【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

そけい部押しは、座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


80歳で2時間「銀ブラ」を楽しめた!

座骨神経は、脊髄から枝分かれし、お尻から太ももの裏を通っている神経です。
この神経が、さまざまな刺激を受け、下半身に痛みやしびれを感じるのが、座骨神経痛です。

たいてい、座骨神経痛の患者さんのお尻の筋肉は、かたくなっています。
お尻をほぐすと、足腰の痛みやしびれが軽快するケースが少なくありません。

お尻は、大殿筋という大きな筋肉で覆われ、その奥に、中殿筋、小殿筋、梨状筋といった多数の筋肉があります。

これらの筋肉群と連携して動くのが、腸腰筋です。
腸腰筋は、腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉群の総称です(腸骨筋、大腰筋、小腰筋など)。

そけい部は、唯一、腸腰筋に直接さわれる場所です。
そけい部押しで腸腰筋をもみほぐし、お尻のコリを解消させると、座骨神経痛が和らぐのです。

そけい部押しは、脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。
間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。

座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。
さらに、そけい部押しで腸腰筋がやわらかくなると、足が上がりやすくなるので、下半身の筋力が低下した人も、楽に歩けます。

80歳の女性Gさんが、先日来院した際に「これから銀座に出かける」というのですが、歩き方がトボトボしているので、そけい部を押してあげました。

すると、背すじがシャンと伸び、足がサッと上がるようになったのです。
Gさんは、その後2時間、軽い足取りで「銀ブラ」を楽しんだとのことでした。

【腰痛の名医】脊柱管狭窄症は自分で治せる!症状別の治療法と簡単体操はコレ
【名医に聞く】坐骨神経痛の治療法「寝るだけ・伸ばすだけ」簡単体操を紹介

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【全身のこりや痛み】原因は脳の静脈の滞り? 医師も激賞「脳マッサージ」の効果

【全身のこりや痛み】原因は脳の静脈の滞り? 医師も激賞「脳マッサージ」の効果

脳の静脈に鬱滞が起きると、脳脊髄液とリンパ管など全身の循環に大きな影響が及び、さまざまな病気や不調の原因となるのです。脳マッサージで帽状腱膜を動かせば、全身の筋膜が緩むので、全身の痛みの緩和も可能です。【解説】上馬場和夫(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科教授・医学博士)


【糖尿病や三叉神経痛】ロキソニンやボルタレンが効かない痛みは神経の老化現象“漏れ”が原因

【糖尿病や三叉神経痛】ロキソニンやボルタレンが効かない痛みは神経の老化現象“漏れ”が原因

神経の老化が万病につながるということを、詳しく説明していきましょう。神経の老化現象が引き起こす症状は、大きく三つに分けられます。二つ目は、ミエリンが損傷した部分から電気信号が漏れ出して起こる症状です。【解説】工藤千秋(くどうちあき脳神経外科クリニック院長)


【ストレートネック】肩こり・しびれ・めまい・うつを招く“スマホ首”を改善する方法

【ストレートネック】肩こり・しびれ・めまい・うつを招く“スマホ首”を改善する方法

スマートフォンを使うとき、私たちは、画面を見るために頭を前方に傾けます。頭を傾けてスマホを見る時間が長ければ長いほど、頸椎はどんどん疲弊していきます。こうした疲弊は、まず肩や首のこりに現れます。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)