つものが多くあります。シャーマンの叡智を現代に役立てたいと考えた私は、その教えを「ハワイアンサイエンス」と名づけ、現在、少しずつ文字にまとめているところです。

1日の中の「四季」とともに生きる

 さてここからは、自然と調和し、自然のエネルギーを取り入れながら、心身を癒す方法をご紹介します。

 自然との繋がりが希薄になり、心身の健康、自律神経の健康を乱している多くの日本人に、とても有益な知恵だと思います。
 シャーマンは、月の満ち欠け、潮の動きなどに合わせて儀式を行い、生活を営みますが、特に彼らがたいせつにするのは、四季のリズムです。

ハワイアンサイエンスでは、1日の中にも四季を見出します。

 朝は春。芽吹きや成長のエネルギーが満ちています。何かを始めたり、大事なことを誰かと話し合うのに最適です。また春の新鮮なエネルギーは、新しい自分への変化を促し、今ある痛みや悩みを消し去ります。

 昼は夏。じゅうぶんにエネルギーが温まり、何事にも全力で取り組める時間帯なので、一生懸命働き、活動的に過ごすのに適しています。

 夕方は秋。エネルギーが静まっていく時間帯なので、その日の活動を終え、クールダウンしていきます。

 夜は冬。静寂の時間です。遅くまで働き続けたり、ストレス発散とばかりにハメを外す人も多いですが、本来は、静かに心身を養生するのに向いている時間です。

 自律神経を整えるうえで、特に大事にすべきなのは朝と夜の過ごし方です。
 朝はなるべく早起きし、日光を浴び、1日分のエネルギーを蓄えます。
 日が暮れたら、静かに過ごします。テレビもオフにし、できるだけ音を立てない。夫婦や家族の会話も、もめごとなどの場合は朝まで控えます。同居人がいるなどで、ずっと静かにしているのが難しい場合でも、数分でもいいので1人で静寂を味わう時間を作り、心身を養生します。

 そうして自然のエネルギーを取り入れるうえで、ハワイアンサイエンスで重要となるのは「借りて、生かして、還す」こと。シャーマンたちは、自然のエネルギーを借り、生かし、還すというサイクルをていねいに続けています。

 自然のエネルギーによって心身を健康に保ち、日常の中で、少しでも何かの役に立つことができれば、そのエネルギーは還せたことになります。大きいことを成し遂げる必要はなく、例えば、草花に水をやるなどでもかまいません。自分にできるやり方で、エネルギーを還す方法を考えてみてください。

 それから、不必要なほどのエネルギーは最初から取り入れないこと。ハワイアンサイエンスでは、エネルギーを含め、この世のすべてのものは「生もの」です。むやみに得ても、使い切らなければ、腐るだけです。

365日ずっと健康でなくていい

 シャーマンたちも人間です。夫婦ゲンカをして落ち込むこともあれば、ビールを飲んで酔っ払っていることもあります。しかし、いざ儀式となるとスイッチが入り、厳かなシャーマンへと変わります。

 彼らを見ていて気づいたのですが、24時間365日、絶え間なく健康であり続ける必要はありません。「常にパーフェクトな状態でいなければ」と気持ちを張り詰めていては、誰だってきつくなります。
 ハメを外したり、調子を崩したりすることがあってもかまいません。

 ただ、彼らのように、適切なタイミングでスイッチを自在に切り替えられると、楽だと思います。「自分も、必要なときにはスイッチを入れられる」という安心感があったら、「忙しい時期に、調子を崩したらどうしよう」「物事が予定通りにいかなかったらどうしよう」などと、先のことに対する不安や恐れ、ストレスを感じることが激減するからです。

 自然のリズムを意識し、自然のエネルギーとともに生きると、シャーマンでなくても、誰でも適切なスイッチの切り替えができるようになります。
 それでも不安や心配事に負けそうなときに試してほしい、簡単な手法があります。それは、遠くを見ること。視界が届く範囲で、できるだけ離れたところを見るのです。

遠くを見るクセをつけると 不安感がなくなる

 ハワイアンサイエンスでは、自分から見て後方は過去。今いる場所は現在。前方は未来とされています。前方の遠くを見る習慣をつけると、自然と、未来を具体的にイメージするクセがつくようです。

 なにか不安なことがあったら、遠くを見ているような感覚で、こうあってほしいという未来を具体的に思い描いてみます。そして、その未来から今いる場所まで、時間が巻き戻っていくのをイメージしてみると、おのずと今すべきことが明確になり、先のことへの不安もなくなります。

 私たちの命もまた、先祖からの借りものです。この世で生かし、未来に還す。そのためにも心身健康で、不安やストレスのない生き方をしたいものです。遥か古代から伝わるシャーマンたちの自律神経調律法、ぜひお試しください。

元気に生きていることを実感できたなら、草花に水をやるなど、何らかの形で「お還し」をするといい

サニー・カミヤ
福岡市消防局レスキュー隊小隊長、国際救急援助隊員、ニューヨーク州救急隊員を経て、現職。人命救助者数は1500名超。防災コンサルタントとして全国でセミナーや講演会を行う。著書に『みんなで防災アクション! 国際レスキュー隊サニーさんが教えてくれたこと』(評論社)、『いざというときの自己防衛マニュアル』(共著・コスミック出版)。防災関連の活動の傍ら、ハワイアンサイエンスの記録に精力的に取り組んでいる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自律神経

関連する投稿


【自律神経を整える運動】便秘、肥満、めまい、冷え症を撃退する「手首揺らし」とは

【自律神経を整える運動】便秘、肥満、めまい、冷え症を撃退する「手首揺らし」とは

自律神経のバランスが乱れた状態を放置していると、便秘や不眠、耳鳴り、肥満、腰痛などさまざまな不調が現れます。ですから、できるだけ早く、副交感神経を活性化させて、自律神経のバランスを整える必要があります。【解説】末武信宏(さかえクリニック院長)


【頭痛が治らない】なかなか改善しない原因は“冷え”と“自律神経の乱れ” 対策は「足の指もみ」

【頭痛が治らない】なかなか改善しない原因は“冷え”と“自律神経の乱れ” 対策は「足の指もみ」

頭痛に悩まされている患者さんの場合、頭痛の引き金となった事故やケガのショック、さまざまなストレス、悪い生活習慣などの影響で、自律神経のバランスがくずれています。自律神経の乱れが、頭痛に併発する吐き気やめまいを引き起こしています。それが、頭痛を治りにくくしているのです。【解説】茂田真吾(ぽっかぽか整骨院銀座院院長)


【体験談】吐き気を伴うほど辛い頭痛が「足の指もみ」で改善した

【体験談】吐き気を伴うほど辛い頭痛が「足の指もみ」で改善した

私が首を傷めたのは、2016年11月のことでした。階段で足を滑らせて、首を強打したのです。それから四六時中、頭が痛むようになりました。嘔吐こそしませんが、ひどい吐き気があり、特に夕方以降、頭痛がひどくなります。寝るときも痛み続け、痛みをこらえながら眠るような日々でした。【体験談】内村加奈子(仮名・51歳・造形作家)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)