医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

自分で治せる!突発性難聴の症状が「脳幹マッサージ」で軽快

自分で治せる!突発性難聴の症状が「脳幹マッサージ」で軽快

2003年末、Aさんは突然、右耳の聞こえが悪くなりました。常に「キーン」という耳鳴りがして、ほかの音が聞き取りにくくなったのです。病院で検査したところ、突発性難聴と診断されました。突発性難聴は、通常、左右どちらか一方の耳の聞こえが悪くなります。【症例報告】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長)


耳鼻科の治療でも回復せず

 2003年末、Aさんは突然、右耳の聞こえが悪くなりました。常に「キーン」という耳鳴りがして、ほかの音が聞き取りにくくなったのです。病院で検査したところ、突発性難聴と診断されました。 

 突発性難聴は、通常、左右どちらか一方の耳の聞こえが悪くなります。内耳(耳の最も内側にあたる部分で平衡聴覚器の中心)へのウイルス感染や、内耳の血液循環障害が発症原因として有力視されていますが、まだはっきりとはわかっていません。治癒が難しく、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病です。

 Aさんは、耳鼻科と脳神経外科で治療を受けたり、整体などを試したりしましたが、症状は改善しませんでした。あきらめかけた頃、雑誌で当院を知り、セルフケアのアドバイスを希望して受診されました。

片頭痛も消失

 初診時は、脳幹マッサージのやり方を覚えることも兼ねて、施術者がAさんに脳幹マッサージを行いました。すると、施術直後、これまで耳の中で響いていた音が半減し、耳の聞こえが顕著によくなりました。久しぶりに耳が聞こえるようになったAさんは、本当にうれしそうで、表情が別人のように明るくなりました。

 この経験がよほど強烈だったようで、首を温めるなどの脳幹マッサージを自宅で熱心に行うようになりました。1カ月に1回、施術者による脳幹マッサージを受けに診療所を訪れていましたが、普段はセルフケア単独での養生に励んでいました。

 毎日15分、就寝前に脳幹マッサージを続けたところ、2005年3月には、それまでたびたび起こっていた片頭痛が消失し、同年5月になると、耳鳴りも片頭痛も、ほとんど気にならない程度まで回復しました。

 脳幹マッサージの効果を実感したAさんは、「頸椎(首の部分の背骨)を手技で調整する脳幹療法も試してみたい」と、2005年10月、初めて脳幹療法を受けました。その1回の施術後、99%症状が消失。脳幹療法はこの1度きりで、その後はセルフケアを1日おきに15分行うことをアドバイスして、治療を終了しました。しばらくして近況を連絡してくれましたが、耳鳴りなどは再発していないということでした。

自律神経のバランスが整ったことが回復につながった(海風診療所院長・周南病院理事長 沼田光生)

 私は、突発性難聴の発症には、ストレスによる血流障害がかかわっていると考えています。ストレスは血管を収縮させる働きのある交感神経を刺激します。首を温めることで副交感神経を優位にすると、内耳の血流が回復して、その結果、耳鳴りや聞こえの悪さが解消したのだと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

辛い、悲しい時に。自律神経を整えてストレスを解消する「手振り瞑想」のやり方

念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)


自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

私は脳外科医として、西洋医療の範疇にとどまらず、あらゆるジャンルの効果のある療法を取り入れています。こうした、さまざまな療法を融合した医療を、「統合医療」といいます。私は「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)を手術と並行して、ご家族に勧めています。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

人間の脳の機能は、大まかに分けて三層の構造からなっています。一層目は「生命脳」、二層目は「動物脳」、三層目を「人間脳」と呼びます。ストレスを受けると、自らを守ろうとして動物脳が反射的に作動するのです。そして動物脳が暴走すると、脳の働きにさまざまな不具合が生じてしまうのです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


日焼け対策は夏だけではダメ「目から入る紫外線」が脳疲労の原因に!

日焼け対策は夏だけではダメ「目から入る紫外線」が脳疲労の原因に!

目から紫外線が入ると、角膜で活性酸素が大量に発生し、炎症が起こります。紫外線は、人にとって細胞のDNAを書き換えてしまう大敵です。「日焼け」という生体反応のとき、脳は紫外線に対して戦闘態勢を取っています。すると自律神経の処理が増え、激しい疲れを感じるのです。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)