【ふくらはぎマッサージの効果】高血圧や不眠症の改善に 老廃物を下から上へ流すこと

【ふくらはぎマッサージの効果】高血圧や不眠症の改善に 老廃物を下から上へ流すこと

私たちが健康な毎日を送るのに欠かせないのが、スムーズな血液の流れです。血液は、摂取した栄養と酸素を動脈によって全身の細胞へと運び、老廃物や有害物質を静脈によって細胞から回収する働きをしています。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


もんで痛みを感じなくなれば、血流改善のサイン

自己治癒力を高めるための大きな柱

 私たちが健康な毎日を送るのに欠かせないのが、スムーズな血液の流れです。
 血液は、摂取した栄養と酸素を動脈によって全身の細胞へと運び、老廃物や有害物質を静脈によって細胞から回収する働きをしています。
 ですから、血液の流れが滞ると、細胞がうまく機能せず、自己治癒力(免疫力)が低下して、さまざまな病気が起こりやすくなるのです。

 実際、多くのガン患者は、血行が悪くなっています。
 私が健康指導を行っている老人ホームには、ひざから下にむくみのある高齢者が数多く見受けられます。
 これも、ほとんどは血流の悪化によるものです。

 ただでさえ、血液(体液)は、重力で下半身にたまりやすいのに、加齢によって静脈還流(血液が心臓へ戻ること)がさらに悪くなれば、当然、血液循環が滞りがちになります。
 実際、高齢者のふくらはぎをさわると、筋肉がへっていて、弾力のない人が多いのがわかります。
 足(下肢)の血液は、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たすことで、心臓へと戻ります。筋肉がへっているということは、それだけ血液が循環しにくく、むくみや冷えが起こりやすくなっているのです。

 それだけではありません。ふくらはぎの筋肉がへり、血流が滞ると、ガンを引き起こす怖れがあるのです。
 私は、「ガンを治すには、自助努力によって自己治癒力を高めることが不可欠」との考えから、「セルフ治療」を提唱しています。セルフ治療の中で、メンタル、食事と並ぶ、3本柱の一つが運動です。
 これは、血行が悪くなっているガン患者が、全身の血流をよくするために行います。
 ただ、運動といっても、きついものだとなかなか続けられません。高齢者の場合、歩くことすら、ままならないかたも多いでしょう。

 そこで、私がお勧めするのが「ふくらはぎマッサージ」です。
 血液が滞りやすいふくらはぎを手でもむことによって、直接、血管に働きかけられます。すると、滞った血液を心臓に押し戻すことができるのです。
 しかも、ふくらはぎは体積が大きいため、この部分の詰まりを取って、血液がスムーズに流れれば、効率よく全身に血液が循環します。
 そしてなにより、だれでも簡単にできるのがよい点です。

便秘改善などのデトックスにも有効

 ふくらはぎマッサージは、足首からひざ裏に向かって、両手の指でゆっくりもみ上げていきます。少し痛気持ちいいぐらいの強さで、血液を下から上へ流す感じで、ふくらはぎ全体をマッサージしましょう。

 私は、1日10〜20分を目安に、毎日行うことをお勧めしています。おふろに入ったときに湯ぶねの中や、おふろ上がりに行いましょう。
 また、寝るときに足の位置を心臓と平行、または少し高くすると、血流が滞りにくくなります。

 ふくらはぎマッサージを実際に行った人は、体温が上がり、血行が改善していることが確認できています。
 なかには、免疫力の指標である白血球中のリンパ球の数値が上がった人もいました。東洋医学では、血液の流れと気(生命エネルギーの一種)の流れは連動すると考えられているので、その相乗効果で免疫力が高まったのかもしれません。
「気持ちがいい」「体がポカポカする」という声も多く、足のむくみや冷えが改善した人、血圧が下がり降圧剤が不要になった人、寝つきがよくなったという人もいました。

 そのほか、利尿作用や、便秘改善などのデトックス効果も期待できます。もちろん、筋肉を刺激することで、ふくらはぎの筋力自体も高まるはずです。
 初めは、かたくて痛かったふくらはぎも、もみ続けているうちに、やわらかくなり、痛みも感じなくなります。それが、血流が改善しているサインといえます。
 体に不調があるかたは、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

岡本 裕
1957年、大阪市生まれ。医学博士。大阪大学大学院修了後、大学病院、市中病院などに勤務。2001年に、主にガン患者を中心に、有用な情報を発信し続けるウェブサイト「e-クリニック」をスタート。編著に『免疫を高めるとガンが自然に治る』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


不眠症 高血圧 免疫

関連する投稿


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)