ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

ふくらはぎを温めると子宮が温まる!生理痛や子宮筋腫の改善に効果絶大

不妊治療を得意とする私の鍼灸院では、患者さんの大半が女性です。不妊のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫といった婦人科疾患の患者さんも多数いらっしゃいます。これらの病気は、冷えや血流の低下と、深くかかわっています。【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校鍼灸教員養成科非常勤講師)


ふくらはぎが冷たい人は血管が詰まりやすい

 不妊治療を得意とする私の鍼灸院では、患者さんの大半が女性です。不妊のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫といった婦人科疾患の患者さんも多数いらっしゃいます。
 これらの病気は、冷えや血流の低下と、深くかかわっています。おなかが冷えて血流が悪くなると、卵巣や子宮の機能が低下してしまうからです。

 卵巣は、子宮の左右についている親指の頭ほどの臓器です。ここから女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が分泌され、月経周期がつくられます。おなかが冷えて卵巣機能が低下すると、生理痛がひどくなったり、女性ホルモンの分泌が低下して更年期障害のような症状が出たりするのです。
 また、子宮が冷えると、血栓を溶かす酵素が働きにくくなり、血液の塊ができやすくなります。さらに、血流が低下すると、子宮筋腫もできやすくなるのです。

 ですから、おなかを温めることはとても大事です。しかし、それよりも、もっと効率よくおなかを温める方法が、ふくらはぎを温めることです。

 ふくらはぎとおなかの関係がピンと来ないかもしれませんが、この二つは密接につながっています。
 ふくらはぎの奥には、後脛骨動脈と足背動脈という太い動脈が通っています。心臓から押し出された血液は、これらの動脈を通って細胞に酸素や栄養を届けたあと、老廃物を回収して静脈に入り、心臓に戻ります。
 しかし、ふくらはぎが冷えると、これらの血管が詰まりやすくなり、流れが悪くなります。おなかにも血液が巡りにくくなって、卵巣や子宮が冷えてしまうのです。

 足の血流は歩くことでも改善しますが、筋肉の少ない人や、あまり歩けない人は、まず、ふくらはぎを温めてください。
 ふくらはぎを温めると、動脈や静脈の血管が開き、血液量がふえて、流れがよくなります。さらに、自律神経のうちの、リラックス時によく働く副交感神経が優位になり、全身の血管が開きやすくなります。

 もう一つのメリットは、温められた血液が全身を巡れば、おなかを内側から温められることです。
 このように末端の詰まりをなくし、血流をよくすると、おなかの血流が改善し、子宮や卵巣をしっかり温めることができるのです。

自律神経が調整されストレス性の症状緩和

 東洋医学の観点からいっても、ふくらはぎを温めることは大事です。ふくらはぎには重要なツボがたくさんありますが、とりわけ婦人科疾患に関係が深いのが、三陰交というツボです。
 三陰交は、内くるぶしから指幅4本分上にあるツボです。ここは3本の経絡(「生命エネルギー」といわれる気の通り道)が交わる点で、それらの経絡はすべて、おなかの下部につながっています。

 三陰交は、紀元前1200年に書かれた東洋医学の聖典、『黄帝内経』にも記述があるほど、古くから使われてきた重要なツボです。このツボを温めると、おなかが温まることがわかっています。
 婦人科疾患は、おなかを温めることでほとんどが改善します。古い血の滞りによる病気を、東洋医学では「瘀血症」と呼んでいます。温めて血流がよくなると、血管の中に滞っていた老廃物が排出され、瘀血の状態が解消するのです。また、温めると自律神経も調整され、ストレス性の症状が和らぎます。

 ふくらはぎの温め方にはいろいろありますが、だれにでも手軽にできるものを二つご紹介します。

① ドライヤーで温める

 足首からひざの下まで、ふくらはぎをまんべんなくドライヤーで温めます。特に、三陰交はよく温めてください。おなかがポカポカするまで、温めるといいでしょう。靴下の上からドライヤーを当てると、ヤケドの心配がありません。足に直接当てるときは、温度と距離に気をつけてください。

② 使い捨てカイロで温める

 ふくらはぎの真ん中から上のほうに、ふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋と腓腹筋)がついています。この筋肉が少ない人は、いくら歩いても、ふくらはぎが温まりません。ですから、その筋肉の上に使い捨てカイロを貼って、筋肉を直接温めましょう。
 ふくらはぎの筋肉がある人は、その下のアキレス腱に貼ってください。アキレス腱は婦人科疾患を防ぐ重要な場所ですが、温まりにくいのです。

 カイロを肌にじかに貼ると低温ヤケドをするおそれがあるので、長めの靴下や厚手のタイツをはいた上から貼るといいでしょう。
 靴下をはいて汗をかいたのを、そのままにしておくと、よけいに足が冷えます。靴下は、こまめにはき替えてください。
 なお、かかとがザラザラしている人、手の指の爪に横線がある人も、卵巣や子宮の血流が悪くなっています。そういう人も、ふくらはぎを温めるといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【卵巣嚢腫が縮小】乳酸菌と酵母のw効果「昆布酵母」で私は子宮内膜症・生理痛も撃退できた

【卵巣嚢腫が縮小】乳酸菌と酵母のw効果「昆布酵母」で私は子宮内膜症・生理痛も撃退できた

我が家で天然酵母を作り始めたのは、2002年のことです。グラフィックデザイナーである父が、天然酵母パンの書籍の編集に携わったことがきっかけでした。出版後、全国の読者から、自家製の天然酵母パンが続々と送られてきたのです。【体験談】植田亜弥(COBOウエダ家スタッフ・45歳)


【子宮内膜症・不妊】卵巣機能を改善する運動に「ふき掃除」が最適!重い生理痛も和らぐ

【子宮内膜症・不妊】卵巣機能を改善する運動に「ふき掃除」が最適!重い生理痛も和らぐ

ふき掃除以外にもトイレ掃除や、特にお風呂掃除も足腰の運動になります。適度な運動になり、環境もきれいになって、ストレスも解消する。一石三鳥のふき掃除をぜひ習慣にしてみてください。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

炎天下の屋外と、クーラーでキンキンに冷えた車内・室内。そのギャップが夏の冷え性の原因です。そこで、冷たくて、ゴクゴク水分補給ができて、でも体はポカポカ温まる―そんなこの時期にピッタリの飲み物「手作り美味ジンジャーエール」を紹介しましょう。ショウガの薬効があなたを守ってくれます。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


【PMS・生理痛】女子力アップには“足首”を整えるとよい 丁寧に回すと女性の悩みは改善できる

【PMS・生理痛】女子力アップには“足首”を整えるとよい 丁寧に回すと女性の悩みは改善できる

足首回しは、生理の不調や更年期障害、不妊症、冷え、むくみなどの女性ならではの悩み全般に対応できます。また、腰痛や座骨神経痛、ひざ痛など、ヘソから下の痛みにも効果的です。【解説】古久澤靖夫(ブリージングストレッチ本院 院長)


【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

【PMS・生理痛が改善】肝臓マッサージで排毒力アップ!肩こりにも効果

今回紹介する「肝臓マッサージ」は、肝臓や周辺の筋肉にアプローチする方法です。1日2セットの肝臓マッサージで横隔膜などの筋肉のこりをほぐすことで、肝臓の動きがスムーズになります。肝機能が改善し、全身のデトックス力が高まれば様々なトラブルが改善します。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸マッサージ師)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)