MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
自分で治せる!突発性難聴の症状が「脳幹マッサージ」で軽快

自分で治せる!突発性難聴の症状が「脳幹マッサージ」で軽快

2003年末、Aさんは突然、右耳の聞こえが悪くなりました。常に「キーン」という耳鳴りがして、ほかの音が聞き取りにくくなったのです。病院で検査したところ、突発性難聴と診断されました。突発性難聴は、通常、左右どちらか一方の耳の聞こえが悪くなります。【症例報告】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長)

耳鼻科の治療でも回復せず

 2003年末、Aさんは突然、右耳の聞こえが悪くなりました。常に「キーン」という耳鳴りがして、ほかの音が聞き取りにくくなったのです。病院で検査したところ、突発性難聴と診断されました。 

 突発性難聴は、通常、左右どちらか一方の耳の聞こえが悪くなります。内耳(耳の最も内側にあたる部分で平衡聴覚器の中心)へのウイルス感染や、内耳の血液循環障害が発症原因として有力視されていますが、まだはっきりとはわかっていません。治癒が難しく、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病です。

 Aさんは、耳鼻科と脳神経外科で治療を受けたり、整体などを試したりしましたが、症状は改善しませんでした。あきらめかけた頃、雑誌で当院を知り、セルフケアのアドバイスを希望して受診されました。

片頭痛も消失

 初診時は、脳幹マッサージのやり方を覚えることも兼ねて、施術者がAさんに脳幹マッサージを行いました。すると、施術直後、これまで耳の中で響いていた音が半減し、耳の聞こえが顕著によくなりました。久しぶりに耳が聞こえるようになったAさんは、本当にうれしそうで、表情が別人のように明るくなりました。

 この経験がよほど強烈だったようで、首を温めるなどの脳幹マッサージを自宅で熱心に行うようになりました。1カ月に1回、施術者による脳幹マッサージを受けに診療所を訪れていましたが、普段はセルフケア単独での養生に励んでいました。

 毎日15分、就寝前に脳幹マッサージを続けたところ、2005年3月には、それまでたびたび起こっていた片頭痛が消失し、同年5月になると、耳鳴りも片頭痛も、ほとんど気にならない程度まで回復しました。

 脳幹マッサージの効果を実感したAさんは、「頸椎(首の部分の背骨)を手技で調整する脳幹療法も試してみたい」と、2005年10月、初めて脳幹療法を受けました。その1回の施術後、99%症状が消失。脳幹療法はこの1度きりで、その後はセルフケアを1日おきに15分行うことをアドバイスして、治療を終了しました。しばらくして近況を連絡してくれましたが、耳鳴りなどは再発していないということでした。

自律神経のバランスが整ったことが回復につながった(海風診療所院長・周南病院理事長 沼田光生)

 私は、突発性難聴の発症には、ストレスによる血流障害がかかわっていると考えています。ストレスは血管を収縮させる働きのある交感神経を刺激します。首を温めることで副交感神経を優位にすると、内耳の血流が回復して、その結果、耳鳴りや聞こえの悪さが解消したのだと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt