MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
生理痛や不妊症に効くツボ「神門」を産婦人科医が解説!

生理痛や不妊症に効くツボ「神門」を産婦人科医が解説!

以前、ある僧侶独特の治療法を産婦人科の治療の補助に用いていました。それは、薬石を小さく薄いシール状にして、いくつかのツボに貼るというものです。貼るツボは耳にもあり、その位置が、今思うとまさに、「神門」だったのです。もともと耳には、足の裏と同じように全身のツボがあるとされています。【解説】池川明(池川クリニック院長)

神門は子宮や卵巣、骨盤に関係するツボ

 私は以前、ある僧侶が創始された独特の治療法を産婦人科の治療の補助に用いていました。

 それは、薬石を小さく薄いシール状にして、いくつかのツボに貼るというものです。貼るツボは耳にもあり、その位置が、今思うとまさに、「神門」だったのです。

 ツボは全身にありましたが、外来でこの療法を行うには、耳がいちばん手軽に使えます。それで、私はもっぱら神門を使っていました。

 好都合なことに、私が僧侶から習ったところによると、この神門は子宮や卵巣、骨盤などに関係するこということでした。

 私は産婦人科医ですので、クリニックには、月経痛や更年期障害、冷え症、不妊症などを訴える患者さんたちがみえます。そういう患者さんたちに、神門への刺激を行ってみたところ、かなり手応えがありました。

 そこで、300人ほどを対象にデータをとってみたところ、7〜8割の患者さんに効果が認められました。そのうち、特に効きがよく、事実上、神門に薬石を貼るだけで症状が取れた人も2〜3割いました。

 私は薬石シールを貼る方法だけを用いていましたが、当時、その僧侶からは「耳をひっぱるのもよい」と教わりました。
ですから、現在、飯島敬一さんが行っている耳ひっぱり健康法とぴったり一致していることになります。

耳鳴りにも効果があった

 私は、自分の診療科の関係から、主に婦人科系の症状に用いており、「自律神経のバランスをとる」というところには着目していませんでした。

 しかし、更年期障害の本態は自律神経の失調ですから、これに効くということは、自律神経を整える効果もあると考えられます。

 婦人科系の症状ではありませんが、私は耳鳴りを訴える患者さんの神門を刺激して、効果を上げたこともあります。これも、自律神経を整える作用を通じて、耳鳴りに効果がもたらされたのかもしれません。

 私のこうした経験から考えても、神門を刺激する「耳ひっぱり」は、自律神経を整えるセルフケアとして、すぐれた療法と言えるでしょう。

 もともと耳には、足の裏と同じように、全身のツボがあるとされており、その意味でも、耳への刺激が幅広い効果を生むというのはうなずけます。

 なんといっても簡単に行える方法ですから、ここに挙げたような症状に悩む人はもちろん、自律神経を整えて健康の維持・増進に役立てたい人も、耳をひっぱることを習慣にされるとよいでしょう。

解説者のプロフィール

いけがわ あきら
帝京大学医学部卒。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年、横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。 年間約100件の出産を扱い現在に至る。2001年9月、全国の保険医で構成する保団連医療研究集会で「胎内記憶」について発表し話題となる。著書に『子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。』(青春出版社)など多数。

●池川明公式サイト
http://ikegawaclinic.net/sites

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
更新: 2019-04-12 10:09:16
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
更新: 2019-01-14 18:00:00
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
更新: 2018-10-29 07:00:00
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
更新: 2018-10-21 20:00:00
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
更新: 2018-10-21 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt