MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
腰痛・股関節のずれ・骨盤のゆがみを改善!簡単「ひざゆらし」のやり方

腰痛・股関節のずれ・骨盤のゆがみを改善!簡単「ひざゆらし」のやり方

いつも正しい姿勢を保つことは、健康で若々しくいるための必須条件といっても過言ではありません。「健康」は、まさに「姿勢」が作るのです。私が姿勢に対し、特別関心を抱くようになったのは、西洋医学の治療の在り方に、疑問を感じたことがきっかけです。【解説】城戸淳美(今井病院医師)

解説者のプロフィール

城戸淳美(今井病院医師)
東京女子医科大学医学部卒業。
東京女子医科大学附属消化器センターなどに勤務後、北京中医大学日本分校で中医学を学びながら、体のゆがみを取り、自然治癒力を引き出す「骨格バランス健康法」を考案。
現在は栃木県足利市の今井病院にて、内科、皮膚科の視点から心と体をトータルに診る医療を行っている。

悪い姿勢が全身の痛みや病気を招く!

 いつも正しい姿勢を保つことは、健康で若々しくいるための必須条件といっても過言ではありません。「健康」は、まさに「姿勢」が作るのです。
 私が姿勢に対し、特別関心を抱くようになったのは、西洋医学の治療の在り方に、疑問を感じたことがきっかけです。

 私は大学卒業後、二つの大学病院に勤めていました。どちらにも最新鋭の設備がそろっていましたが、それらを使っても、病気の原因すら突き止められないことが多かったのです。
 いつしか私は、現在の西洋医学的な治療法は、万能ではないと思うようになりました。そこで、漢方や食事療法、整体など、東洋医学や骨格の勉強をするようになったのです。

 こうした模索の中でたどりついたのが、姿勢の問題でした。西洋医学に対し、なんの疑いも感じていなければ、おそらく気づかなかったことでしょう。
 姿勢は、知らず知らずのうちに、くずれていくものです。足を組んで座る、かばんをいつも同じ側の手で持つ、といったような体の使い方のクセで、体のバランスはくずれてしまいます。それが、股関節にずれを生じさせます。

 股関節は、体の蝶番といえる重要な関節です。股関節がずれると、左右の足の長さにも差が生じます。それが、体全体のバランスを、さらにくずすことになるのです。
 左右の足の長さが違うと、骨盤もゆがみます。骨盤がゆがむと、腰やひざの痛み、生理痛、便秘、下痢、足腰の冷えなど、下半身を中心にして、多くの異常を招きます。

 さらに骨盤のゆがみは、背骨のゆがみにつながり、果ては、背骨の上にのっている頭蓋骨にも影響が及ぶのです。背骨がゆがめば、背骨から出ている神経も圧迫されるため、その神経の支配が及ぶ箇所に、さまざまな症状が出てきます。足へ通じる神経が圧迫されれば、それが足のしびれとして現れることもあるでしょう。
 体の諸機能を調節する自律神経や、全身の筋力バランスもくずれるので、体の各所に痛みやコリを招きます。さらに、耳や目といった器官にも影響は及び、耳鳴りや難聴、めまい、眼精疲労などの症状も現れるのです。高血圧や糖尿病など、生活習慣病を招く恐れもあります。

ひざゆらしのやり方

ひざをそろえて軽く前後に揺らすだけ

 このように、体のクセは、万病の誘因となります。体に痛みを感じたり、症状に苦しんだりしている人は、自分の姿勢をまず見直してください。悪い姿勢が、その原因となっている可能性があります。

 イスに座るときには、足を組まないようにし、いつもかばんを右肩にかけているなら、左肩にかけるように心がけましょう。
 そして、体のクセの修正とともに、ゆがんでしまった股関節を正しい位置に戻す必要があります。そのために役立つエクササイズが、今回ご紹介する「ひざゆらし」です。

 ひざゆらしは、股関節のずれを正し、背骨や骨盤のゆがみの矯正に役立ちます。毎日継続することによって、体の正しいバランスを取り戻し、多くの健康効果をもたらします。
 私の病院には、いろいろな悩みを抱えた患者さんがいらっしゃいますが、その原因の多くが、股関節のずれです。そのようなかたには、ひざゆらしを行うよう指導しています。

 ひざゆらしのやり方は、驚くほど簡単です。
 まず、あおむけになって、ひざを立てます。このとき、左右のひざはそろえるようにしましょう。そのまま足を胸のほうに引き寄せ、両ひざに手を当てて、ひざを抱えるようにします。そのまま、ひざを軽く前後に揺らすだけです。腰の下に、高さが10㎝以下の枕を置いたり、頭を少し上げたりすると、さらに効果的です。

 ひざは、激しく動かす必要はありません。軽く前後に揺らして、体の緊張を緩めるような気持ちで行うといいでしょう。ひざを揺らす際には、ひざをそろえて動かすことが重要です。それが股関節のずれの修正に役立つのです。
 ひざを前後に20〜30回揺らして1セットとして、少なくとも1日1セット、できれば朝晩に1セットずつ行いましょう。

 私も、以前、耳鳴りに悩んでいたことがありましたが、このひざゆらしを1ヵ月続けて、みごとに解消できたのです。
 ひざゆらしとともに、日常生活における悪いクセを直すことを心がけていれば、より早く効果が現れるでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-03-09 18:00:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-02-25 18:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt