MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

【医師解説】私は耳のツボ「神門」で10kgダイエットに成功し、血圧も下がった

私が「神門」という耳のツボを知ったのは、飯島敬一先生(NPO法人生活習慣病予防学術委員会理事)が主催する「神門メソッド」の体験会です。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)

神門への刺激が優れているのは、効果が見えやすいという点

耳にあるツボ「神門」は自律神経の働きを調整する

 私が「神門」という耳のツボを知ったのは、2年ほど前、飯島先生が主催する「神門メソッド」の体験会です。自分で体験してみて、神門を刺激する効果のすばらしさを実感しました。直ちに飯島先生にお願いして、神門メソッドを受講させていただき、学ぶことができました。

神門への刺激が優れているのは、効果が見えやすいという点です。

顕微鏡を使って指先の末梢血管を観察したところ、耳を刺激した直後、血管が広がり、血流が明らかによくなるのが見て取れました。

また、耳ひっぱりを行った後は、体の柔軟性が増す、筋力が高まる、あるいは胃腸の調子がよくなる、気分や視野が明るくなる、などの多彩な変化も認められます。

これらの変化から、神門への刺激は自律神経の働きを調整する作用があると考えられます。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、呼吸や血圧、体温、血液の循環、主要臓器など、体の機能を意識しなくても自動的にコントロールしてくれます。

自律神経を構成する2つの神経

 神門をはじめとする耳のツボをこすったりひっぱったりすると、皮膚の下にある感覚受容器が刺激され、触覚、痛覚、温覚、圧覚、振動覚などの情報が、三叉神経や顔面神経など精緻なネットワークを経由して、自律神経の働きを支配している脳の視床下部へ伝わります。

 視床下部は受け取った情報をもとに自律神経を刺激して、神経伝達物質やホルモンなどの分泌を促し、血管や内臓、筋肉などの働きを調整します。

 交感神経、副交感神経がバランスよく刺激されると、その結果、血管が広がって血流がよくなる、胃腸の調子が整う、筋力が高まる、体が温かくなる、内分泌機能や免疫防御機能も改善するなどして、健康増進にもつながるというわけです。

階段の上り下りも苦にならない

飯島先生によると、神門への刺激はダイエット効果もあるということでしたので、私は、自分のメタボ対策で耳ひっぱりを実践してみました。

学生時代は54㎏(身長162㎝)だった体重は66㎏、ウエストは92㎝になり、体が重くて階段を上るのも息苦しく感じていました。

そこで毎日、暇なときには神門を中心に耳をもんだりひっぱったりして、食事も野菜、魚を中心にし、主食も玄米ご飯にかえてよく噛むようにしました。

すると、2カ月後には5㎏減り、2年後の現在は、10㎏減って56㎏、ウエストも10㎝細くなっています。階段も苦になりません。

また、ストレスがたまると、よく癇癪を起こし、血圧も、上が150~140㎜/Hgあったのですが、自然に下がり、今では120㎜/Hg台で落ち着いています。イライラしたり、癇癪を起こしたりすることも、ほとんどなくなりました。

耳ひっぱりで自律神経のバランスもよくなり、以前は交感神経系が優位だったのが、副交感神経系が優位に変わったようで、性格まで温和になった気がします。

妻のガンで学んだ代替療法の癒しの効果

神門を中心とした耳ひっぱりは、ツボ刺激で、代替療法の1つです。代替療法には、漢方・経絡や気功、レイキなど多くの技法がありますが、いずれも西洋医学以外の療法です。

私は、大学病院時代は、腎移植、肝移植、消化器外科領域を専門にしていましたので、代替療法を使う機会はなく、関心もありませんでした。
そんな私が代替療法に価値を見出すようになったのは、妻の病気がきっかけでした。

胃ガンの手術を受けた妻は、術後7年目に再発転移し、食事も取れない、痛みを麻薬で抑えるしかないなど、心身の苦悩で眠れない状況に陥りました。

見かねた娘たちが、アロマを使ったり、胸や腹部のツボを温めたり、マッサージをしたりするなどの手当てをしていました。すると、そんな簡単なことで、心身の痛みは和らぎ、妻が深く癒されているのが見てとれ、私は強い感銘を受けました。

この経験もあって、代替療法のなかで、真に患者さんの苦悩を癒す有用な療法を見い出し、患者さんのため役立てたいと考え、飯島先生をはじめ、多くの先達のかたがたの門をたたき勉強させてもらっています。

今後とも、代替療法を医療現場でしっかり活用していきたいものです。

イライラしたり癇癪を起こしたりすることが耳ひっぱりで減ったと言う土肥先生

自律神経の働きが調整され健康増進につながる

私は5年ほど前、飯島敬一先生が主催する「神門メソッド」の体験会に出席し、神門を刺激する耳ひっぱりの素晴らしさを実感しました。

「耳ひっぱり」を行うことで、いろんな不調や痛みが改善したという話を聞きますが、これは自律神経の働きが調整されたことが大きな要因だと考えられます。

自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、呼吸や血圧、体温、血液の循環、臓器の働きなど、体の機能を意識しなくても自動的にコントロールしてくれます。

耳ひっぱりを行うと、皮膚の下にある感覚受容器が刺激され、神経を経由して、自律神経の働きを支配している脳の視床下部へ伝わります。

視床下部は受け取った情報をもとに自律神経を刺激して、血管や内臓、筋肉などの働きを調整します。
交感神経、副交感神経がバランスよく刺激されると、その結果、血管が広がって血流がよくなる、内臓の働きがよくなる、脳力と筋力が高まる、体が温まる、内分泌機能や免疫防御機能も改善するなどして、健康の増進につながっていくわけです。

10kgダイエットに成功、血圧も下がって正常値に

私の体験談をお話ししましょう。
私は、学生時代に54Kg(身長は162cm)だった体重が66Kg、ウエストは92cmになっていました。

そこで耳ひっぱりを毎日の習慣にしながら、食事も野菜、魚中心にかえ、主食も玄米ご飯にして、よく噛んで食べるようにしました。
すると、2ヵ月後に5Kgやせ、2年で10Kg減って56Kg、ウエストも10cm細くなりました。

また、血圧も最高血圧が140~150mm/Hgあったのですが、これも自然に下がり、今では120mm/Hgに落ち着いています(最高血圧の正常値は130mm/Hg未満)。
イライラしたり、癇癪を起こしたりすることもほとんどなくなりました。

私は現在、セカンドオピニオン・医療相談外来も担当しています。
ガンの術後のかたや腎移植手術後のかた、透析患者さんなど、いろいろなかたが相談に来られます。

患者さんの悩みに対して、医師ができること、患者さんができることを分けてお話しし、セルフヒーリングの重要性ややり方などもお教えしています。
私はそこで「ベッドでできるセルフケア・セルフヒーリング法(土肥法)」を紹介しています。

これは呼吸法や経絡(生命エネルギーである気の通り道)・チャクラ(人体の頭部、腹部などにある中枢)の活性法、軽運動法などを組み合わせたものです。
この仕上げに耳ひっぱりを取り入れましたが、心身が癒されると、患者さんからも好評です。

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。
ぜひ日々活用していただきたいと思います。

解説者のプロフィール

土肥雪彦(どひ・きよひこ)

1960年、広島大学医学部卒業。
広島大学医学部教授(第2外科学)、広島大学病院長、広島県立広島病院長、中国労災病院長などを経て、2006年より現職。
日本における透析医療・臓器移植医療の先駆者。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt