医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【すぐ効く】自律神経を整え血圧を下げる!患者に勧めて評判の「降圧呼吸」

【すぐ効く】自律神経を整え血圧を下げる!患者に勧めて評判の「降圧呼吸」

私のところを訪れる患者さんたちは、もともと、高血圧など内科の病気を抱えています。その患者さんに、一般的な緊張性の頭痛、肩こり、五十肩などの症状がある場合、私は問診しながら、患者さんの合谷を押しもみします。すると、その患者さんの症状が、劇的に改善するのです。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター内科准教授)


合谷の降圧効果をさらに高める!

 私が、患者さんを診療する際に実践し、大きな反響を得ているのが、「合谷指圧」です。
「合谷」は、手の甲の、親指と人差し指の骨のつけ根にあるツボです。このツボへの指圧が、患者さんたちに大好評なのです。

 私のところを訪れる患者さんたちは、もともと、高血圧など、内科の病気を抱えています。その患者さんに、一般的な緊張性の頭痛、肩こり、五十肩などの症状がある場合、私は問診しながら、患者さんの合谷を押しもみします。すると、その患者さんの症状が、劇的に改善するのです。
 これが評判になり、内科の病気だけではなく、五十肩などの治療もしてほしいと、わざわざ患者さんが訪ねてくるほどになりました。

 こうして、多くの患者さんに試した結果、合谷指圧は、優れた血圧降下作用があることがわかってきました。私が高血圧の患者さんの合谷を刺激すると、その場で、20〜30㎜Hgほど、血圧が下がるのです。
 自分で合谷を押しもみしても、血圧の降下が期待できるため、この方法は、以前も『壮快』で紹介しました。今回は、さらに効果を高める方法をお教えしましょう。

 それは、合谷を3〜5分間指圧した後に、腹式呼吸を3〜5分間行うというものです。息を吸うより、吐くほうを重視して、長く、ゆっくりと吐いてください。
 合谷指圧と腹式呼吸を組み合わせた、この「降圧呼吸」で、血圧降下作用が、より強まるのです。

合谷指圧と腹式呼吸のやり方

※AとBとを、毎日朝晩、1回ずつ行うのがベスト。1日に1回だけであれば、入浴後か就寝前がお勧め。
※寒いところでは、血管が収縮して効果が減少するので、暖かい場所で行う。

毎日の習慣にすれば 血圧を低く保てる

 では、なぜ降圧呼吸が、血圧を下げるのでしょうか。
 血圧を調節しているのは、「自律神経」です。私たちの意志とは無関係に働いて、さまざまな身体機能を制御しています。自律神経は、興奮しているときに優位に働く「交感神経」と、リラックスしているときに優位に働く「副交感神経」の二つに分けられます。

 合谷を指圧して強い刺激を与えると、その緊張で、いったんは血圧が上昇します。このとき、優位に働いているのは、交感神経です。

 そして、交感神経が優位になると、上半身が汗をかくほど温まるのです。体がポカポカして、血行がよくなると、末梢血管の拡張が促されます。

 次に、指圧のあとに腹式呼吸をすると、気分はリラックス。今度は、交感神経より、副交感神経が優位になります。よって、血圧が下がるというわけです。

 また、交感神経の中枢と、呼吸を調節している呼吸中枢は、脳の中の非常に近いところにあります。そのため、互いに影響し合っていることも、腹式呼吸が血圧を下げる一因です。

 さらに、呼吸と静脈の血流は連動しており、息をゆっくり吐くと、心臓へ戻る血流量が減少します。戻る量がへれば、出る量もへり、血圧が降下します。
 このように、降圧呼吸は複数の要素から、血圧を下げるのに大変有効なのです。

 私はよく血圧を、蛇口とホースにたとえます。栓を大きくひねり、蛇口から水を勢いよく出してから、ホースの先を手でつぶすと、水がビューッと飛び出します。ホースを血管とすると、血管が細くなっている。これが、血圧の高い状態です。

 ゆっくりと息を吐くことで、蛇口、つまり心臓から出る水の量が少なくなります。しかも、合谷指圧を行ったあとは、末梢血管、すなわちホースの先が広がっているため、水の飛び出す勢いも弱まります。
 降圧呼吸を毎日の習慣にすれば、血圧を低い状態に保てるというわけです。

 なお、合谷への指圧は、注意が必要です。低血圧の人が肩こりなどの解消のために行うと、血圧が下がりすぎて、めまいを起こすおそれがあります。気分が悪くなった場合は、すぐに指圧を中止し、横になり、足を高くして休んでください。

 可能であれば、家庭血圧計で自分の血圧の変動をチェックしつつ、力を加減しながら、指圧をするのが理想的でしょう。

「合谷」への刺激と腹式呼吸で血圧降下が期待できる

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


血圧を下げる 高血圧 合谷

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)