【医師解説】高血圧は自分で治すことができる!寝る直前の最小血圧がポイント

【医師解説】高血圧は自分で治すことができる!寝る直前の最小血圧がポイント

患者1700人の調査で判明!血圧には、最大血圧と最小血圧がありますが、私は後者を重視しています。なぜなら、最大血圧は緊張やストレスで変動するのに対し、最小血圧は血管の状態を示しているからです。そこで、私がお勧めしているのが、就寝直前の血圧測定です。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


睡眠時に血圧が高いと短命になるとわかった!

皆さんのなかには、病院や家庭で測った血圧が高かったことで、不安に思っているかたが多いかもしれません。
しかし、もし血圧が基準値をオーバーしていたとしても、心配する必要はないのです。

血圧はわずかな感情の変化や、ちょっとした動作で、すぐに上下します。
血圧計を装着しただけで30mmHgくらい上昇することがありますし、体を動かしたり、緊張したり、驚いたりすると、最大血圧が200mmHgを超えることも珍しくありません。

ですから、最大血圧が140mmHg以上を、一律に高血圧として問題視するのは無意味です。
もっとハッキリいいましょう。
現在の日本の高血圧に関するガイドラインは、根本的に間違っているのです。

それでは、健康長寿を実現できる血圧は、どうあるべきなのでしょう。
このことを明らかにするために、私は1989年から、「24時間血圧測定」を実施し、研究を続けてきました。
患者さんに特殊な血圧計を装着してもらい、睡眠時は15~60分ごと、それ以外は10~15分ごとに血圧を測定し、記録したのです。

現在までに集めたデータ数は、延べ1700人以上。
おそらく外来でこのような研究を行っているのは、日本では私だけでしょう。
地道にデータを取ってきた結果、これまで誰も論じなかった、血圧の真実が解明できたのです。

結論からいうと、日中に活動したり緊張したりしたときに血圧が高くなるのは、誰にでも起こるあたりまえの反応です。
問題となるのは、血圧が下がるべきとき、つまり睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。

私は、これまでの調査をもとに、睡眠時の最大血圧が100mmHg前後、最小血圧が60mmHg台(70mmHg未満)を正常血圧と設定しています。
そして、24時間血圧測定を開始してから10年後に、追跡調査を行いました。

睡眠時に正常血圧だった137名と、正常血圧よりも高かった60名の生存率を調べたのです。
すると、前者に比べて、後者の死亡率は約9倍も高いことがわかりました。

睡眠中は、日中に比べ、体があまり酸素を必要としないので、血圧は低くていいはずです。
にもかかわらず、睡眠時に血圧が高い場合、ストレス等で興奮状態になり、脳が酸素を多量に必要としているか、血管が狭くなって脳細胞に十分に酸素が届かず、高い血圧を必要としていると考えられます。

いずれにしても睡眠が浅く、細胞の修復が不十分になるため、長期的に見ると短命となるのでしょう。
睡眠時の血圧測定は、特殊な機械が必要なので、簡単にはできません。
そこで、私がお勧めしているのが、就寝直前の血圧測定です。

測定は4回行います。
そのなかで、最小血圧が最も低かったときの数値を、睡眠時血圧として代用するのです。

血圧には、最大血圧と最小血圧がありますが、私は後者を重視しています。
なぜなら、最大血圧は緊張やストレスで変動するのに対し、最小血圧は血管の状態を示しているからです。
実際、睡眠時の最小血圧が75mmHg以上の人の頸けい動どう脈みやく(首の左右にある動脈)を調べたところ、約90%に動脈硬化が見られました。

1分間の脈数は最小血圧よりやや少なめが目安

就寝直前の血圧を測るときは、いくつかの注意点があります。
まず、酒を飲まずに測りましょう。そして、入浴直後の測定も避けてください。
さらに、なるべくリラックスした状態で測ることが大切です。

その日の行動やストレスによって、血圧が高くなる日もあるので、毎日正常である必要はありません。
1週間のうち、最小血圧が70mmHg以下の日が2日以上あれば問題ありません。

しかし、寝る直前の最小血圧が70mmHgを超える日が、1週間に6日以上あったら、睡眠時も血圧が高いと考えられます。
その場合は、血圧を下げるための生活改善が必要です。

脈数も大切です。1分間の脈数は、最小血圧よりもやや少ない程度が目安です。
脈数が多いのは、心臓が頻回に血液を送り出す必要があるということです。

これは、脱水状態で血液量が少なくなっていると起こります。
それが長く続くと血液が濃くなり、流れが悪くなると考えられます。
対処法を別記事で紹介するので、実践してください。

血圧が高くなるのは、動脈硬化以外にも原因があります。
動脈硬化が進み、薬を飲んでも睡眠時血圧が下がらなかった男性が、海外旅行を楽しんできたら、血圧が下がった例があります。
ストレスが血圧を上げていたのです。
私は多くの患者さんを診て、高血圧の最大の原因はストレスだと思っています。

以上を踏まえ、睡眠時の血圧を測定してください。
日中の最小血圧が65~75mmHgの人は、睡眠時も低いと考えられるので、測定の必要はありません。

日中も就寝前も血圧が高い人は、別記事でご紹介している生活改善法をすぐに始めましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


高血圧 血圧

関連する投稿


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】