MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【トマトの栄養リコピンの効能】ガン予防にダイエットに 8つの健康効果まとめ

【トマトの栄養リコピンの効能】ガン予防にダイエットに 8つの健康効果まとめ

真っ赤なトマト。赤さのもとは、いくつもの健康効果で注目されている色素成分リコピンです。イタリアのガン研究所が行った調査では、トマトを1週間に7個以上食べている人は、2個以下の人に比べて、消化器系のガンの危険率が約6割までへったというデータがあります。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科教授)

トマトのリコピンは糖尿病の食後血糖値を緩やかにする働き

 思わず食欲をそそられる、真っ赤なトマト。トマト好きにはたまらない、その赤さのもとは、いくつもの健康効果で注目されている色素成分リコピンです。

 例えば、イタリアのガン研究所が行った調査では、トマトを1週間に7個以上食べている人は、2個以下の人に比べて、消化器系のガンの危険率が約6割までへったというデータがあります。

 そうしたガン予防の主役と思われるのが、リコピンなのです。野菜のあらゆる成分のなかで、リコピンは、活性酸素(特に一重項酸素)を消す働き、いわゆる抗酸化作用が特に高いことがわかっているからです。最新の実験では、β—カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上の抗酸化力があると報告されています。

 活性酸素は、細胞を傷つけ、生活習慣病や老化の原因を作る物質といわれています。血液中のLDL—コレステロールは、活性酸素と結びついて酸化すると、悪玉コレステロールと呼ばれる過酸化脂質に変わります。酸化した脂質とは、つまりは古くなった油です。それが血管にこびりつくと動脈硬化になり、高血圧や、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。

 ところが、リコピンをとれば、いちはやくリコピンが活性酸素を消去することで、過酸化脂質の発生をおさえてくれます。実際、週2回20分ずつの運動に加えて、毎日トマトジュースを飲んだ人たちは、2ヵ月後には高血圧がハッキリと改善し、運動だけの人たちの血圧には変化がなかったという報告もあります。

 また、トマトソースには、リコピン以外にクエン酸や、食物繊維が含まれており、糖の吸収を穏やかにする作用が知られています。うまく食事に利用すると、食後の血糖値の上昇を穏やかにすることが期待でき、インスリンの節約や、糖尿病の悪化を防ぐ可能性があります。

 トマトは、シミやシワでお悩みのかたにも、うってつけの食品です。肌の老化には自然老化と光老化とがあります。光老化は、紫外線などによって肌に活性酸素が生じて起こります。シミやシワの発生原因の80%は、光老化が占めるといいますから、紫外線対策は重要です。

 肌の表面に生じたメラニン色素がシミになることは、よく知られていますが、それこそが紫外線の仕業です。また、紫外線は肌の内側までも浸透して、コラーゲンの層を破壊し、シワができやすくします。そこで、リコピンの出番です。

 リコピンは、肌・皮膚に蓄積されるので、まるで紫外線対策をとるために、肌で待機しているようなものです。そうしてリコピンは、メラニンの生成をおさえてシミを防ぎます。そして、コラーゲンが減少するのを抑制しながら、コラーゲンを増加させる働きも発揮して、シワを撃退してくれる可能性があるのです。

トマトの驚きの健康効果

トマトパワー① 高血圧への効果

トマトに含まれるリコピンが、活性酸素を消去して血液中のLDL-コレステロールの酸化を防ぎます。血液をサラサラに、血管をしなやかで丈夫にし、高血圧や動脈硬化を防いでくれる可能性があります。

トマトパワー② 血糖値への効果

トマトに含まれるクエン酸や食物繊維が、食後の血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。糖尿病の予防が期待できるでしょう。

トマトパワー③ ガン予防への効果

トマトに含まれるリコピンは、強い抗酸化力を備えています。それらが、活性酸素を消去して、細胞の遺伝子の変異を抑制し、ガン化するのを防いでくれる可能性があります。

トマトパワー④ シミ・シワ・便秘への効果

紫外線によって皮膚の表面に発生する活性酸素を、トマトのリコピンが消去し、シミやシワ、ソバカスの予防に役立つことが期待できます。さらに、食物繊維が腸内環境を整えて、便秘を防いでくれます。

トマトパワー⑤ 免疫力を高める効果

リコピンの持つ強い抗酸化力が、体の細胞やDNAの破壊・損傷を防ぐことが期待できます。さらに、体の免疫を担う細胞を活性化し、免疫力を高めて病気になりにくい体にしてくれます。

トマトパワー⑥ ダイエットへの効果

トマトに含まれるペクチンという水溶性の食物繊維が、体の余分な脂肪を体外へと排出してくれます。

トマトパワー⑦ 喘息への効果

ぜんそく患者の血清リコピンの濃度は、健康なかたに比べて低い場合が多く、リコピン量とぜんそく症状とは、相関関係があると考えられます。トマトのリコピンが、体内の足りないリコピンを補ってくれます。

トマトパワー⑧ 不妊症(男性不妊)への効果

トマトのリコピンには、強い抗酸化作用があります。リコピンが精巣の中の活性酸素を消去し、精子によい効果をもたらす可能性があると考えられます。

トマトには注目の色素成分リコピンが豊富

解説者のプロフィール

稲熊隆博
1952年、大阪府生まれ。同志社大学大学院工学研究科博士課程修了後、カゴメ株式会社に入社。カゴメ(株)総合研究所主席研究員を経て、現職。農学博士、技術士。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt