MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
首のコリが原因の耳鳴りはツボを押して自分で改善!

首のコリが原因の耳鳴りはツボを押して自分で改善!

首の後ろの「快聴ツボ」を押したら 10年来の耳鳴り消失!首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。【解説者】本田哲朗(本田耳鼻咽喉科医院院長)

9割の耳鳴り患者は首がひどくこっている

キーンという金属音や、ジージーという虫の鳴き声のような音が頭の中で鳴り響く耳鳴り。
決して死に直結するものではないものの、本人にとっては非常に煩わしく、不快なものです。

脳や内耳の異常が、耳鳴りを引き起こしているという説もありますが、
医学界の一般的な見地としては、その原因は「不明」とされています。

耳鳴りを訴える人のなかには、病院で検査を受けたものの、異常が見つからなかった
ために薬すら出されず、医師から見放されたと感じるかたも多いようです。

しかし、私は今までおおぜいの耳鳴り患者を診てきた経験から、ある体の不調が、耳鳴りの多くを招いていることを確信しています。

それは、「首のコリ」です。
私のクリニックに来院される耳鳴り患者の実に9割が、首に強いコリを訴えます。

そして実際にさわってみると、首周りがカチカチにこり固まっているのがわかります。
これでは、耳鳴りのような不調が生じるのも無理はありません。

首は、脳や耳へと通じる血液の通り道です。
首周りの筋肉が硬直することによって、この血液の流れが阻害されます。

すると、脳や耳の各器官に、栄養素や酸素がじゅうぶんに行き渡らなくなるのです。
さらに血液循環の悪化は、自律神経の調整機能も低下させます。

自律神経とは、私たちの体の諸機能をつかさどっている神経のことで、
当然耳の働きにも深くかかわってきます。流れが滞るのは、血液だけではありません。

内耳を満たしているリンパ液の循環が悪化し、リンパ節が詰まりがちになります。
これらの要因が重なって、耳鳴りが発生していると考えられるのです。

首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。
現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。

あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。
まず、日ごろから正しい姿勢を意識して、首に負担のかからない姿勢をとるように注意しましょう。

そのように心がけたうえで、私が患者さんにお勧めしているのが、首のコリをほぐすセルフケアです。

耳鳴りに効く「首の後ろ押し」のやり方

首の後ろには、天柱というツボがあります。
天柱は、東洋医学では、耳鳴りに効く特効ツボとされています。

場所は、後ろ髪の生え際辺り、2本の太いすじの外側のくぼみにあります。
左右に一つずつ、計2ヵ所あります。
ここを親指で重点的に刺激するといいでしょう。

両手の親指でギューッと力を込めて、5秒ほど押してください。
これを4〜5回くり返した後に、耳の後ろから、首の側面、首の後ろにかけて、手で20秒ほどよくもみます。

特に、コリのある箇所を重点的に刺激するようにしてください。
以上を1日につき2〜3セット行うようにしましょう。
(詳しいやり方は、下の図解をご覧ください)

耳鳴りが完治して仕事を再開できた!

天柱はちょうど首の後ろにあるので、こり固まった首の緊張をほぐすのに最適です。
このツボ押しは、実際に治療法としても活用しており、耳鳴りに対して高い効果を上げています。

その例をいくつかご紹介しましょう。

50代の女性Aさんは、10年以上もひどい耳鳴りに悩まされてきました。
1日じゅう、両耳にキーンという高い音が鳴り響いているといいます。

そのうえ、日常生活では高い音域の音が聴き取りにくかったため、補聴器をつけていました。
しかし、補聴器をつけても、耳鳴りはいっこうによくなりません。

投薬治療も全く効果がありませんでした。
触診すると、首や肩がひどくこっていました。

定期的に通院してもらい、首のコリをほぐす治療を行うとともに、
自宅でも天てん柱ちゆうのツボを押してから、首をよくほぐすようにしてもらいました。
すると約2ヵ月で、1日じゅう鳴っていた耳鳴りがほぼ消失するまでに、聴力が回復したのです。


次に、40代の男性Bさんのケースです。

Bさんは会社を経営しておりましたが、高音の耳鳴りに悩まされ、休業を余儀なくされていました。
うつ病と不眠症の症状もあり、複数の病院で治療を受けたものの改善が見られず、私のクリニックに来院されたのです。

診てみると、やはり首がカチカチにこり固まっていました。
首の緊張をほぐす治療を行うとともに、自宅でも首のセルフケアを行ってもらったところ、1ヵ月ほどで、耳鳴りは完治。
仕事を再開できたと大変喜んでおられました。


最後に、70代後半の男性Cさんです。

Cさんは、加齢による難聴がかなり進んでいました。
それに加えて、両耳の耳鳴りにも悩まされていました。

首のコリをほぐすセルフケア法を指導したところ、毎日自宅で熱心に行ってくれたようです。
約3ヵ月後には耳鳴りの音が小さくなり、症状がかなり改善しました。

このかたがたのように、耳鳴りは自分の力で改善することも可能です。
耳鳴りは治ると信じて、ぜひ、自宅でセルフケアを続けてみましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2019-05-16 10:00:43
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2018-11-24 07:00:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2018-11-07 07:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt