不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

免疫力を高めるには睡眠時間を長く取ればいいのでしょうか。確かに一定の睡眠時間を取ることは大切ですが、一概にそれだけとは、いい切れません。睡眠の量よりも重要なのが、質なのです。そして、質の高い睡眠を得るための秘訣は、意外に思われるかもしれませんが、「朝食」にあります。【解説】宮崎総一郎(滋賀医科大学睡眠学講座特任教授)


宮崎総一郎
1954年生まれ。医学博士。滋賀医科大学睡眠学講座特任教授。日本睡眠教育機構理事長。近著に『ぐっすり眠りたければ、朝の食事を変えなさい』(PHP研究所)がある。

朝食が睡眠の質を左右している!

皆さんは、毎晩ぐっすりと眠れていますか。
「夜中に何度も目が覚める」「寝つきが悪くて、眠りも浅い」「長時間寝ても、疲れがよく取れない」というような睡眠の悩みを抱えているかたは、注意が必要です。

睡眠をしっかり取れていないと、体に疲労が蓄積し、免疫力が低下してしまいます。
カゼやインフルエンザにかかりやすくなり、うつ病などの精神疾患の誘因にもなりかねません。

実際に、睡眠と免疫力との関係性を示したデータは、数多くあります。シカゴ大学が行った研究です。
6日間にわたり、睡眠を4時間しか取らなかったグループと、睡眠をじゅうぶんに取ったグループに分け、それぞれに、インフルエンザワクチンを注射しました。

そして、両者の抗体の産生率を比較したのです。すると、4時間しか寝ていなかったグループは、じゅうぶん時間を取ることは大切ですが、一概にそれだけとは、いい切れません。
睡眠の量よりも重要なのが、質なのです。そして、質の高い睡眠を得るための秘訣は、意外に思われるかもしれませんが、「朝食」にあります。

その日の快眠は、実は、朝起きてすぐの朝食が左右しているのです。
不眠、うつが解消して人生が変わった!では、その理由をご説明しましょう。

質のよい睡眠には、まず、メラトニンというホルモンが、夜に寝ていたグループに比べて、半分しか抗体ができませんでした。
つまり、毎日睡眠をじゅうぶんに取らないと、免疫力が低下して、ウイルスに感染しやすくなることがわかったのです。

では、免疫力を高めるには、睡眠時間を長く取ればいいのでしょうか。確かに、一定の睡眠時間を取ることは大切ですが、一概にそれだけとは、いい切れません。
睡眠の量よりも重要なのが、質なのです。そして、質の高い睡眠を得るための秘訣は、意外に思われるかもしれませんが、「朝食」にあります。

その日の快眠は、実は、朝起きてすぐの朝食が左右しているのです。

不眠、うつが解消して人生が変わった!

では、その理由をご説明しましょう。

質のよい睡眠には、まず、メラトニンというホルモンが、夜にしっかりと分泌されなければなりません。
メラトニンは、私たちの体温を下げて、脈拍や血圧を低下させます。

そうして、安眠に備えた生理的変化をもたらしてくれるのです。そして、このメラトニンは、脳にある松果体という組織で、セロトニンによって作られます。
セロトニンは、「幸せホルモン」とも呼ばれ、うつ病の薬にも用いられる物質で、私たちの精神を安定させる作用があります。

セロトニンは、日中に日光を浴びることで生成されますが、そのときに原料となるのが、トリプトファンという物質です。
トリプトファンは、食事によって摂取できます。もう一度、整理しましょう。

快眠のためには夜にメラトニンが必要で、それには、昼にセロトニンが分泌されなければなりません。
そしてセロトニンには、トリプトファンが必要です。つまり、セロトニンを昼に分泌させるには、その前の朝のうちにトリプトファンを摂取しなくてはいけないのです。

これが、快眠のために朝食が重要な理由です。

トリプトファンは、肉や卵、牛乳、納豆、魚などに多く含まれています。

なので、朝食にはこれらの食材を積極的にとることが勧められます。

朝食に食べることの多いハムエッグは、卵と肉の組み合わせなので最適です。

まさに、最高の快眠食といえます。
ハムエッグを食べて、日中にしっかりと光を浴びれば、夜はぐっすり眠れるようになるでしょう。

免疫力も高まり、カゼやインフルエンザなどの病気に強い体になります。

実際に、朝食にハムエッグを食べるなど、生活を改善したことによって、症状が回復した例をご紹介しましょう。
40代の男性Aさんは、うつ病と不眠に悩み、睡眠時無呼吸症候群の疑いもありました。話を伺うと、食事に偏りがあったので、朝食をきちんと取るように指導しました。

ハムエッグや野菜、牛乳、ヨーグルトといった朝食を毎日食べるように勧めたのです。
すると、約1ヵ月で症状は軽快していきました。それまでは睡眠薬を飲んでも、夜中に3~4回は目を覚ましていたうえに、午前4時には起きてしまっていたそうです。

それが、薬なしで熟睡できるようになったといいます。無呼吸症候群が疑われたイビキも改善。
また、うつ病もよくなり、すっかり元気そうになりました。ご本人も、「人生が変わったみたい」とおっしゃっていました。

このような例は、少なくありません。皆さんも朝食を見直して、病気に強い体を作りましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】