医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

むずむず脚症候群に効果!不快な症状が改善するほぐし方

むずむず脚症候群に効果!不快な症状が改善するほぐし方

夜間頻尿や下痢などに悩む人は、ほぼ全員、下半身が冷えています。また外側広筋が、かたくなっているのも共通した特徴で、ここをほぐせば下痢や夜間頻尿を改善できます。最近ふえてきたムズムズ脚症候群の患者さんにも勧め、効果を上げています。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


足が温かくなり 倦怠感が解消

夜間頻尿や下痢などに悩む人は、ほぼ全員、下半身が冷えています。
また、太ももの外側にある外側広筋が、かたくなっているのも、共通した特徴です。

外側広筋は、太い筋肉です。
ここを刺激して緊張をほぐし、血流をよくすれば、太もも全体の血行が促進します。

それが、下半身の冷えを解消し、下痢や夜間頻尿を改善します。
最近ふえてきたムズムズ脚症候群の患者さんにも勧め、効果を上げています。

また、ひざ痛の人は、太ももの内側の内転筋群や、太ももの裏側のハムストリングスが緊張し、こり固まっています。
これらの筋肉がこって機能しなくなると、ひざ関節に負担がかかり、痛みが出るのです。

しかし、太ももの内側や裏側を、直接もみほぐすのは容易ではありません。
そこで、活用したいのが、関係の深い筋肉を刺激する「筋ほぐし」です。

外側広筋は、内転筋群やハムストリングスと連携して動く筋肉です。
外側広筋をもみほぐすことで、内転筋群とハムストリングスの緊張が解けます。

結果、太ももの緊張がほぐれ、血流もアップし、じゅうぶん機能するようになります。
ひざ関節への負担がへり、ひざ周辺の血行もよくなるので、痛みが改善するのです。

24歳の女性Dさんは、線維筋痛症(全身に激しい痛みが生じる病気)と、慢性疲労症候群(疲労が長期間継続する病気)で来院。

ムズムズ脚症候群もあったので、太ももほぐしを勧めました。
お灸と太ももほぐしを併用して続けるうちに、足が温かくなり、倦怠感や痛みが解消。

足のムズムズも取れてきました。

太ももほぐしのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)


女医も効果実感!足指をほぐして全身の血行を改善!PMS・むくみ・冷えも一掃

女医も効果実感!足指をほぐして全身の血行を改善!PMS・むくみ・冷えも一掃

女性はもともと筋肉量が少ないうえ、静脈の血液を押し流す力が男性よりも弱いです。また、子どもを産むために、水分や栄養をため込みやすい体のしくみになっています。ですから、何もしないでいると、むくみや冷えが起きるのは当然です【解説】高橋怜奈(産婦人科医・プロボクサー)


自律神経の乱れがよくなる「へそさすり」 白ゴマ油で効果アップ!

自律神経の乱れがよくなる「へそさすり」 白ゴマ油で効果アップ!

私はアーユルヴェーダの専門医です。アーユルヴェーダでは、すべての人は、「ヴァータ(活動)」「ピッタ(燃焼)」「カパ(滋養)」と呼ばれる三つのエネルギーが備わっていると考えられています。「へそさすり」は、3種のエネルギーのうち、特にヴァータを整える効果が期待できます。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


自律神経が整う“腸整体”のやり方 「お腹の冷え」が不定愁訴の原因だった

自律神経が整う“腸整体”のやり方 「お腹の冷え」が不定愁訴の原因だった

腸さすりは、朝起きたときや、夜寝る前の1日2回、リラックスして行ってください。あおむけで寝た姿勢で行うため、寝床で行う習慣とするといいでしょう。自分の腸をいたわるつもりで、日々の養生法としてぜひ取り入れてください。【解説】中山健三(中山整体療院院長)


坐骨神経痛に効果【原田式ふくらはぎマッサージ】の効果とコツ

坐骨神経痛に効果【原田式ふくらはぎマッサージ】の効果とコツ

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)