MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】胃腸を活性化させる「腹筋押し」のやり方

【医師解説】胃腸を活性化させる「腹筋押し」のやり方

背中のコリは、非常に厄介です。たいてい、背中全体が漠然と不快で、どこをほぐせばいいか、わかりません。そんなとき役立つのが、拮抗筋による刺激です。背中がほぐれると、内臓に流れる血液量が増大し、胃腸の機能が回復します。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)

胃のムカムカがすぐ治まった!

背中がこり固まると、内臓に流れる血液量が低下するため、
胃腸の機能低下が起こり、胃がムカムカしたり、消化不良が起こったりします。
こうしたケースでは、病院で検査を受けても、異常が見つからないことがほとんどです。
背中のコリは、非常に厄介です。
たいてい、背中全体が漠然と不快で、どこをほぐせばいいか、わかりません。

そんなとき役立つのが、拮きつ抗こう筋きんによる刺激です。
おなかの前面の筋肉(腹直筋)を探り、「押すと痛いところ」を探しましょう。

腹直筋は、背中の広背筋や脊柱起立筋などの拮抗筋です。
腹直筋のコリを探し、ほぐすことで、背中のコリを解消することができます。

背中がほぐれると、内臓に流れる血液量が増大し、胃腸の機能が回復します。
その結果、胃痛、胃もたれ、消化不良、便秘といった胃腸の不調が改善してくるのです。

腹直筋のコリをほぐすことで、背中の筋肉が緩むと同時に、腹筋の緊張も解けて、胃腸の調子が改善されます。

45歳の女性Eさんは、大病の手術のあと、体調が回復しませんでした。
特に、胃がムカムカする症状に、ひどく悩まされていました。

検査をしても、異常は見当たらなかったとのこと。
しかし、なんとか症状を改善したいと、当院にいらっしゃいました。

触診すると、腹直筋がガチガチにかたくなっていました。
その場で腹筋押しを行い、自宅でも習慣にするようにアドバイスしたところ、
すぐに胃が楽になり、ムカムカが治まったとの連絡がありました。

腹筋押しのやり方

解説者のプロフィール

班目健夫
1954年、山形県に生まれる。1980年、岩手医科大学医学部卒業後、同大学院進学、第一内科入局。
1984年、医学博士号取得。2004年より東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック講師。
2011年、青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所を開設。
西洋医学の専門領域は内科、肝臓学、消化器内科。西洋医学と東洋医学のいいところを取り入れた統合医療を実践している。

●青山・まだらめクリニック
https://www.dr-madarame.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
お通じがつくときは、「突然、おなかが猛烈に痛くなり、トイレに向かう」というパターンがほとんどでした。それがスリッパをはくようになってからは、穏やかに便意がつくようになりました。形状も健康的なバナナ便に近くなってきました。おなかを下す回数も激減しました。【体験談】山川小百合(仮名・パートタイマー・51歳)
更新: 2019-01-07 18:00:00
発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)
更新: 2018-11-29 12:00:00
私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 
更新: 2018-11-08 07:00:00
私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)
更新: 2018-10-19 18:51:43
吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)
更新: 2018-09-28 10:07:51
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00