MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

不妊治療を得意とする私の鍼灸院では、患者さんの大半が女性です。不妊のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫といった婦人科疾患の患者さんも多数いらっしゃいます。これらの病気は、冷えや血流の低下と、深くかかわっています。【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)

効率よくおなかを温める方法が、ふくらはぎを温めること

ふくらはぎが冷たい人は血管が詰まりやすい

 不妊治療を得意とする私の鍼灸院では、患者さんの大半が女性です。不妊のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫といった婦人科疾患の患者さんも多数いらっしゃいます。

 これらの病気は、冷えや血流の低下と、深くかかわっています。おなかが冷えて血流が悪くなると、卵巣や子宮の機能が低下してしまうからです。

 卵巣は、子宮の左右についている親指の頭ほどの臓器です。ここから女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が分泌され、月経周期がつくられます。おなかが冷えて卵巣機能が低下すると、生理痛がひどくなったり、女性ホルモンの分泌が低下して更年期障害のような症状が出たりするのです。

 また、子宮が冷えると、血栓を溶かす酵素が働きにくくなり、血液の塊ができやすくなります。さらに、血流が低下すると、子宮筋腫もできやすくなるのです。

 ですから、おなかを温めることはとても大事です。しかし、それよりも、もっと効率よくおなかを温める方法が、ふくらはぎを温めることです。

 ふくらはぎとおなかの関係がピンと来ないかもしれませんが、この二つは密接につながっています。

 ふくらはぎの奥には、後脛骨動脈と足背動脈という太い動脈が通っています。心臓から押し出された血液は、これらの動脈を通って細胞に酸素や栄養を届けたあと、老廃物を回収して静脈に入り、心臓に戻ります。

 しかし、ふくらはぎが冷えると、これらの血管が詰まりやすくなり、流れが悪くなります。おなかにも血液が巡りにくくなって、卵巣や子宮が冷えてしまうのです。

 足の血流は歩くことでも改善しますが、筋肉の少ない人や、あまり歩けない人は、まず、ふくらはぎを温めてください。

 ふくらはぎを温めると、動脈や静脈の血管が開き、血液量がふえて、流れがよくなります。さらに、自律神経のうちの、リラックス時によく働く副交感神経が優位になり、全身の血管が開きやすくなります。

 もう一つのメリットは、温められた血液が全身を巡れば、おなかを内側から温められることです。
 このように末端の詰まりをなくし、血流をよくすると、おなかの血流が改善し、子宮や卵巣をしっかり温めることができるのです。

自律神経が調整されストレス性の症状緩和

 東洋医学の観点からいっても、ふくらはぎを温めることは大事です。ふくらはぎには重要なツボがたくさんありますが、とりわけ婦人科疾患に関係が深いのが、三陰交というツボです。

 三陰交は、内くるぶしから指幅4本分上にあるツボです。ここは3本の経絡(「生命エネルギー」といわれる気の通り道)が交わる点で、それらの経絡はすべて、おなかの下部につながっています。

 三陰交は、紀元前1200年に書かれた東洋医学の聖典、『黄帝内経』にも記述があるほど、古くから使われてきた重要なツボです。このツボを温めると、おなかが温まることがわかっています。

 婦人科疾患は、おなかを温めることでほとんどが改善します。古い血の滞りによる病気を、東洋医学では「瘀血症」と呼んでいます。温めて血流がよくなると、血管の中に滞っていた老廃物が排出され、瘀血の状態が解消するのです。また、温めると自律神経も調整され、ストレス性の症状が和らぎます。

 ふくらはぎの温め方にはいろいろありますが、だれにでも手軽にできるものを二つご紹介します。

① ドライヤーで温める

 足首からひざの下まで、ふくらはぎをまんべんなくドライヤーで温めます。特に、三陰交はよく温めてください。おなかがポカポカするまで、温めるといいでしょう。靴下の上からドライヤーを当てると、ヤケドの心配がありません。足に直接当てるときは、温度と距離に気をつけてください。

② 使い捨てカイロで温める

 ふくらはぎの真ん中から上のほうに、ふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋と腓腹筋)がついています。この筋肉が少ない人は、いくら歩いても、ふくらはぎが温まりません。ですから、その筋肉の上に使い捨てカイロを貼って、筋肉を直接温めましょう。

 ふくらはぎの筋肉がある人は、その下のアキレス腱に貼ってください。アキレス腱は婦人科疾患を防ぐ重要な場所ですが、温まりにくいのです。

 カイロを肌にじかに貼ると低温ヤケドをするおそれがあるので、長めの靴下や厚手のタイツをはいた上から貼るといいでしょう。

 靴下をはいて汗をかいたのを、そのままにしておくと、よけいに足が冷えます。靴下は、こまめにはき替えてください。

 なお、かかとがザラザラしている人、手の指の爪に横線がある人も、卵巣や子宮の血流が悪くなっています。そういう人も、ふくらはぎを温めるといいでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)