【腱鞘炎】手首が痛い 甲が痛い 指の痛みは "腕"のマッサージが効果的と判明

【腱鞘炎】手首が痛い 甲が痛い 指の痛みは "腕"のマッサージが効果的と判明

指を伸ばせない、曲がらないなど、腱鞘炎の症状は、つらいものです。痛みが出ているときは、手のひらや手首の筋肉や腱がこわばり、炎症が起こっています。炎症のある患部を直接刺激するのは得策ではなく、むしろ、大本のコリを取ってやることが大事なのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


前腕をほぐして 手のひらの炎症を鎮静

指を伸ばせない、曲がらないなど、腱鞘炎の症状は、つらいものです。

安静にすれば痛みは和らぎますが、指先を使わず日常生活を営むことは困難です。
仕事や家事を再開すると、たちまち悪化します。

病院では、注射を打ったり、湿布を貼はったりしますが、一時的な鎮静効果なので、
ぶり返すことが多いのが実情です。そんなときは、腕ほぐしを試してください。

腱鞘炎以外の手の痛み、しびれなどに悩むかたにも、お勧めの刺激法です。
手のひらには、指を曲げる屈筋や腱が集まっています。

痛みが出ているときは、手のひらや手首の筋肉や腱がこわばり、炎症が起こっています。
炎症のある患部を直接刺激するのは得策ではなく、むしろ、大本のコリを取ってやることが大事です。

手のひらの屈筋群は、前腕の屈筋群につながっています。
そこで、前腕の屈筋群を緩める必要があります。

このため、まず、前腕の屈筋群と連携して動く、前腕の伸筋群を刺激しましょう。
伸筋群をもんで緩めると、屈筋群のこわばりがよくほぐれ、血流も改善します。

その後、屈筋群を同様にもみます。それが、手のひらの炎症をも、鎮めてくれるのです。

リウマチのかたは、朝、手にこわばりを感じることが多いでしょう。

手でもむ代わりに、湯たんぽなどで、前腕の手の甲側を温めると、こわばりや痛みの緩和に役立ちます。

また、腱鞘炎を湿布で冷やすのはお勧めできません。
一時的に痛みが楽になりますが、冷やすと血流が滞るので、治癒が遅くなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【野球肘を予防】正しいフォームになる 整形外科医考案「簡単エクササイズ」

【野球肘を予防】正しいフォームになる 整形外科医考案「簡単エクササイズ」

体もフォームも出来上がっていない小学生には、投球動作の基本を投球とは違う動きで覚えさせたほうが効果的です。より実際のイメージに近い方法として「真下投げ」がお勧めです。ここでは簡単で、初心者でもできる「ZERO真下投げ」を紹介しましょう。やり方は、右投手の場合です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘の症状・セルフチェック方法】病院などの医療機関へのかかり方について

【野球肘の症状・セルフチェック方法】病院などの医療機関へのかかり方について

ひじに痛みがあっても、彼らなりの理由から痛みを口にしたがらない子供や、どこからが「痛み」なのかよくわからない子供は少なくありません。ほうっておくと、子供たちが悲しい思いをします。気持ちに左右されず物理的にひじの不調や問題、痛みを発見するチェック法を紹介しましょう。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球ひじへの対処法】肘が痛くなったら 早期に治すための対策と予防法はコレ

【野球ひじへの対処法】肘が痛くなったら 早期に治すための対策と予防法はコレ

「病院に行くと、休めって言われる。休むと、試合に出られなくなっちゃう」この会話に、子供たちの気持ちと、彼らを取り巻く環境が如実に現れています。病院が「休め」と言うのは事実です。しかし、医療に携わる人間として、休むことが一番大切な治療だということを知ってほしいのです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘の症状】種類と特徴 内側型野球ひじ・外側型野球ひじ 治療法の違い

【野球肘の症状】種類と特徴 内側型野球ひじ・外側型野球ひじ 治療法の違い

キャッチボールや投球でひじに痛みが出た場合、そのすべてを「野球ひじ」といいます。野球ひじにはいくつか種類がありますが、小学生に最も多く発生するのは「内側型野球ひじ」。発生頻度は低いものの重症化しやすいのは「外側型野球ひじ」です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【肘の内側・外側が痛い】なぜ少年野球の選手は肘を痛めるのか 整形外科の名医が解説

【肘の内側・外側が痛い】なぜ少年野球の選手は肘を痛めるのか 整形外科の名医が解説

なぜこれほど多くの子供たちがひじを痛めるのでしょう。その最大の理由は、「使いすぎ(投げ過ぎ)」です。ひじを休める暇なく投球を続けると、修復が間に合わず、疲労が蓄積され、傷が治らなくなります。これが「使い過ぎ」「オーバーユース」といわれるものです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)