【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

【花粉症撃退】原因も症状も抑える「ショウガ赤ワイン」が最強コンビと判明!

今や国民病ともいわれる花粉症。春先になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで、家事や仕事が手につかないという人も多いようです。そこで、「花粉症に有効なものはないか」と、いろいろと調査・研究を重ね、ついに「これ以上の組み合わせはない」と確信したものがあります。【解説】平柳要(元日本大学医学部准教授・医学博士)


9割以上の人の症状が1週間で緩和した!

 今や国民病ともいわれる花粉症。春先になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで、家事や仕事が手につかないという人も多いようです。
 そこで、「花粉症に有効なものはないか」と、いろいろと調査・研究を重ね、ついに「これ以上の組み合わせはない」と確信したものがあります。それは、「ショウガ」と「赤ブドウの皮」です。

 これらの効能をお話しする前に、花粉症のメカニズムについて、ごく簡単に説明しておきましょう。
 花粉が体内に入り、異物と認識されると、リンパ球のB細胞で免疫グロブリン(IgE)抗体が大量に作られます。このIgE抗体が、粘膜にあるマスト細胞(肥満細胞)に付着し、そこにやってきた花粉と結合すると、マスト細胞が活性化され、アラキドン酸が遊離されます。
 このアラキドン酸から、ロイコトリエン、プロスタグランディンという物質が生成され、鼻づまり、炎症、痛み、むくみといった症状を引き起こします。

 また、別ルートでマスト細胞からは、ヒスタミンという物質が分泌され、くしゃみ、鼻水、かゆみなどを引き起こします。
 これまでにショウガが、このメカニズムの中で、ロイコトリエンとプロスタグランディンの生成、ヒスタミンの分泌を抑制することはわかっていました。

 そこで昨年、私は主にショウガ粉末でできたサプリメントを作り、花粉症の症状が出た12名(30〜50代の男性9名、女性3名)に1週間飲んでもらいました。すると、なんと重症だった1名を除いた11名の症状が緩和したのです。
「くしゃみや鼻水が出なくなりました。目のかゆみだけは少し残りましたが、薬と違って眠くならないのがとてもよかったです」これは、女性の体験者からいただいた感想です。

 わずか1週間で、このような素晴らしい結果が出て、私は「ショウガが花粉症の根本的な原因をも抑えるのではなかろうか」と考えました。
 そして、いろいろと最新の文献を調査したところ、ショウガがIgE抗体の産生を抑制する、という研究論文を発見したのです。それは、パリ第五大学医学部で行われた実験でした。IgE抗体の産生が、ショウガの水抽出物を取ることで、約35%抑制されます。
 この調査のさいに、赤ブドウの皮の渋味成分(レスベラトロール)にも、同様の働きがあることがわかりました。韓国の生命工学研究院で行われた実験です。ブドウの皮によって、IgE抗体の産生が50%ほど抑制されています。

 また、ブドウの皮にもショウガと同様に、ロイコトリエン、プロスタグランディン、ヒスタミンを抑制する効果があることも研究で確認されています。
 つまり、ショウガとブドウの皮は、花粉症の症状を抑える対処的な働きと、花粉症を引き起こす原因物質(IgE抗体)の産生を抑える働きの、両方を併せ持つということです。
 なお、これら二つの成分は、花粉症だけでなく、ダニなどによるアレルギー性鼻炎やぜんそくの改善にも効果的であることが明らかになっています。

花粉が飛ぶ1週間前から取るのがお勧め

 ブドウの皮の渋味成分は、赤ワインや100%の赤ブドウジュース、干しブドウなどに含まれていますから、花粉症の気になる人は、ショウガと一緒に取るといいわけです。

 1回に取る量は、生のショウガ5~6g、赤ワイン50〜60㎖(赤ブドウジュースなら100㎖)、干しブドウ20個が目安です。これらを1日3回、毎食前に取るといいでしょう。
 アルコールは、花粉症を悪化させる危険性がありますから、赤ワインは必ず火にかけて、アルコールを飛ばすようにしてください。

 甘味が欲しい人は、黒砂糖かハチミツを好みで加えてもけっこうです。
 赤ブドウジュースや干しブドウでも構いません。ただし、赤ブドウジュースは赤ブドウ100%のものでないと、皮の渋み成分が十分に入っていないので、注意してください。

 最後に、さらに花粉症の改善効果を高めたいなら、サプリメントのマリアアザミ(シリマリン、ミルクシスルなど)も取ることをお勧めします。
 マリアアザミは肝機能の改善によいとされるものですが、IgE抗体の産生を抑制するので、花粉症の症状の軽減も期待できます。これも1日3回に分けて取るといいでしょう。

 ショウガ赤ワイン、ショウガ赤ブドウジュース、あるいはショウガと干しブドウは、花粉が飛ぶ1週間前から取ると、予防効果も期待できるのでいいでしょう。ぜひお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


花粉症 ショウガ

関連する投稿


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)


【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

日本で古くから飲まれてきた甘酒が、現在、健康に役立つ食品として脚光を浴びています。便秘の改善や疲労回復、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があることがわかってきたのです。甘酒は甘味を楽しみながらおいしく栄養補給して体力向上・健康維持に役立つ優れた食品なのです。【解説】小紺有花(発酵食大学教授・糀料理研究家)


【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

ショウガ紅茶は、飲んだ直後から体を温めます。そのため、筋肉の緊張がほぐれ、声が出やすくなります。声が枯れたり、タンがからみやすくなるのは、声帯のむくみが主な原因です。ショウガ紅茶には、体にたまった水分や老廃物を、素早く排泄する働きがあるので、のどのむくみもすぐに解消します。【解説】佐藤涼子(ボイストレーナー)


【体験談】O脚が簡単に改善!足の親指を刺激したら花粉症の症状も出ず大助かり

【体験談】O脚が簡単に改善!足の親指を刺激したら花粉症の症状も出ず大助かり

いつの間にか、足の親指刺激が習慣になり、毎日続けているうちに、O脚ぎみだったのも、両ひざがついて隙間がなくなり、姿勢がよくなりました。花粉症の症状に毎年悩まされ、ひどいときには顔が腫れるほどでしたが今年はほとんど症状が出ず、薬を飲まずに済みました。【体験談】伊牟田和貴(会社員・28歳)


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)