【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

首の後ろの「快聴ツボ」を押したら 10年来の耳鳴り消失!首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。【解説者】本田哲朗(本田耳鼻咽喉科医院院長)


9割の耳鳴り患者は首がひどくこっている

キーンという金属音や、ジージーという虫の鳴き声のような音が頭の中で鳴り響く耳鳴り。
決して死に直結するものではないものの、本人にとっては非常に煩わしく、不快なものです。

脳や内耳の異常が、耳鳴りを引き起こしているという説もありますが、
医学界の一般的な見地としては、その原因は「不明」とされています。

耳鳴りを訴える人のなかには、病院で検査を受けたものの、異常が見つからなかった
ために薬すら出されず、医師から見放されたと感じるかたも多いようです。

しかし、私は今までおおぜいの耳鳴り患者を診てきた経験から、ある体の不調が、耳鳴りの多くを招いていることを確信しています。

それは、「首のコリ」です。
私のクリニックに来院される耳鳴り患者の実に9割が、首に強いコリを訴えます。

そして実際にさわってみると、首周りがカチカチにこり固まっているのがわかります。
これでは、耳鳴りのような不調が生じるのも無理はありません。

首は、脳や耳へと通じる血液の通り道です。
首周りの筋肉が硬直することによって、この血液の流れが阻害されます。

すると、脳や耳の各器官に、栄養素や酸素がじゅうぶんに行き渡らなくなるのです。
さらに血液循環の悪化は、自律神経の調整機能も低下させます。

自律神経とは、私たちの体の諸機能をつかさどっている神経のことで、
当然耳の働きにも深くかかわってきます。流れが滞るのは、血液だけではありません。

内耳を満たしているリンパ液の循環が悪化し、リンパ節が詰まりがちになります。
これらの要因が重なって、耳鳴りが発生していると考えられるのです。

首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。
現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。

あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。
まず、日ごろから正しい姿勢を意識して、首に負担のかからない姿勢をとるように注意しましょう。

そのように心がけたうえで、私が患者さんにお勧めしているのが、首のコリをほぐすセルフケアです。
首の後ろには、天柱というツボがあります。

天柱は、東洋医学では、耳鳴りに効く特効ツボとされています。
場所は、後ろ髪の生え際辺り、2本の太いすじの外側のくぼみにあります。

左右に一つずつ、計2ヵ所あります。
ここを親指で重点的に刺激するといいでしょう。

両手の親指でギューッと力を込めて、5秒ほど押してください。
これを4〜5回くり返した後に、耳の後ろから、首の側面、首の後ろにかけて、手で20秒ほどよくもみます。

特に、コリのある箇所を重点的に刺激するようにしてください。
以上を1日につき2〜3セット行うようにしましょう。
(詳しいやり方は、左の図解をご覧ください)

耳鳴りが完治して仕事を再開できた!

天柱はちょうど首の後ろにあるので、こり固まった首の緊張をほぐすのに最適です。
このツボ押しは、実際に治療法としても活用しており、耳鳴りに対して高い効果を上げています。

その例をいくつかご紹介しましょう。

50代の女性Aさんは、10年以上もひどい耳鳴りに悩まされてきました。
1日じゅう、両耳にキーンという高い音が鳴り響いているといいます。

そのうえ、日常生活では高い音域の音が聴き取りにくかったため、補聴器をつけていました。
しかし、補聴器をつけても、耳鳴りはいっこうによくなりません。

投薬治療も全く効果がありませんでした。
触診すると、首や肩がひどくこっていました。

定期的に通院してもらい、首のコリをほぐす治療を行うとともに、
自宅でも天てん柱ちゆうのツボを押してから、首をよくほぐすようにしてもらいました。
すると約2ヵ月で、1日じゅう鳴っていた耳鳴りがほぼ消失するまでに、聴力が回復したのです。


次に、40代の男性Bさんのケースです。

Bさんは会社を経営しておりましたが、高音の耳鳴りに悩まされ、休業を余儀なくされていました。
うつ病と不眠症の症状もあり、複数の病院で治療を受けたものの改善が見られず、私のクリニックに来院されたのです。

診てみると、やはり首がカチカチにこり固まっていました。
首の緊張をほぐす治療を行うとともに、自宅でも首のセルフケアを行ってもらったところ、1ヵ月ほどで、耳鳴りは完治。
仕事を再開できたと大変喜んでおられました。


最後に、70代後半の男性Cさんです。

Cさんは、加齢による難聴がかなり進んでいました。
それに加えて、両耳の耳鳴りにも悩まされていました。

首のコリをほぐすセルフケア法を指導したところ、毎日自宅で熱心に行ってくれたようです。
約3ヵ月後には耳鳴りの音が小さくなり、症状がかなり改善しました。

このかたがたのように、耳鳴りは自分の力で改善することも可能です。
耳鳴りは治ると信じて、ぜひ、自宅でセルフケアを続けてみましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


コリ 耳鳴り ツボ

関連する投稿


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

手足合わせて20本ある指の中でも、普段、最も存在を忘れられやすいのが足の小指でしょう。しかし、実は東洋医学から見ると、足の小指は、とても重要な部分です。東洋医学では、全身に通っている「気の通り道」を重要視します。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

鍼灸治療では、亜鉛と銅という、異なる二つの金属からできた鍼を用いて治療を行うことがあります。異なる二つの金属を使うと、わずかな電気が流れます。体内に微弱な電気を流すことで、ツボを刺激したり、血流の改善を行ったりする効果があるのです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)