最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

アカモクとは、北海道東部を除き全国に分布している海藻です。最近では、大手スーパーでも売られるようになりました。アカモクには便秘を解消する効果だけでなく、内臓脂肪を減らす効果、糖尿病の改善効果、ダイエット効果、免疫力を高める効果も期待できるからです。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授・農学博士)


別名ギバサ、ナガモ。ぬめりの栄養成分フコイダンが群を抜いて多い

皆さんは、「アカモク」という海藻をご存じでしょうか。
ワカメやメカブに比べると、まだまだ知名度が低いため、この名前を耳にしたことのあるかたは、少ないでしょう。

アカモクは、北海道東部を除いて、全国に分布している海藻です。
日本海沿岸の地方では、「ギバサ」や「ナガモ」などと呼ばれ、昔から食べられていました。

最近では、首都圏の大手スーパーでも売られるようになりました。
アカモクが入手しやすくなるというのは、私たちにとって、朗報といえます。

というのも、アカモクには、優れた健康効果が期待できるためです。
そこで、ここでは、アカモクの効能について、詳しくお話ししましょう。

まず注目したいのは、アカモクに豊富な多糖類の作用です。多糖類とは、炭水化物の一種です。
炭水化物は、3種類に分けられ、単糖類、二糖類、多糖類からなります。

一つの糖からできていて、これ以上分解できないのが単糖類で、果物やハチミツなどの糖がこれに当たります。
二つの糖でできているのが二糖類で、砂糖や水あめなどが含まれます。

多糖類は、その名のとおり、たくさんの糖が連結してできた物質です。
食品に含まれる糖は主に、ここに含まれます。

なかでも、海藻やレイシ、アガリクスなどのキノコ類の多糖類は、体の働きを調整してくれる成分を含みます。

アカモクにも、多糖類の成分が多く含まれています。それがフコイダンです。

実はアカモクには、モズクの2倍もフコイダンが含まれているのです(グラフ参照)。
フコイダンとは、海藻にぬめりをもたらす成分です。

このぬめり成分が、激しい潮の流れや、外的刺激から海藻を守ったり、海面から出たときは、乾燥を防いだりと、海藻本体を守るバリアの役を果たしています。
私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスから身を守る、免疫機構が備わっています。

海藻が、己の身を守るために利用しているフコイダンは、この免疫力を高める効果があるとされています。

みそ汁、酢のものに。アカモクと納豆を合わせるとより強力に

マウス(実験用のネズミ)に白血病のガン細胞を移植し、フコイダン抽出物のえさを与えた群と、フコイダンなしの群とで、マウスの延命効果を調べました。

すると、フコイダンを与えた群のほうが、高い延命効果があったという調査結果が出されています。
このように、フコイダンが、マウスの免疫活性を高めたことが報告されているのです。

また、マウスがフコイダンのえさを摂取すると、ガン細胞を攻撃するNK細胞の活性も高まるという報告もなされています。
加えて、アカモクに含まれる食物繊維の効果も見逃せません。

アカモクに含まれる総食物繊維量は、ワカメやメカブよりも多いのです。
食物繊維は、腸蠕動運動を促し、便秘の解消に役立つことはいうまでもありません。

食物繊維によって腸内環境が整えば、それがまた免疫にもよい影響をもたらします。
腸は、私たちの体の中の最大の免疫器官です。食物繊維をたくさんとることで腸内環境がよくなると、免疫力アップにつながるでしょう。

さらに、アカモクには、カルシウムなどのミネラル類も豊富です。
ミネラル類は、人に必要不可欠な五大栄養素の一つで、体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。

アカモクは、味や香りにクセがないため、どんな料理にも合わせやすい海藻です。
そのままみそ汁に入れると、豊かな香りが広がります。また、酢の物にしてもいいでしょう。

そして、サラダに加えたり、うどんなどの麺めん類に入れたりと、バリエーションはどんどんふやせます。
お勧めは、納豆に混ぜて食べること。納豆の原料となるダイズは、良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。

たんぱく質は、免疫細胞の原料となる栄養素です。アカモクと納豆を合わせると、免疫力を、より強化してくれるでしょう。
食品の有効成分の影響が、実際に私たちの体に現れてくるまでには、約3週間の継続が必要です。

ですから、最低3週間はアカモク入りのメニューを食べることが、一つの目安になるでしょう。
ぜひ、お試しください。

味や香りに癖がないので、どんな料理にも合わせやすい

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない の2タイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

悪玉菌が増え、善玉菌が減ることにより、便秘はもちろん、肥満や糖尿病をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患、うつ病などの精神疾患……と、実に多くの病気の発生にもつながります。こういった活性酸素の害を除去するのが、酢ニンニクの強力な抗酸化作用です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


最新の投稿


【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

ED(勃起不全症候群)は、まったく勃起しない状態だけを指すのではありません。勃起を保つ自信や、性交の満足度などがないと感じる場合も該当します。少しでも不安がある人は、表のセルフチェックを試してください。セルフチェックの結果が21点以下の場合は、EDの疑いがあります。【解説】小堀善友(獨協医科大学越谷病院泌尿器科講師)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【免疫を高める】味噌の酵素パワー 効果を最大限に生かすには“50℃”の味噌汁がお勧め

【免疫を高める】味噌の酵素パワー 効果を最大限に生かすには“50℃”の味噌汁がお勧め

若々しく健康な体を維持するためには、毎日の食事に気を配りたいものです。私自身は最近、みそを積極的に取るようにしています。みその酵素を生きたまま、効果的に摂取できる「50℃みそ汁」がお勧めです。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)