【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

「心が軽くなる」食べ物と聞いて、違和感を覚えるかもしれません。でも、食べ物で細胞が若返って体が軽くなれば、自然に心も若返って軽やかになります。問題は、科学的な裏付けを元に、どの食品にその可能性があるか。私たちが着目している食品が「納豆」です。【解説】早田邦康(自治医科大学大学院准教授)


納豆のポリアミンが細胞を若返らせる

 「心が軽くなる」食べ物と聞いて、違和感を覚えるかもしれません。でも、食べ物で細胞が若返って体が軽くなれば、自然に心も若返って軽やかになります。
 問題は、科学的な裏付けを元に、どの食品にその可能性があるか。私たちが着目している食品が「納豆」です。

 納豆や大豆に健康効果が期待できるという研究結果は数多く存在します。では、納豆や大豆の中のどんな成分が、その原動力なのか。その疑問に対する有力な解答として、近年注目を集めているのが、納豆に多く含まれる「ポリアミン」という成分です。

 ポリアミンは私たちの体内でも合成される物質で、体に不可欠なものです。私たちは、1990年代の終わり頃にポリアミンとアンチエイジングの関係に気づき、その研究成果を報告してきました。

老化した遺伝子も若い人の状態に戻す

 ポリアミンの働きを理解するうえでのキーワードは、「細胞の若返り」です。老化や生活習慣病の原因は、私たちの体内で発生する「酸化ストレス」が引き起こす「さび」が原因と考えられています。

 この「酸化ストレス」を発生させるのは「炎症」です。つまり、生活習慣病を予防し老化を防ぐためには、出てしまった「酸化ストレス」という火の粉を消すより、「炎症」を防いで、火の粉が出ないようにするほうが合理的です。
 炎症は、リンパ球などの免疫細胞が引き起こします。体内に侵入した細菌などの異物を免疫細胞が攻撃した結果、炎症が起きるのです。例えば、ニキビが赤く腫れ上がって痛みを感じる状態です。

 生活習慣病の原因となる慢性炎症も免疫細胞が引き起こしますが、慢性炎症はなんの症状もなく、徐々に体の中で起きます。そして、この慢性炎症は、年を取るごとに起きやすくなるのです。なぜなら、免疫細胞が年を取るからです。

 若い人の免疫細胞はパワーがあるぶん、ふだんは余裕があり、多少のことには反応しません。しかし、老人の免疫細胞は弱いので、いつも警戒状態で、ちょっとした異常にも反応してしまうのです。その結果生じる慢性炎症が生活習慣病の原因になるのです。

 ポリアミンは免疫細胞を力強い若い人の状態にして、慢性炎症が起きにくい体を作ってくれます。

 さらに、最新の私たちの研究では、ポリアミンが遺伝子をも若い人の状態にすることがわかりました。年を取ると徐々に遺伝子も年を取ります。それは、写真が古くなると「セピア色になる」ことに似ています。そして、遺伝子がセピア色になることが老化や生活習慣病の原因となるのです。

「見た目」も「寿命」も明らかに違う!

 ポリアミンによるアンチエイジング効果は、上にある2枚のマウスの写真で一目瞭然です。ポリアミンを多く食べたマウスは、毛並みもよく、年を取っても元気で長生きだったのです(図1のC)。”見た目”と”寿命”という2つの観点から、アンチエイジング効果が明らかだと言えるでしょう。

 一般的に、豆類には高濃度のポリアミンが含まれています。代表格は大豆です。また、発酵のように微生物が増える過程で、ポリアミンはたくさん作られます。

 図2は、成人男子が毎日1パック程度の納豆を食べ続けた結果、ポリアミンの血中濃度が上がることを明らかにしたものです。高ポリアミン食は、納豆のほかにもありますが、実際に食べることで、体内のポリアミンの濃度が上がることを確認できているのは、今のところ納豆だけです。

 年を取ると、ポリアミンは体内で作られにくくなります。慢性炎症を起こしやすい免疫細胞になり、遺伝子はセピア色になります。
 でも、だいじょうぶ。ポリアミンは食べ物から補給できることが実証されているのです。
 日頃の食生活の中で、納豆などの高ポリアミン食(日本食)を食べる習慣をつけること。それによって、老化や病気への不安や心配が少しでも緩和されれば、それだけ心も軽くなると、言えるかも知れません。

早田邦康
1980年、自治医科大学医学部卒業後、9年間の離島へき地勤務。その後、自治医科大学附属さいたま医療センター勤務などを経て、現在は自治医科大学大学院准教授。ポリアミンと免疫の研究を行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ポリアミン 納豆

関連する投稿


【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で納豆菌とO‒157を戦わせてみました。納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

実は、朝食の内容は眠りの質に大きくかかわるのです。「トーストとサラダとコーヒー」という朝食は、サラダを食べているので、一見、ヘルシーなメニューにも感じられるかもしれません。しかし、よい眠りを得るためには、ある栄養成分が圧倒的に不足しているのです。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)