MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】原因不明の慢性腰痛 解消のカギは「酵素」

【医師解説】原因不明の慢性腰痛 解消のカギは「酵素」

健康に良い食事をしているのになぜ腰や頭が痛いのかー―。私は、「腰痛の原因は酵素不足かもしれない」と考え、酵素の多い生野菜やフルーツを中心にした食事に変えたところ腰痛も肩こりも頭痛も、すべてスッキリと消えたのです。以来、患者さんにも酵素をたっぷり取る食事を勧めています。【解説】鶴見隆史(鶴見クリニック院長)

腰痛も肩こりもスッキリ消えた!

 今から30年ほど前に、私は激しい腰痛、肩こり、頭痛に見舞われたことがあります。

 当時、私はアメリカで大流行していた玄米菜食を患者さんに勧めており、もちろん私自身も健康のために実践していました。

 健康によい食事をしているのに、なぜこんなに腰や頭が痛いのか、私にはまったく原因が思い当たりませんでした。

 ところが、偶然一冊の本と出合い、目からうろこが落ちるように、その謎が解けました。
 その本はエドワード・ハウエルという米国の学者が書いた『酵素栄養学』という本で、そこには酵素の大切さや、酵素が生の食品にしか含まれていないことなどが書かれていました。

 私が実践していた玄米菜食は、玄米と野菜を中心にした食事で、動物性のたんぱく質や生の食品は、極力、取らない方針です。つまり私は、酵素をほとんど取っていなかったのです。

「腰痛の原因は酵素不足かもしれない」そう考えた私は、酵素の多い生野菜やフルーツを中心にした食事に変えました。すると、腰痛も肩こりも頭痛も、すべてスッキリと消えてしまったのです。

野菜をおろすと細胞が壊れて大量の酵素が出る

酵素は、健康全般のカギを握る物質

 それから私は、患者さんにも酵素をたっぷり取る食事を勧めています。おかげで、治療が難しい病気や慢性病も治るようになってきたのです。

 酵素は、痛みだけでなく、健康全般のカギを握る物質です。それはいったいどんな物質なのか、簡単に説明しましょう。

 動物も植物も、生物は体内に酵素を持っています。人間の体内にも、消化酵素と代謝酵素があります。
 消化酵素は食べたものを消化するための酵素、代謝酵素は体の新陳代謝をはじめ、あらゆる生命活動に必要な酵素です。

 この二つの酵素は、消化酵素が余分に使われると、代謝酵素が消化に回されて減っていくという関係にあります。
 ですから、加熱したステーキのように消化の悪いものを食べると、大量の消化酵素が使われ、その分、代謝酵素も減ってしまいます。

 一方、生野菜や果物のような生の食品には、それ自体に酵素(これを食物酵素という)が含まれており、食べても消化酵素の消費は少なくて済みます。

酵素が毛細血管の血流をよくする

 では、酵素を取るとどうして腰痛がよくなるのでしょうか。

 腰痛には、検査して骨などに異常が見つかる器質的腰痛と、調べてもどこにも異常がない機能的腰痛があります。腰痛の多くは後者で、その原因は血流にあると私は考えています。

 血流が悪くなると、エネルギーを作り出すクエン酸サイクルがうまく回らず、乳酸という疲労物質が作られます。これが筋肉を岩のように硬くして、腰痛や肩こりなどの痛みを引き起こすのです。

 つまり、血流不全が腰痛の原因になるわけですが、問題は大きな血管の支流の支流ともいえる、微小循環から悪くなることです。

 毛細血管のいちばん細いところは、直径わずか4ミクロン(1ミクロンは1000分の1mm)ですが、そこを通る赤血球は7・5ミクロンもあります。そのため赤血球は円盤形をしており、自身を折りたたんで毛細血管の中を流れているのです。

 ところが、赤血球が二つ、三つとつながると、血管に詰まって流れなくなってしまいます。

 赤血球が連銭状につながることをルローといいますが、ルローの原因になるのが、糖化たんぱくといわれる物質です。

 糖化たんぱくは、糖がたんぱく質と結合したもので、肉や白砂糖、悪い油などを取り過ぎると作られます。これがのりのように赤血球同士をくっつけて、ルローを作るのです。

酵素は積極的に生食するのがおすすめ

 腰や背骨の周りには、腎臓や腸といった大量に血液を使う臓器があります。そのため微小循環障害も起こりやすく、それが腰痛の原因になるのです。

 しかし、ルローでいっぱいの血管に酵素が入ると、のりの役目をしていた糖化たんぱくをはがし、赤血球のルローをほどいて、血流をよくするのです。

 すると、末端の細胞まで栄養や酸素が届くようになり、体の代謝が活発になります。それで、痛みも取れていくのです。

 酵素は、生野菜や果物、刺し身など、生の食品に入っていますから、積極的に生食をしてください。
 特に私が勧めているのが、キュウリ、ダイコン、セロリなどをすりおろしたものです。

 これらの野菜の細胞の中には、3000種類もの酵素が含まれているといわれています。野菜をおろすと細胞が壊れて、中の酵素が大量に出てくるのです。

 最近、キュウリから、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が発見されました。まったく栄養のなさそうなキュウリに、強力な消化酵素が含まれていたのですから驚きます。

 また、低速ジューサーで搾った野菜ジュース、ピクルスも非常によい酵素食品ですから、毎日の食事に積極的に取り入れてください。

解説者のプロフィール

鶴見隆史(つるみ・たかふみ)
鶴見クリニック理事長。
1948年、石川県生まれ。
金沢医科大学卒業後、浜松医科大学で研修勤務。
2001年より現職。
西洋医学のみならず、東洋医学(中医学)、鍼灸、筋診断法、食事療法などを追究する。
西洋医学と東洋医学を統合した患者優位の「病気治し医療」に取り組む。
アメリカ・ヒューストンで酵素医療を実践するディッキー・ヒューラー博士と1990年代後半から交流し、日本の酵素栄養学の第一人者として活躍中。
著書は『代謝を上げると健康になる』(マキノ出版)など多数。

●鶴見クリニック
東京都中央区八丁堀1-7-7長井ビル4F
TEL 03-3553-7710
https://www.tsurumiclinic.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-02-07 18:00:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2018-11-11 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt