医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【医師解説】テニスひじが改善 関節の痛みが軽快する腕のマッサージ "力こぶほぐし" のやり方

【医師解説】テニスひじが改善 関節の痛みが軽快する腕のマッサージ "力こぶほぐし" のやり方

上腕二頭筋の下端は、ひじ関節をまたぎ、橈骨と尺骨に付着しています。上腕二頭筋をもみほぐして、上腕の血流がよくなると、肩関節周辺とひじ関節周辺の血行がよくなります。その結果、患部の緊張が緩んで、ひじの痛みや肩のコリが軽減すると考えられるのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


痛くてさわれない 患部の緊張が緩む

いわゆる「テニスひじ」は、テニスでひじを酷使したとき生じやすいことからつけられた呼び名です。
しかし近年は、テニスとは無縁のかたが発症することも少なくありません。

原因は、いろいろ考えられます。まずは、加齢によるもの。
また、本人が意識していないものの、なんらかの作業で手や腕を酷使しており、それがひじの痛みを引き起こしているケースもあります。

さらに、リウマチの場合もあります。リウマチの炎症は、手足の指ばかりではなく全身に及びます。
なかでも、炎症の起こりやすい場所として、ひじ関節が挙げられます。

原因がなんであれ、ひじの炎症は痛みが強いため、直接ふれたり、マッサージしたりすることは難しいでしょう。
そんなとき、覚えておくと大変役に立つのが、力こぶほぐしです。

力こぶの筋肉(上腕二頭筋)の下端は、ひじ関節をまたぎ、前腕の二つの骨(橈骨と尺骨)に付着しています。
上腕二頭筋をもみほぐして、上腕の血流がよくなると、肩関節周辺と、ひじ関節周辺の血行がよくなります。

その結果、患部の緊張が緩んで、ひじの痛みや肩のコリが軽減すると考えられるのです。

42歳の女性Fさんはリウマチで来院しました。

右ひじは痛みが非常に強く、指先を動かすのもつらいとのこと。
ひじ関節を直接刺激することは、とてもできませんでした。

そこで、力こぶほぐしを指導し、自宅でも実践してもらいました。
すると、1ヵ月ほどで、ひじの痛みが軽快し、指も動かせるようになったのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


テニス肘 慢性関節リウマチ

関連する投稿


【足裏の痛み】かかとや土踏まずが痛む足底筋膜炎 体外衝撃波治療で改善

【足裏の痛み】かかとや土踏まずが痛む足底筋膜炎 体外衝撃波治療で改善

歩くと足の裏が痛い。踵の痛みもある。そんな症状の原因は「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」かもしれません。足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とも言われます。長時間の立ち仕事やスポーツが原因で起こり近年はランニングブームの影響で患者数が増えています。【解説】高橋謙二(船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター副部長)


【変形性膝関節症】軟骨再生を促す効果「ひざ振り子体操」のやり方

【変形性膝関節症】軟骨再生を促す効果「ひざ振り子体操」のやり方

ひざ痛は、多くの人を悩ませている症状です。日本では、治療を要するひざ痛を持つ人が約800万人いるといわれ、その大部分は、変形性ひざ関節症です。しかし、そのようなひざ痛でも、ある体操をきちんと行うことで、驚くほど改善できます。その体操は、「ひざ振り子体操」です。【解説】勝呂徹(東邦大学名誉教授)


【操体法とは】やり方は簡単で気持ちいい!  腰痛 ひざ痛の痛みやしびれが改善

【操体法とは】やり方は簡単で気持ちいい! 腰痛 ひざ痛の痛みやしびれが改善

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


【むずむず脚症候群は神経内科へ】原因・症状・治療法と生活上の注意点

【むずむず脚症候群は神経内科へ】原因・症状・治療法と生活上の注意点

夜、寝ようとすると、脚の奥にむずむずと不快な感じが起こり、なかなか寝付くことができない。飛行機などで長時間座っていると、脚がむずむずして、動かさずにいられなくなる……。もし思い当たるようなら、「むずむず脚症候群」かもしれません。【解説】中村真樹(睡眠総合ケアクリニック代々木院長)


【善玉菌を増やす食べ物】最強「きな粉ヨーグルト」で腸内フローラ改善

【善玉菌を増やす食べ物】最強「きな粉ヨーグルト」で腸内フローラ改善

腸内フローラの乱れは便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧、ガンといった生活習慣病、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなどの自己免疫疾患など、実に多くの病気を呼び込みます。「きな粉ヨーグルト」で腸内細菌が増え、腸内環境が整います。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)