MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ノジェの耳介療法】ひざ痛によく効く特効ツボは「耳」にある

【ノジェの耳介療法】ひざ痛によく効く特効ツボは「耳」にある

西洋医学以外の手法を実践するなかで、私が最も興味を引かれたのが「耳介医学」です。耳のツボを刺激し、全身の症状を治す手法で、フランスの整形外科医ポール・ノジェが1956年に発見し、体系化しました。【解説】吉田宗平(関西医療大学学長・保健看護学部教授)

フランスの整形外科医が発見、体系化した療法

 私の専門は、神経内科です。筋萎縮性側索硬化症(ALS)を研究したことがきっかけで、東洋医学に興味を持ちました。
 ALSは、西洋医学では原因がわからず、治療法もありません。そのため、ALSをはじめ、いろいろな神経疾患の治療にも鍼灸を活用し、しびれやマヒ、硬直、ふるえなどの改善に役立ててきました。

 西洋医学以外の手法を実践するなかで、私が最も興味を引かれたのが「耳介医学」です。耳のツボを刺激し、全身の症状を治す手法で、フランスの整形外科医ポール・ノジェが1956年に発見し、体系化しました。
 ノジェは1951年、耳を焼く民間療法で、座骨神経痛を改善した患者と出会います。中国の鍼灸理論を学んでいたノジェは、この症例から耳への刺激という発想を得て、耳介医学の研究をスタートさせたのです。

 ノジェは、病状のある体の部位に対応する耳のポイントを刺激すると、脈拍が変化することも突き止めました。
 ひざ痛の人の場合、耳のある場所を刺激すると、脈が遅くなります。腰痛の人は、別の場所を刺激することで、脈が遅くなるのです。こうして、脈の変化を用いて治療点を抽出し、完成したのが「耳介医学地図」です。

 そして、1956年、「対応する耳のポイントへの刺激で、体の症状が改善する」という耳介医学を確立し、発表しました。
 ノジェの耳介地図と、ひざ痛に効く耳のポイントを示したので、ご覧ください。

 自己療法の場合、位置を厳密に特定する必要はありません。ポイントの周辺を触ってみて、かたかったり、冷たかったりするところを、両耳とも指先で1分ほどもみほぐしてください。 耳への刺激は、1日何度行ってもけっこうです。ただし、やり過ぎは禁物。耳の皮膚は薄いので、傷つく危険性があります。爪を短く切り、力を入れ過ぎず、頻繁に刺激し過ぎないようにしてください。 
 また、耳に傷や湿疹、かぶれ、腫れ、吹き出物などがあるときは、刺激するのを控えましょう。

ひざ痛に効く耳の治療地図

ノジェの治療地図はかなり正確

 ノジェの耳介医学は、その後、中国に逆輸入され、日本、台湾、ロシアと世界に広がり、発展していきました。
 私はこれまでの臨床経験から、ノジェの治療地図は、かなり正確であると実感しています。

 私が、耳介医学に力を入れるきっかけとなったのは、約14年前に診察したAさんでした。70歳の女性で、顔の左側がけいれんし、左目はほとんど閉じた状態でした。
 私はAさんに、左の耳たぶを指で1分間もむように指示しました。耳たぶは、ノジェの治療地図によると、顔面に対応する場所だからです。
 すると、しだいに左目が開いてきて、けいれんも止まったのです。マッサージ終了後も、5分間ほどその状態が続きました。何度か試したところ、そのつど同じ効果がありました。

 私は、耳たぶに鍼を入れたままにする皮内鍼を用いて、Aさんの経過を観察しました。その結果、半年後から、けいれんが急激に軽快し、2年半で症状が消えたのです。 
 その後、2例め、3例めと、耳たぶへの刺激で半側顔面けいれんが改善する患者さんが続きました。同じことが3度続くと、これはもはや偶然とはいえません。
 私はその後、何人もの患者さんに耳介治療を試みました。両目が開かなくなる眼瞼けいれんが改善した人もいます。

変形性膝関節症に効果を確認

 そのほか、パーキンソン病に伴うひざ痛にも、効果が確認できました。私は神経内科の医師なので、今のところ、パーキンソン病に伴うひざ痛の例しかありませんが、変形性ひざ関節症や、疲労やケガの後遺症による慢性のひざ痛にも、耳介治療は効果を期待できるでしょう。

 耳への刺激が、なぜこのような効果をもたらすのか、その理由は解明されていません。
 しかし、神経の分布や支配領域を見ると、納得できることも多いのです。
 12本ある脳神経のうち、三叉神経、迷走神経、顔面・舌咽神経の3本は、耳に通じています。さらに、首の骨から出ている神経も、耳につながっているのです。これらの神経は、体の各部位からの神経といっしょになって、脳へ上ります。
 ですから、耳を刺激することで神経が反応し、体のさまざまな部位に効果をもたらすことは、十分考えられるのです。
 実際、ノジェによる耳介の反射区を刺激すると、それに相応する場合に反応が出ます。

 こんな実験を行いました。耳にある「足先の反射区」に鍼を打ち、体表の温度変化を見たのです。すると、15分後、明らかに足先の温度が上昇しました。
 また、腰痛持ちの人の耳に、金属の粒を貼って刺激を与える実験も行いました。貼る場所は、腰の反射区です。すると、腰の血流量が増加したのです。
 さらに、脳出血の後遺症で右手がマヒしていた人の例もあります。耳にある「手の反射区」を刺激したところ、手がよく動くようになりました。
 これらの実験結果を見ると、耳にある「ひざの反射区」を刺激することで、ひざ周辺の血流や神経の流れが改善することは、十分考えられるのです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長)
更新: 2019-05-29 18:00:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt