MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師の体験談】納豆で肝機能値が下がり健康効果を実感!

【医師の体験談】納豆で肝機能値が下がり健康効果を実感!

弟といっしょに、趣味の釣りに出かけたのはよかったのですが、帰ってから、同時に体調をくずしてしまったのです。病院で調べたところ、2人ともA型肝炎に感染していることが判明しました。肝機能値は、600IU/Lを超えているものの、休めない私が頼みの綱としたのが、納豆でした。【解説】上山博康(禎心会病院脳疾患研究所所長)

黄疸で全身が真っ黄色 だが入院はできない

日本の伝統的な発酵食品である納豆には、さまざまな栄養成分が多く含まれています。
納豆は、良質の植物性たんぱく質を有し、ビタミン・ミネラル類が豊富。加熱したダイズから作られるので、消化が非常によいところも大きな特長です。

また、納豆菌の効果も見逃せません。善玉菌が腸に入ると、悪玉菌の繁殖がおさえられて、腸内環境が整うのは、皆さんご存じのとおりです。
善玉菌といえば、よく乳酸菌が挙げられます。ただ、乳酸菌には、胃酸で死滅するものも多くあります。

その点、納豆菌は、あのネバネバ成分に菌が保護されているので、生きて腸まで届く確率が高いのです。
腸は、体の免疫機能の要となる役割を果たしています。腸内環境が整えば、免疫の働きが高まるため、ガンなどのリスクをへらす助けになるでしょう。

実をいうと私は、若いころから納豆が大好物。今も、週に3~4パックは食べています。
以前には、納豆を医療用食品開発の研究対象とし、実用化を目指したこともあるほどです。

その納豆の健康効果を、身をもって実感した出来事をお話ししましょう。今から30年以上も前のことです。
弟といっしょに、趣味の釣りに出かけたのはよかったのですが、帰ってから、同時に体調をくずしてしまったのです。

病院で調べたところ、2人ともA型肝炎に感染していることが判明しました。おそらく、釣りの際に浜で食べた何かが、感染源だったのだと思います。
私は黄疸で全身が真っ黄色になり、肝機能値は、600IU/Lを超えました(基準値は、およそ40IU/L未満)。

弟は、治療のために入院することになりましたが、外科医として忙しさのピークを迎えていた私は、勤務を休むわけにはいきません。
そこで、私が頼みの綱としたのが、納豆でした。

体力をつけるためには、栄養価が高くなければいけない

糖質や、脂肪を多く含む食品は、肝臓に負担をかけるので、肝臓病のときには、控えなければなりません。
肝機能値の回復には、高たんぱく・低脂肪の食品が望ましいのです。
とはいえ、動物性たんぱくには、植物性たんぱくよりも多くの消化酵素が必要で、これもまた肝臓の負担になります。

体力をつけるためには、当然、栄養価も高くなければなりません。納豆は、こうした条件にピッタリの食品なのです。
これに気づいた私は、毎日、朝昼晩の3食、納豆を大量に食べることにしました。納豆ご飯ではありません。納豆だけです。

だいたい、1食につき6パック程度でしたが、当時は1パック当たりの量が多かったので、今なら、9パック程度になるでしょうか。
なにしろ、ご飯はなしですから、添付のタレをそのまま入れると、味が濃すぎます。

私は、納豆2~3パックに、タレを1袋使うようにしました。
また、納豆に含まれないビタミンCを補給するため、ときにはダイコンおろしを混ぜたり、ミカンやイチゴなどの果物を口にしたりと、工夫しました。

たった2週間で肝機能値が正常化!

こうして納豆ばかりを食べ、激務をこなす日々を続けていたところ、徐々に体力が戻り、体調が向上してきました。
そして、なんと2週間で、肝機能値が基準値まで下がったのです。

普通なら完治まで2ヵ月はかかるところですが、腸内の善玉菌をグンとふやしたため、短期間で免疫力が急上昇し、早期回復につながりました。
実は、病床の弟にもこの食事療法を勧めたのですが、残念ながら彼は納豆が好きではなかったため、けっきょく3ヵ月間、入院しました。

点滴や薬に頼っていたため、よけいに治りが悪かったのでしょう。このときの私の食べ方は、極端なようですが、理にかなった方法です。
そして実は、この食事療法は、ダイエットにも効果があります。私はずっと、体重74kgを維持してきたのですが、近年は運動不足がたたり、78kgにまでふえてしまいました。

私の身長は、170cmですから、やはり少し太りすぎです。
そこで、最近また、納豆を主食にする日々を開始したのです。食べる量はだいたい、朝と昼は6パックずつ、夜は9パック。

3食のうち1食は、ダイコンおろしや、ヤマイモのとろろを入れます。食べないダイエットは、筋肉が落ちるとともに代謝も落ちるので、リバウンドが避けられません。
納豆ダイエットなら、その心配は無用です。満腹感もしっかりあります。

この納豆ダイエットを続けたところ、1ヵ月でストンと4kg落ち、無事に元の体重に戻ることができました。
ただ、私の例はハイペースすぎたかもしれません。昼食や夕食を納豆に替えるだけでも、ダイエット効果があるでしょう。

このように、納豆はとても健康機能に優れた食品です。ぜひ皆さんも、積極的に活用してください。

解説者のプロフィール

上山博康
禎心会病院脳疾患研究所所長。日本脳神経外科学会専門医。脳血管手術、脳動脈瘤クリッピング術において、年間約350例(累計20,000例)を行い、全国屈指の手技と実績を持つ。「上山博康脳神経外科塾」総帥として、若手脳神経外科医の育成に努めている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt