MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

健康な人のふくらはぎは、つきたてのおもちのように、温かくてやわらかく、弾力があります。一方、体に何らかの不調がある人は、それがさまざまな形で、ふくらはぎの状態に現れることがしばしばあります。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法 タオ テクニカルアドバイザー)

医師の石川洋一先生(故人)が考案されたふくらはぎマッサージ

高血圧だとカツオ節のようにかたい!

 ふくらはぎマッサージは、多くの健康効果が期待できる優れた方法です。今回ご紹介するふくらはぎマッサージは、医師の石川洋一先生(故人)が考案されたものです。
 石川先生は、ふくらはぎの状態で、人の体調はある程度推し量れると考えていました。

 健康な人のふくらはぎは、つきたてのおもちのように、温かくてやわらかく、弾力があります。
 一方、体に何らかの不調がある人は、それがさまざまな形で、ふくらはぎの状態に現れることがしばしばあります。
 その状態を見極めるポイントは、ふくらはぎの筋肉の「温度」、「かたさ」、「弾力」の三つです。これらのポイントから、ふくらはぎの状態はおおまかに五つのタイプに分けられます。

 第一が、ふくらはぎは温かく、筋肉はコチコチにかたくなっている場合です。
 これは、高血圧の人によく見られる状態です。高血圧が悪化すると、ふくらはぎがまるでカツオ節のようにかたくなっていることがあります。

 第二が、ふくらはぎは温かく、筋肉はやわらかいものの、張りがある場合です。
 これは、体内に急性の炎症が起こっている状態を現しています。例えば、カゼをひくと、ふくらはぎがこの状態になりやすいのです。

 第三が、ふくらはぎは冷たく、筋肉はかたくなっている場合です。
 これは、冷え症や婦人科疾患に悩む人に、よく見られる状態です。自律神経失調症による、さまざまな不定愁訴に悩んでいるかたも、これに該当します。

 第四が、ふくらはぎは冷たく、筋肉はやわらかい場合です。
 これは、糖尿病の人によく見られる状態です。糖尿病が悪化すると、ふくらはぎがさらにフニャフニャになり、血色も土気色になってきます。

 第五が、ふくらはぎは冷たく、筋肉はやわらかく、弾力は全くない場合です。
 これは、腎臓病の人によく見られる状態です。

 もちろん、ふくらはぎの状態だけで、病気を正確に断定できませんが、自分の体調を判断する一つの目安になります。
 ふくらはぎマッサージで効果が期待できるものとしては、高血圧、糖尿病、冷え症、自律神経失調症、肩こり、便秘、不眠、むくみ、腰痛、ひざ痛、肌荒れなど、数多くの症状が挙げられます。

症状別にふくらはぎの状態がある

肺気腫が改善した!股関節痛が消えた!

 全身を流れる血液の70%は、下半身に集まっています。
 この血液を心臓へと押し戻すポンプの役目をしているのが、ふくらはぎの筋肉です。そのため、ふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれています。

 ふくらはぎマッサージを行うと血流が大きく促され、それが多くの健康効果につながるのです。
 私が代表を務める整骨院やデイサービスでは、ふくらはぎマッサージを施術の大きな柱として取り入れています。そして、患者さんたちにも、自分で行ってもらうことで、大きな成果を上げているのです。

 その症例の一部をご紹介します。
 74歳の女性は、高血圧で降圧剤を飲んでいました。
 薬で最大血圧を下げることはできましたが、最小血圧が下がらず困っていました。それが、ふくらはぎマッサージを始めて1ヵ月ほどで、110mmHg台後半だった最小血圧が、80mmHgまで下がったのです(基準値は、最大血圧が140mmHg未満、最小血圧が90mmHg未満)。  

 長年、糖尿病に悩んでいた78歳の男性は、投薬治療を続けていましたが、治療効果がなく、手足のしびれにも悩まされていました。ふくらはぎマッサージを始めたことで、糖尿病の数値もしびれも大幅に改善したのです。

