【黒にんにくの最強効果】まるでドライフルーツ LDLコレステロールを減らすと注目

【黒にんにくの最強効果】まるでドライフルーツ LDLコレステロールを減らすと注目

ミネラルやアミノ酸を豊富に含むニンニクは、滋養強壮効果、疲労回復効果、殺菌効果などがある食材として、昔から広く親しまれてきました。最近では悪玉コレステロールを減らすとして、抗腫瘍(抗ガン)効果、抗酸化作用でも注目を浴びています。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授 山東省科学技術協会最高顧問)


黒ニンニクは「つまみにも合う」と本橋先生

悪玉コレステロールを減らす!

 ミネラルやアミノ酸を豊富に含むニンニクは、滋養強壮効果、疲労回復効果、殺菌効果などがある食材として、昔から広く親しまれてきました。

 最近、ガン予防の効果が期待できる食品NO.1として挙げられたこともあり、ニンニクの抗腫瘍(抗ガン)効果、抗酸化作用(酸化を防止する働き)が、注目を浴びています。

 そして、最新の研究では、ニンニクに含まれるS-アリルシステインという成分が、高い抗腫瘍効果や抗酸化作用を持つということがわかってきました。
 また、S-アリルシステインは、血液中の悪玉コレステロールを減らす作用にも優れているのです。

 2007年の韓国、慶星大学の研究によると、ニンニクを食べた人のグループでは、2時間後に血液中の悪玉コレステロールの数値が4分の1に減るという、劇的な結果が出ています。食べない人のグループでは、なんの変化も見られませんでした。

 悪玉コレステロールは、動脈硬化をはじめ、脳卒中や心臓病など、生活習慣病を引き起こす大きな要因の一つです。
 悪玉コレステロールを減らすニンニクを、日常的に食べることは、これらの病気の予防に役立つでしょう。

 ところで、S-アリルシステインには、ニンニクを熟成・発酵させる過程で生成されるという特徴があります。生のニンニクにも含まれているのですが、ニンニクを熟成・発酵させて黒ニンニクにすると、飛躍的に含有量が増えるのです。

【黒ニンニクの作り方】美味しくて高い薬効 炊飯器があれば自宅で作れる

ほんのり甘くてドライフルーツのよう!

 強い抗酸化作用を持つ、クエルセチンなどのニンニクポリフェノールの含有量も、黒ニンニクでは、生ニンニクの4倍になります。また、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルや、たんぱく質のもとになる各種アミノ酸の含有量も、黒ニンニクでは、軒並み増えるという結果も出ています。

 体の酸化は、イコール老化といえるでしょう。皮膚が酸化すれば、肌の弾力や透明感が失われてシワやたるみ、くすみなどができます。血管が酸化すれば、硬く、もろくなります。そして、細胞が酸化すれば、ガン化しやすくなるのです。

 抗酸化作用を持つポリフェノールが増えるという点から見ても、黒ニンニクは生ニンニクに比べて、老化予防効果や若返り効果が、いっそう期待できるといえるでしょう。

 もう一つ、黒ニンニクの優れた点は、ニンニク特有のにおいをほとんど気にせず、安心して食べられるということです。
 ニンニクは好きだけれど、あのにおいが気になって、食べたくても食べられないという人にも、まさにうってつけといえるでしょう。

 独特のニンニク臭は、ニンニクのアリインという成分が、アリイナーゼという酵素によって分解されることで発生します。しかし、発酵・熟成の過程でアリイナーゼの働きが抑えられるようで、黒ニンニクは、特有のにおいが激減するのです。

 実際に食べてみるとわかりますが、黒ニンニクは、ほんのり甘くて、食感が少しシャキシャキしています。ドライフルーツのようでもあります。

 ニンニクの味やにおいが苦手な人でも、抵抗なく食べられるでしょう。一度に大量に食べるより、お茶請けや、はし休めなどに1片か2片、毎日食べるという取り方をするといいのではないでしょうか。ちなみに、私の場合、ビールのつまみにしていますが、よく合います。

 黒ニンニクには辛味がないので、刺激も少ないといえます。ですから、これまで、生のニンニクを食べると胃腸の調子をくずしてしまう、という人にもお勧めできます。

 市販の黒ニンニクは、値段が比較的手ごろなことや、季節を問わずにいつでも容易に入手できるところも魅力の一つです。
「いくら健康にいいといわれても、ニンニクはちょっと」と敬遠していた人も、試してみてはいかがでしょうか。

若返り効果が期待できる!

【黒ニンニク】抗酸化力は生の28倍!高血圧や糖尿病、狭心症にも効果大

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

病気と食生活には深い関わりがあり、がんの原因は35%が食事にあると言われています。キャベツのイソチオシアネートにはがん、脳梗塞、心筋梗塞という日本人の三大死因を防ぐ作用があるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医部元准教授)


【アンチエイジング】シミ シワ ほうれい線をつまんで改善!美顔にダイエットに“整膚”の効果

【アンチエイジング】シミ シワ ほうれい線をつまんで改善!美顔にダイエットに“整膚”の効果

シミ、シワ、たるみ、くすみ、ほうれい線など、女性の抱える肌の悩みは尽きません。こうしたトラブルが現れると、一気に老けた印象になってしまいます。そんな肌トラブルを、自分の指先一つで手軽に改善できるのが、肌つまみです。【解説】蔡晶(整膚美容師会会長)


【疲労回復・冷え改善】万能調味料「酢ショウガ」おかずレシピ

【疲労回復・冷え改善】万能調味料「酢ショウガ」おかずレシピ

みそ汁に入れて、納豆に混ぜて、冷奴にのせてなど、身近な食材にすぐプラスできるのが酢ショウガの魅力。さっぱりとした味わいで、メインから小さなおかず、スープにドリンクとあらゆる料理に合います。幅広く使える酢ショウガのアレンジレシピをお試しください。【レシピ考案・料理】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


【疲労回復・冷え改善】万能調味料「酢ショウガ」ドレッシング・ドリンクレシピ

【疲労回復・冷え改善】万能調味料「酢ショウガ」ドレッシング・ドリンクレシピ

みそ汁に入れて、納豆に混ぜて、冷奴にのせてなど、身近な食材にすぐプラスできるのが酢ショウガの魅力。さっぱりとした味わいで、メインから小さなおかず、スープにドリンクとあらゆる料理に合います。幅広く使える酢ショウガのアレンジレシピをお試しください。【レシピ考案・料理】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)