医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

海藻「アカモク」の効能とは?便秘、内臓脂肪解消におすすめ

海藻「アカモク」の効能とは?便秘、内臓脂肪解消におすすめ

アカモクとは、北海道東部を除き全国に分布している海藻です。最近では、大手スーパーでも売られるようになりました。アカモクには便秘を解消する効果だけでなく、内臓脂肪を減らす効果、糖尿病の改善効果、ダイエット効果、免疫力を高める効果も期待できるからです。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授・農学博士)


アカモクは 別名ギバサ、ナガモ

皆さんは、「アカモク」という海藻をご存じでしょうか。
ワカメやメカブに比べると、まだまだ知名度が低いため、この名前を耳にしたことのあるかたは、少ないでしょう。

アカモクは、北海道東部を除いて、全国に分布している海藻です。
日本海沿岸の地方では、「ギバサ」や「ナガモ」などと呼ばれ、昔から食べられていました。

最近では、首都圏の大手スーパーでも売られるようになりました。
アカモクが入手しやすくなるというのは、私たちにとって、朗報といえます。

というのも、アカモクには、優れた健康効果が期待できるためです。
そこで、ここでは、アカモクの効能について、詳しくお話ししましょう。

ぬめりの栄養成分フコイダンが群を抜いて多い

まず注目したいのは、アカモクに豊富な多糖類の作用です。多糖類とは、炭水化物の一種です。
炭水化物は、3種類に分けられ、単糖類、二糖類、多糖類からなります。

一つの糖からできていて、これ以上分解できないのが単糖類で、果物やハチミツなどの糖がこれに当たります。
二つの糖でできているのが二糖類で、砂糖や水あめなどが含まれます。

多糖類は、その名のとおり、たくさんの糖が連結してできた物質です。
食品に含まれる糖は主に、ここに含まれます。
なかでも、海藻やレイシ、アガリクスなどのキノコ類の多糖類は、体の働きを調整してくれる成分を含みます。

アカモクにも、多糖類の成分が多く含まれています。それがフコイダンです。
実はアカモクには、モズクの2倍もフコイダンが含まれているのです(下記グラフ参照)。

フコイダンとは、海藻にぬめりをもたらす成分です。
このぬめり成分が、激しい潮の流れや、外的刺激から海藻を守ったり、海面から出たときは、乾燥を防いだりと、海藻本体を守るバリアの役を果たしています。

私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスから身を守る、免疫機構が備わっています。
海藻が、己の身を守るために利用しているフコイダンは、この免疫力を高める効果があるとされています。

みそ汁、酢のものに。アカモクと納豆を合わせるとより強力に

マウス(実験用のネズミ)に白血病のガン細胞を移植し、フコイダン抽出物のえさを与えた群と、フコイダンなしの群とで、マウスの延命効果を調べました。

すると、フコイダンを与えた群のほうが、高い延命効果があったという調査結果が出されています。
このように、フコイダンが、マウスの免疫活性を高めたことが報告されているのです。

また、マウスがフコイダンのえさを摂取すると、ガン細胞を攻撃するNK細胞の活性も高まるという報告もなされています。
加えて、アカモクに含まれる食物繊維の効果も見逃せません。

アカモクに含まれる総食物繊維量は、ワカメやメカブよりも多いのです。
食物繊維は、腸蠕動運動を促し、便秘の解消に役立つことはいうまでもありません。

食物繊維によって腸内環境が整えば、それがまた免疫にもよい影響をもたらします。
腸は、私たちの体の中の最大の免疫器官です。食物繊維をたくさんとることで腸内環境がよくなると、免疫力アップにつながるでしょう。

さらに、アカモクには、カルシウムなどのミネラル類も豊富です。
ミネラル類は、人に必要不可欠な五大栄養素の一つで、体の組織を構成したり、体の調子を整えたりする働きがあります。

アカモクのおすすめの食べ方

アカモクは、味や香りにクセがないため、どんな料理にも合わせやすい海藻です。
そのままみそ汁に入れると、豊かな香りが広がります。また、酢の物にしてもいいでしょう。

そして、サラダに加えたり、うどんなどの麺めん類に入れたりと、バリエーションはどんどんふやせます。
お勧めは、納豆に混ぜて食べること。納豆の原料となるダイズは、良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。

たんぱく質は、免疫細胞の原料となる栄養素です。アカモクと納豆を合わせると、免疫力を、より強化してくれるでしょう。
食品の有効成分の影響が、実際に私たちの体に現れてくるまでには、約3週間の継続が必要です。

ですから、最低3週間はアカモク入りのメニューを食べることが、一つの目安になるでしょう。
ぜひ、お試しください。

味や香りに癖がないので、どんな料理にも合わせやすい

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

甘酒を寒天で固めてみたら大正解でした。甘酒だけよりも、圧倒的にお通じがよくなり、便の量や状態もいいのです。翌日から変化を実感し、1週間も経つと、腸が悪かったことを忘れるほど、快調になりました。トイレは数分でスッキリ。おならが頻繁に出ることも、頻尿もなくなりました。【体験談】上山直子(仮名・ウェブデザイナー・29歳)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

気功を行えば、自然と腸が健康になります。私は「より即効的に便秘を改善する方法はないか」と、考えました。そして、25年にわたる気功研究の中で考案したのが、今回ご紹介する快便呼吸です。腹部のポイントを指先で押しながら呼吸をすることで、便意を促し、スムーズな排便が期待できます。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


手のツボを押して「肛門」刺激! 便秘と下痢によく効くツボはココ

手のツボを押して「肛門」刺激! 便秘と下痢によく効くツボはココ

規則的でスムーズな排便には、便にある程度のボリュームが必要です。ボリュームがあることで、腸が刺激されて、便意が生じて排泄できるからです。したがって、食物繊維の豊富な温野菜を、毎日たくさん摂取することも心がけたいものです。【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


最新の投稿


重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

甘酒を寒天で固めてみたら大正解でした。甘酒だけよりも、圧倒的にお通じがよくなり、便の量や状態もいいのです。翌日から変化を実感し、1週間も経つと、腸が悪かったことを忘れるほど、快調になりました。トイレは数分でスッキリ。おならが頻繁に出ることも、頻尿もなくなりました。【体験談】上山直子(仮名・ウェブデザイナー・29歳)


【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

デコボコのついた舌を、漢方では「歯痕舌」といいます。この舌のむくみは、胃腸の水はけが悪く、水びたしになっている状態が舌に現れたもので、食べすぎや飲みすぎで胃腸が疲れている状態です。舌苔は、舌の粘膜を保護するという役目もありますから、ほどほどには必要です。【解説】平地治美(和光治療院・漢方薬局薬剤師・鍼灸師)


眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

あおむけになってひざを立て、自分のおなかを指で押してみてください。おなかが固くて、痛みを感じる場所がないでしょうか。痛みを感じるかたは、おなかの筋肉の緊張が不眠の主因かもしれません。そのような場合に、お勧めしたいセルフケア法があります。それが「わき腹ほぐし」です。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

久しぶりにくびれができたボディラインを見たときは正直、感動しました。以来、「ここ最近、食べすぎてるな」とか、「体重増えたかな」と思うと、キュウリのすりおろしを食べて、体重コントロールに役立てています。普段の食生活にプラスするだけなので本当に簡単です。【体験談】まちゃまちゃ(タレント)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)