 また、別の78歳の男性は、脳卒中で片マヒになり、リハビリをしていました。
 ふくらはぎマッサージを取り入れたところ、介護レベルが5から3に改善。寝たきりで常に体に力が入っていたのが、今では、自転車に乗れるほど元気になっています。

 ほかにも、「代謝がよくなって、肌がきれいになった」「高齢でなかなか妊娠しなかったのが、子宝に恵まれた」「肺気腫で息切れしていたのが改善した」「傷の治りが早くなった」「ひざから下が骨と皮だけのような状態だったのが、筋肉がついた」「股関節の痛みが消えた」など、多くの人がさまざまな効果を上げています。

ふくらはぎ内側のマッサージのやり方

ふくらはぎ外側と中央のマッサージのやり方

ふくらはぎマッサージは、どなたにも簡単にできる健康法

 では、ふくらはぎマッサージのやり方をご説明します。

 床にあぐらをかいた状態か、いすに腰をかけた状態で行います。
❶ ふくらはぎ全体を、アキレス腱からひざ裏に向かって、両手でまんべんなくもみ(さすり)ます。
❷ ふくらはぎを「内側」「アキレス腱〜中央」「外側」の三つに分けます。三つのうち、症状に対応している箇所を重点的にもみましょう。

 中央は、アキレス腱のライン上を、ひざの裏までまっすぐもんで(さすって)いきます。
 内側と外側は、ふくらはぎ上部の二つに分かれている筋肉(腓腹筋)を、それぞれもむ(さする)ようにしてください。

 片方の足に1日2〜3分を目安に、「痛気持ちいい」と感じる強さでもみます。両足で、少なくても1日5分はもみましょう。

 ふくらはぎマッサージはいつ行ってもかまいません。お勧めは、体が温まっている入浴中や入浴後です。マッサージの後には、必ずコップ1杯の水を飲んでください。

 ふくらはぎが温かくてやわらかく、ほどよく弾力のある状態を効果の目安にしてください。(ふくらはぎの「内側」「アキレス腱〜中央」「外側」に対応する症状は、図参照)。

 ちなみに、静脈瘤(静脈の一部がふくれているもの)の場合、初期であれば、さする程度なら行ってもかまいません。また、脳梗塞の場合も、足の血流がよくなるので、ふくらはぎマッサージによる改善効果が期待できるでしょう。

 ただし、脳出血を起こしている場合や、ふくらはぎに傷がある場合、そして、足の手術をして1ヵ月程度の場合は、必ず医師と相談のうえ、行ってください。

 ふくらはぎマッサージは、どなたにも簡単にできる健康法です。ぜひ、そのすばらしい効果を実感してみてください。

解説者のプロフィール

丸山眞砂夫
1973年生まれ。柔道整復師。2007年、明治東洋医学院専門学校卒業。11年、株式会社タオ代表取締役、日本ふくらはぎセラピスト協会会長に就任。高血圧、糖尿病、脳梗塞や、腰痛、ひざ痛など、あらゆる症状を持つかたの施術をしながら、雑誌、テレビの監修を行う。後進の育成にも注力している。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。以来、何度かテレビで紹介されているのでご存じのかたもいらっしゃるでしょう。血圧は肥満と相関関係があり、インターバル速歩は高血圧も肥満も同時に解消してくれます。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科特任教授)
更新: 2019-05-04 18:00:00
大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)
更新: 2018-10-30 12:00:00
思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)
更新: 2018-10-08 07:00:00
画期的な方法が、ここで紹介する「タオル握り」です。これは、フェイスタオルを巻いて、手で軽く握ったり、ゆるめたりする方法です。手足の血行が促されると、血管がしなやかに保たれ、高血圧の予防・改善になります。【解説】久代登志男(日野原記念クリニック(聖路加国際病院連携施設)所長・鬼倉循環器内科クリニック名誉院長)
更新: 2018-09-29 18:00:00
体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)
更新: 2018-09-12 20:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt