【二重あご解消エクササイズ】ストロー1本で美しい笑顔を手に入れる美顔術

【二重あご解消エクササイズ】ストロー1本で美しい笑顔を手に入れる美顔術

初対面の人の第一印象はおよそ7秒で決まります。わずかな時間に「顔」や「見た目」で、いかに好印象を与えるか――。今回ご紹介するストロー呼吸美顔術をすると顔の筋肉が自然に動くようになり美しい笑顔に導きます。さらに、シミ、そばかす、クマ、二重あご等のお悩みを解消する効果もあります。【解説】服部彩香(魅せ方プロデューサー)


はっとり さやか
大阪府生まれ。10年間のモデルの経験に加え、メイク、エステティシャンの美容スキルを合わせた“魅せ方プロデューサー”として活動。テレビ、雑誌取材多数。著書に『ストロー1本で顔が10歳若返る! ストロビクス』(講談社)、『顔のみせ方、作り方』(あさ出版)、『一瞬で見た目のいい人に変わる本』『見た目が10歳若返る7つの方法』(ともに中経出版)などがある。

チェックリストをご覧ください。1つでも当てはまるものがありますか? そんなかたは、今すぐ解消してしまいましょう。3分で自力整形。ストロー1本をくわえるだけの画期的な美顔術を紹介しましょう。

《「ストロー呼吸美顔術」をすると、こんな効果が!》
● 口角が左右対称に、きれいに上がるようになります。
● 笑顔が美しくなります。
● 顔色がよくなります。
● シミやそばかすができにくくなります。
● 目の下のクマが薄くなります。
● あごのラインがシャープになります。
● 小顔になります。
● 胸元が開いて、若々しい印象になります。

7cmのストロー1本で顔のトラブル解消!

 初対面の人の第一印象は、およそ7秒で決まります。そのわずかな時間に、「顔」や「見た目」で、いかに好印象を与えるか。その重要性について、私は多くのかたにアドバイスをさせていただいています。
 その中で、魅力的な表情を作るには、「顔の動かし方」が重要だと気がついたのです。そこに、ヨガの呼吸法や美容知識を取り入れ、今回ご紹介するストロー呼吸美顔術「ストロビクス」が誕生しました。ストロビクスとは、ストローとエアロビクスを合わせたオリジナルの言葉です。

 ストロビクスで、顔の筋肉が自然に動くようになります。すると、口角が左右対称、きれいに上がるようになり、笑顔が美しくなります。さらに、顔の血行がよくなり、シミやそばかすができにくくなったり、目の下のクマが薄くなったりします。たるんだあごのラインもシャープになり小顔になります。胸元が開くので、若々しい印象にもなれるでしょう。
 しかも、7〜8cmにカットした、普通のストロー1本で、すぐに始めることができます。ストローを使用するのは、顔の軸ができるのと、負荷がかかり効果が高まるためです。さらに、ゆっくりの呼吸に慣れていないかたでも、簡単に集中して行えるからです。

 試しに、ストローをくわえずに実践してみてください。やりやすさの違いが、すぐにおわかりいただけるかと思います。行う時間は、決まっていません。時間のあるときに、こまめに実践してみてください。

 最初は、顔の筋肉が疲れるかもしれませんが、それは効いている証拠です。徐々に慣れてくるでしょう。
 10年後、20年後、周りの人からどう見られたいですか? 今からできる美の貯金、ストロビクスをぜひ実践してみてください。

ストローをくわえながら息をス〜ハ〜!1セット3分でできる「ストロー呼吸美顔術」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


美顔

関連する投稿


【男性社員が実践】目力アップ&口元キリッ 妻も惚れ直した⁉男の“顔ヨガ”講習会ルポ

【男性社員が実践】目力アップ&口元キリッ 妻も惚れ直した⁉男の“顔ヨガ”講習会ルポ

多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)


【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)


【顎関節症・顔の歪み】原因は“手首の硬さ” 手首整体で全身を調整できる

【顎関節症・顔の歪み】原因は“手首の硬さ” 手首整体で全身を調整できる

当院には、顔のゆがみや顎関節の痛み、首の痛みや頭痛の症状に悩んでいる人が来られ、治療は全身の骨の位置をチェックすることから始めます。すると、半分以上のかたが、手首の状態がよくありません。「手首を軟らかく保つ」ことは健康を保つことにつながるので、私は「手首整体」をお勧めしています。【解説】和田浩(整体の和(なごみ)院長)


【歯周病を予防】舌の力を高めて唾液を分泌「舌回しエクササイズ」で誤嚥も防げる

【歯周病を予防】舌の力を高めて唾液を分泌「舌回しエクササイズ」で誤嚥も防げる

歯科医として30年以上、たくさんの患者さんを診てきましたが、ムシ歯が1本もない歯周病の患者さんは数人しかいませんでした。このことから、口の中の環境をきれいに整えておくことが、いかに大切かということがわかります。【解説】宝田恭子(宝田歯科医院院長)


【まるで別人】たるみ・ほうれい線・シワを取る 1回10秒「顔ヨガ」のやり方

【まるで別人】たるみ・ほうれい線・シワを取る 1回10秒「顔ヨガ」のやり方

1回10秒! 表情グセを正して顔のたるみ、ほうれい線、シワを取る「顔ヨガ」をご紹介します。顔ヨガをくり返し行うと、表情筋が鍛えられるため、いつまでも若々しい顔を維持することができますし、表情も豊かになります。早ければ1~2週間で変わり始めます。ぜひ、鏡を見ながら楽しく行ってください。【解説】間々田佳子(顔アスリート)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)