「ふくらはぎ」は冷えに対して鈍感?温めるだけでひざや腰の痛みが消える理由

「ふくらはぎ」は冷えに対して鈍感?温めるだけでひざや腰の痛みが消える理由

ふくらはぎは、冷えに対して鈍感な部位です。試しに、氷を太ももとふくらはぎに当ててみてください。ほとんどの人が悲鳴を上げますが、ふくらはぎは意外と平気です。10秒くらいなら、我慢できるのではないでしょうか。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


ふくらはぎは太ももより1.75度も冷えている

 ふくらはぎは、冷えに対して鈍感な部位です。試しに、氷を太ももとふくらはぎに当ててみてください。ほとんどの人が悲鳴を上げますが、ふくらはぎは意外と平気です。10秒くらいなら、我慢できるのではないでしょうか。

 なぜこんな違いが出るのかといえば、ふだん冷たい外気にさらされているふくらはぎは、冷えに対して耐性があるからです。

 名古屋市立大学の研究によると、高齢者のふくらはぎの温度は、太ももより平均1・75度も低かったそうです。高齢者は筋肉が少ないうえにあまり歩かないので、よけいにふくらはぎが冷えて、リンパや血液が滞りやすくなっているのです。
 このふくらはぎを効率的に温めるために、私は次のような方法を皆さんに勧めています。

① サポーターで温める

 ひざ下からくるぶしまでを覆うサポーターやレッグウォーマーで、ふくらはぎを温めます。できれば、密着性があり、かつ締めつけ感のないものを選んでください。
 これらを入浴のとき以外、1日じゅうつけていると、ふくらはぎが冷えません。夜、装着して寝ると、不眠や夜間頻尿、こむら返りなどを防げます。

② カイロでツボを温める

 ふくらはぎには、重要なツボが集まっています。その中で、特に温めたいのが、三陰交と懸鍾というツボです。
 三陰交は、冷えや足のむくみ、月経障害、更年期障害などに効く万能ツボで、内くるぶしから指幅4本分(約9㎝)上にあります。懸鍾は、脳や血液に関係するツボで、高血圧に効果があります。外くるぶしから指幅4本分上にあります。

 この位置からわかるように、2つのツボは表裏一体の関係にあり、相乗的に働きます。ここに小さいサイズの使い捨てカイロを、足をはさむように貼ります。靴下などの上から貼って、低温ヤケドをしないように注意してください。その上にもう1枚靴下を重ねばきすると、カイロがずれにくくなります。

③ 腰湯で温める

 浴槽に熱めのお湯(42度くらい)を張り、小さないすなどを置いて腰までつかります。10〜15分、じっくり腰から下を温めてください。肩が冷えるときは、タオルなどをかけるといいでしょう。最後に、肩までしっかり1〜2分つかって出てください。

ひどい乾燥肌が改善し肌のキメが細かくなった

 こうしてふくらはぎを温めると、さまざまな症状が改善します。ここで、実際の体験例を2例ご紹介しましょう。

 Kさん(55歳・女性)は、全身の冷えやむくみがひどくて来院されました。サポーターをつけて左右のふくらはぎを温めるようにしたところ、すぐに冷えもむくみも軽減。
 半年ほどで体重が9㎏へり、おなかや足もスッキリしました。また、薬を飲んでも下がらなかった最小血圧が、110㎜Hgから98㎜Hgまで下がりました(基準値は90㎜Hg未満)。

 もう一人は、長年のバレーボールの練習でひざと腰を痛めたSさん(63歳・女性)です。Sさんにも、サポーターを勧めました。
 Sさんは35.7度と体温が低かったのですが、ふくらはぎを温め始めたら、36.4度に上がり、ひざと腰の痛みも徐々に消失。
 冬場にひどかった乾燥肌が改善して、肌のキメも細かくなったと喜んでいました。

 このようにふくらはぎを温めると、思いがけない効果までもたらされます。ふくらはぎが、全身の健康につながっていることを実感できるでしょう。

関 博和
1964年、長野県生まれ。
85年、柔道整復師免許取得。92年に開業し、現在に至る。健康管理士一般指導員。介護予防運動指導員。著書に、『「ふくらはぎを温めるだけ」で全身健康になる!』『病気になりたくなければふくらはぎを温めなさい』(ともに講談社)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ふくらはぎ 冷え性

関連する投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)


坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

自宅から娘のところへは、車で3時間ほどかかります。困るのは、運転中、頻繁に尿意を催すことでした。店を閉めた3年ほど前から、トイレが近くなってきたのです。 利尿作用のあるコーヒーを飲まないようにしたり、家を出る前に何度もトイレに行ったりしましたが、頻尿が改善することはありませんでした。【体験談】德田玲子(70歳・自営業)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )