【産婦人科医解説】生理痛や不妊症に効くツボは「神門」8割に効果があった!

【産婦人科医解説】生理痛や不妊症に効くツボは「神門」8割に効果があった!

以前、ある僧侶独特の治療法を産婦人科の治療の補助に用いていました。それは、薬石を小さく薄いシール状にして、いくつかのツボに貼るというものです。貼るツボは耳にもあり、その位置が、今思うとまさに、「神門」だったのです。もともと耳には、足の裏と同じように全身のツボがあるとされています。【解説】池川 明(池川クリニック院長)


神門は子宮や卵巣、骨盤に関係するツボ

 私は以前、ある僧侶が創始された独特の治療法を産婦人科の治療の補助に用いていました。

 それは、薬石を小さく薄いシール状にして、いくつかのツボに貼るというものです。貼るツボは耳にもあり、その位置が、今思うとまさに、「神門」だったのです。

 ツボは全身にありましたが、外来でこの療法を行うには、耳がいちばん手軽に使えます。それで、私はもっぱら神門を使っていました。

 好都合なことに、私が僧侶から習ったところによると、この神門は子宮や卵巣、骨盤などに関係するこということでした。
 私は産婦人科医ですので、クリニックには、月経痛や更年期障害、冷え症、不妊症などを訴える患者さんたちがみえます。そういう患者さんたちに、神門への刺激を行ってみたところ、かなり手応えがありました。

 そこで、300人ほどを対象にデータをとってみたところ、7〜8割の患者さんに効果が認められました。そのうち、特に効きがよく、事実上、神門に薬石を貼るだけで症状が取れた人も2〜3割いました。
 私は薬石シールを貼る方法だけを用いていましたが、当時、その僧侶からは「耳をひっぱるのもよい」と教わりました。
ですから、現在、飯島敬一さんが行っている耳ひっぱり健康法とぴったり一致していることになります。

耳鳴りにも効果があった

 私は、自分の診療科の関係から、主に婦人科系の症状に用いており、「自律神経のバランスをとる」というところには着目していませんでした。
 しかし、更年期障害の本態は自律神経の失調ですから、これに効くということは、自律神経を整える効果もあると考えられます。

 婦人科系の症状ではありませんが、私は耳鳴りを訴える患者さんの神門を刺激して、効果を上げたこともあります。これも、自律神経を整える作用を通じて、耳鳴りに効果がもたらされたのかもしれません。
 私のこうした経験から考えても、神門を刺激する「耳ひっぱり」は、自律神経を整えるセルフケアとして、すぐれた療法と言えるでしょう。

 もともと耳には、足の裏と同じように、全身のツボがあるとされており、その意味でも、耳への刺激が幅広い効果を生むというのはうなずけます。
 なんといっても簡単に行える方法ですから、ここに挙げたような症状に悩む人はもちろん、自律神経を整えて健康の維持・増進に役立てたい人も、耳をひっぱることを習慣にされるとよいでしょう。

いけがわ あきら
帝京大学医学部卒。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年、横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。 年間約100件の出産を扱い現在に至る。2001年9月、全国の保険医で構成する保団連医療研究集会で「胎内記憶」について発表し話題となる。著書に『子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。』(青春出版社)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)