MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
膝の痛みが改善する「レモン水」の簡単レシピ!老化防止やリラックス効果も

膝の痛みが改善する「レモン水」の簡単レシピ!老化防止やリラックス効果も

私たち夫婦はそろって膝の痛みに悩まされてきました。あるとき、テレビで「レモン水」のことを知りました。初めてみて1ヵ月くらい経ったころでしょうか。まず、私のひざ痛がみるみる改善してきました。主人のほうも改善、整形外科に通わなくてよくなったのです。今でも、毎朝、レモン水を飲みます。【体験談】高山キミ(新潟県●73歳●主婦)

趣味を満喫している髙山さん

痛む場所もぐあいも夫婦で同じだった

 夫唱婦随といっていいのかわかりませんが、ある時期から、私たち夫婦はそろってひざ痛に悩まされてきました。
 現在は引退しましたが、5年ほど前まで夫婦で板金業を営んでおり、屋根ふきの仕事をしていました。屋根ふきは、はしごを上り下りする力仕事です。人の何倍も足腰を使ってきたせいで、主人は60歳前後からひざ痛を患い、私も間もなくひざ痛に悩まされるようになりました。

 同じ仕事をしていたからでしょうか、痛む場所もぐあいも同じなのです。2人ともひざを曲げたり伸ばしたりするたびに、ズキンとした痛みが走りました。仕事場では、はしごの上り下りがつらくなりましたが、2人で痛みに耐えながら働き続けたのです。
 家にいても、立ち座りするたびにひざが痛むので、立ち上がるときに「痛いっ」というのが私の口グセになりました。主人は定期的に病院に通っていましたが、いっこうによくなりませんでした。

 そんな主人を見ていたので、私は病院に通う気にはなりませんでした。自分の力でひざがよくなる方法はないものかと、探すようになったのです。
 そんなやさき、テレビで「レモン水」のことを知りました。たまたま見ていた番組で、レモン水を飲んでひざ痛がよくなったという女性が紹介されていました。
 幸い、私も主人も、酸っぱい物が苦手ではなかったので、すぐにやってみることにしました。ただ、私は初めから乗り気だったのに対し、主人のほうは「飲み物でひざがよくなるのなら、医者はいらん」と、あまり信用していない様子でした。それでも、とりあえず試すことにしたのです。

 レモン水の作り方は簡単です。大きめのコーヒーカップに、ハチミツをスプーン1杯分(約大さじ1)入れてお湯を注ぎ、冷まします。冷めたら、レモン1個分のしぼり汁を加えて、かき混ぜてから飲みます。
 レモンは半分に切ってから、しぼり器を使って手でしぼります。ほとんどの場合、朝食時に飲むようにしていますが、朝、忙しくて、作る暇がないときには、夜に飲みます。

レモン水の作り方

はしごの上り下りも楽にできる!

 こうしてレモン水を飲むようになって1ヵ月くらい経ったころでしょうか。まず、私のひざ痛がみるみる改善してきました。口グセだった「痛いっ」という言葉も出なくなったのです。
 気がつくと、ひざを曲げたり伸ばしたりしても、痛くありません。はしごの上り下りもずいぶんと楽になりました。

 主人のほうも、私より1ヵ月以上遅れたものの、だんだんと改善してきました。日に日に痛みが引き、整形外科にも通わなくて済むようになったのです。
 けっきょく2人とも、レモン水を飲み始めて半年ぐらい経ったころには、ひざの痛みを全く意識しなくなりました。主人は口にこそ出しませんが、レモン水が効いたことに、とても感謝しているようです。

 ひざ痛がよくなってからもレモン水を飲み続けましたが、途中でレモンを切らして飲まない日が5日ほどありました。そうすると、またひざが痛みだし、レモン水を飲み始めると痛みが治まるのです。そういうことが2〜3回あったので、確実にレモン水の効果でひざ痛が改善したことがわかります。
 おかげで、家業を引退するまでの5年間はひざの痛みを感じずに済み、2人で最後まで仕事を続けることができました。

 仕事を引退後も、夫婦で畑と田んぼを耕しています。2人で、年に4回は旅行をしていますが、観光地を1日中歩き回っても、ひざが痛くなって困ったことはありません。
 同年代には、杖をついたり、外出もままならなかったりする人が多いなか、私たちは今、やりたいことを元気にやれています。

 私はフラダンス、夫は写真を趣味にしています。丈夫なひざのおかげで、夫婦そろって元気にいきいきと過ごせているのです。
 今でも、毎朝、レモン水は欠かしません。10年間飲み続けているので、私たち夫婦が使ったレモンの総数は7000個を超えました。これからも、この記録は更新していきますよ。

レモンの成分が炎症を改善し進行を抑制(中部大学応用生物学部教授 横越英彦)

 髙山さんご夫婦のひざ痛は、加齢や長年の重労働に伴い、ひざの軟骨や骨に炎症が起こったことが主な原因でしょう。そうした炎症の改善に、カルシウムの吸収をよくするクエン酸や、血液をサラサラにし、抗炎症作用を示すエリオシトリン(抗酸化成分)といったレモンの成分が働いたと思われます。
 また、老化を防止するビタミンCや、リラックス効果のあるリモネンという成分も、ひざ痛の進行抑制や、痛みを感じにくくすることに役立ちます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
健康を維持するには、体に必要な栄養素を取ることが大変重要です。各栄養素をまんべんなく取るのが理想的ですが、今回は、ひざ痛の予防や改善のために、積極的に取りたい栄養素と、それを豊富に含む食品、効果的な調理例をご紹介します。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長)
更新: 2019-05-29 18:00:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt