MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【血管年齢が若返る】動脈硬化の症状が改善する

【血管年齢が若返る】動脈硬化の症状が改善する"ふくらはぎマッサージ"のやり方

血液は体内で絶えず循環し、私たちが生きていくうえで重要な働きをしています。心臓から送り出された血液は、動脈によって栄養分と酸素が体の隅々に運ばれます。体の隅々に栄養分と酸素が行き渡ると、静脈によって老廃物などが回収され、血液は心臓に戻ります。【解説】高沢謙二(東京医科大学循環器内科教授)

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、全身の血流を促す

ふくらはぎは特に血流が滞りやすい

 血液は体内で絶えず循環し、私たちが生きていくうえで重要な働きをしています。

 心臓から送り出された血液は、動脈によって栄養分と酸素が体の隅々に運ばれます。体の隅々に栄養分と酸素が行き渡ると、静脈によって老廃物などが回収され、血液は心臓に戻ります。
 この一連の働きによって、私たちの体は正常に機能し、健康が保たれているのです。

 しかし、この全身の血流が悪化すると、私たちの健康は阻害されます。その要因としてあげられるのが、不摂生な生活習慣や加齢です。

 血流が悪化すると、動脈はしだいに伸縮性や弾力性を失っていきます。これによって動脈壁が厚くかたくなり、血管の内腔がだんだん狭くなる状態を動脈硬化といいます。

 この動脈硬化の度合を知る指標の一つとして、最近注目されているのが、「血管年齢」です。これを調べると、動脈のかたさなどの血管の状態がわかります。

 大きな病院に行けば、専用の検査装置で、自分の血管年齢を調べることができます。調べてみて、自分の血管年齢が実年齢よりも20歳以上も高かったら、動脈硬化がかなり進行しているおそれがあります。そして、血圧も高くなりやすいのです。 

 血流の悪化をもたらすのは、それだけではありません。足の末端で、静脈血は重力に逆らって心臓に戻らなくてはなりません。そのため、足では特に血流が滞りやすく、全身の血液循環の悪化を招くのです。

 そして、全身の血流に大切な役割をしているのが、ふくらはぎです。そのため、ふくらはぎは昔から、「第二の心臓」と呼ばれてきました。

全身の血流が円滑になり血管が若返る!

 ふくらはぎの重要性は、ふくらはぎにある静脈弁からも知ることができます。
 血管の弁は、動脈にはなく、静脈にだけあるものです。しかも、すべての静脈にあるわけではありません。弁は限られた静脈にだけあり、その数少ない中の一つが、ふくらはぎにあるのです。

 ふくらはぎの筋肉には、腓腹筋とヒラメ筋の二種類があります。 足先から心臓へ戻る静脈は、この二つの筋肉にはさまれ、この部分の静脈に、「ハ」の字の形をした静脈弁がついています。血液がハの字を下から上へ通ると、ハの字の弁がふたとなり、通過した血液が逆流しないようになっているのです。

 例えば、歩く際、かかとを上げると、ふくらはぎの筋肉が圧迫されて、静脈がせばまります。 
 次に、かかとを下ろすと、ふくらはぎの静脈の圧迫が解け、静脈は拡張します。歩くとこれがくり返され、ふくらはぎがちょうどポンプの働きをします。その結果、静脈血は下から上へ押し上げられ、心臓へスムーズに戻るのです。

 これと同じ効果が期待できるのが、ふくらはぎマッサージです。
 血管を若返らせる方法として、生活習慣を見直して、喫煙をしているかたならただちに禁煙したり、バランスのよい食事を取ったり、適度な運動を定期的にしたりすることは、もちろん大切です。

湯ぶねの中でふくらはぎマッサージをすると、より効果的

 そのほかに、ふだんからできる方法として、私はふくらはぎマッサージをお勧めしています。
 ふくらはぎマッサージによる刺激で、全身の血液循環が円滑になれば、動脈硬化や高血圧が予防・改善でき、血管を若返らせる大きな力となるでしょう。
 もちろん、それ以外のさまざまな病気の予防や改善に役立つことはいうまでもありません。

 ちなみに、ふくらはぎをもむ際は下から上へもんでも、上から下へもんでもかまいません。ふくらはぎに静脈弁があるので、血液が逆流しないようになっているからです。マッサージによる刺激は上から下へでも、下から上へでも、血液を心臓へ戻す作用をもたらします。

 また、入浴中は全身の血行がよくなっているので、湯ぶねの中でふくらはぎマッサージをすると、より効果的でしょう。
 ふくらはぎマッサージ以外には、立った姿勢のまま、かかとを上げ下げする運動や、あおむけに寝た姿勢で、つま先を自分の顔の方向へ反らせるトレーニングもお勧めします。

解説者のプロフィール

高沢謙二
東京医科大学循環器内科教授。医学博士。東京医科大学卒業後、同大学大学院修了。日本循環器学会評議員。日本高血圧学会会員。日本動脈硬化学会会員。加速度脈波の波形解析による血管年齢を発案し、世界的に注目される。著書に『血管が若返る本』、監修に『100歳まで切れない詰まらないタフな血管をつくる!』(以上、マキノ出版)など多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。以来、何度かテレビで紹介されているのでご存じのかたもいらっしゃるでしょう。血圧は肥満と相関関係があり、インターバル速歩は高血圧も肥満も同時に解消してくれます。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科特任教授)
更新: 2019-05-04 18:00:00
大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)
更新: 2018-10-30 12:00:00
思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)
更新: 2018-10-08 07:00:00
画期的な方法が、ここで紹介する「タオル握り」です。これは、フェイスタオルを巻いて、手で軽く握ったり、ゆるめたりする方法です。手足の血行が促されると、血管がしなやかに保たれ、高血圧の予防・改善になります。【解説】久代登志男(日野原記念クリニック(聖路加国際病院連携施設)所長・鬼倉循環器内科クリニック名誉院長)
更新: 2018-09-29 18:00:00
体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)
更新: 2018-09-12 20:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt