MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【高血圧を治す】血管内の脂肪を撃退する「血管若返り」レシピ

【高血圧を治す】血管内の脂肪を撃退する「血管若返り」レシピ

血管が若返るお勧めのメニューを紹介します。レシピを参考に、ぜひご家庭でも実践し、血管の若返りに役立ててください。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)

牛モモ肉の簡単ボルシチ

ビーツ独特の色と香り! 体が温まるロシア料理
エネルギー:192kcal
塩分:0.2g
(各1人分)

Dr. 真島's コメント:
輸入牛か、和牛なら完全放牧・穀物飼料なしで育った「牧草飼育牛」を選びましょう。
いずれも、モモやヒレなどの部位がお勧めです。

【材料】(2 人分)
輸入牛モモ肉( 塊かたまり)…200g
塩…少々
湯…400ml
ローリエ…1/ 2枚
ハクサイ…400g
セロリ…80g
マイタケ…100g
ビーツ缶(スライス状)…200g

【作り方】
❶牛肉に塩をすり込む。
❷鍋に湯とローリエを入れ中火で煮立てる。①を入れてふたをする。20 ~ 30 分煮て火を通す。
❸ハクサイ、セロリは4cm長さの棒状に切る。マイタケは裂く。
❹②の鍋から肉を取り出し、③を加え、ハクサイがくったりするまで煮る。
❺④の肉を4cm長さの棒状に切り、鍋に戻す。ビーツを缶汁ごと加え、一煮して器に盛る。

豚ヒレ肉のポトフ

豚肉エキスたっぷりのスープに具材がゴロゴロ!
エネルギー:220kcal
塩分:0.2g
(各1人分)

Dr. 真島's コメント:
豚肉も、モモやヒレなどがお勧めです。
ロースやバラ肉は、あらかじめ脂を取り除いてから調理に使えば問題ありません。

【材料】(2 人分)
豚ヒレ肉…250g
塩…少々 サトイモ…大2個
ニンジン…輪切り2枚(1cm厚さ)
タケノコ…80g レンコン…40g
出だ汁し…600ml
ローリエ…1/ 2枚
ブロッコリー(ゆで)…少々

【作り方】
❶サトイモは皮をむいて下ゆで、ニンジンは梅の型で抜いて下ゆで。タケノコは大きく切って下ゆでする。レンコンは輪切りにする。
❷鍋に出汁とローリエを入れ中火で煮立てる。豚肉に塩をすり込んで加え、ふたをする。弱火で20 分ほど煮て①を加え、さらに10 分ほど煮る。
❸すべてがやわらかく煮えたら、豚肉を取り出して切り分ける。
❹煮汁ごと器に盛り、ブロッコリーを添える。

鶏ササミの治部煮

煮汁にとろみがついてうまみがよく絡む!
エネルギー:89kcal
塩分:0.3g
(各1人分)

Dr. 真島's コメント:
鶏は皮なしの胸肉(脂質1.9g/100g)、ササミ(同1.1g)がお勧め。
皮なしモモ肉の脂質は、3.9gと高めですが、たまになら可。

【材料】(2 人分)
鶏ササミ肉(筋なし)…100g
ソバ粉(または小麦粉)…少々
小カブ…2個 シイタケ…2個
ミニトマト…4個 キヌサヤ…4枚
出だ汁し…300ml
塩…少々

【作り方】
❶カブは縦半分に切る。シイタケは軸を取り、かさに切り込みを入れる。
ミニトマトは湯むきし、キヌサヤは色よくゆでる。
❷鍋に出汁を入れ中火にかけ、塩を加えたらカブを入れて、ふたをして煮る。
火が通ったらシイタケを加える。
❸ササミはそぎ切りにし、ソバ粉をはたきつける。
❹②を煮立て、煮汁に③を入れ、3~4分煮て火を通し、ミニトマトを入れて一煮する。
❺煮汁ごと器に盛り、キヌサヤを添える。

イカ大根のトマト煮

定番の和総菜がイタリアンに変身!
エネルギー:118kcal
塩分:1.2g
(各1人分)

Dr. 真島's コメント:
イカやタコに多く含まれるコレステロールは、体の組成に必須です。
普通に食べる程度であれば、問題ありません。

【材料】(2 人分)
イカ…1杯
大根…400g
コンブ出だ汁し…200ml
トマト缶(ダイス状)…200g
大根の葉…少々

【作り方】
❶イカはワタを抜いて3cm幅に、ゲソは食べやすく切る。
❷大根は2cm厚さの輪切りにする。
❸鍋にコンブ出汁を煮立て、①と②を入れ、落としぶたをしてコトコトと20 分煮る。
❹トマトを加え、静かに煮立つくらいの火加減で、さらに20 ~ 30 分、イカと大根がやわらかくなるまで煮る。
❺器に盛り、さっとゆでた大根の葉を添える。

カレイの焼き南蛮漬け

ピリッとした漬けダレがよく染みて美味!
エネルギー:80kcal
塩分:0.6g
(各1人分)

Dr. 真島's コメント:
脂質が少ない料理は、物足りなく思えるかもしれませんが、薬味を活用することで味に変化が出て、バリエーションも増えます。

【材料】(2人分)
干しカレイ…2枚
A[酢…大さじ2、レモン汁…大さじ2、刻みトウガラシ…少々]
ミョウガ…2個
ショウガ…1片
シソ…5枚

【作り方】
❶カレイはグリルでこんがりと焼いて火を通し、熱いうちにⒶを振りかけておく。
❷ミョウガは小口切り、ショウガは細切り、シソは小さくちぎる。合わせて冷水にさらし、パリッとさせ、水気を切る。
❸①を器に盛り、②をのせる

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt