MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
2週間続く咳は風邪や花粉症ではない!咳喘息の可能性も!

2週間続く咳は風邪や花粉症ではない!咳喘息の可能性も!

セキぜんそくは、アレルギー性の呼吸器疾患でよく知られる、気管支ぜんそくの一歩手前の状態です。原因や悪化の要因もほぼ同じで、ほうっておくと、気管支ぜんそくに移行します。「カゼが長引いているだけ」「花粉症がひどい」などと思い込んでいるうちに、悪化するケースが多く見られます。【解説】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)

2週間以上続くセキは、もはやカゼではない!

空気が乾燥するこの時季、ゴホゴホとセキ込んでいる人を、よく見かけます。
ただのカゼであれば、慌てて医者にかかる必要はありません。

一方で、カゼのように見えて実はそうではないケースもあります。
見分けるポイントは、ズバリ、三つあります。

(1)セキが2週間以上続いている
(2)眠れないほど激しいセキが、3日以上続いている
(3)ただのカゼと違うような自覚がある(特に高齢者の場合)


(1)から(3)のいずれかに該当する場合は、ただのカゼではない可能性が高いと思われます。
早めに病院を受診してください。

(1)セキが2週間以上続いている

まず、(1)について説明します。
セキが2週間以上続くなら、それはもはや、カゼではありません。

健康な人が普通のカゼをひいただけなら、薬を飲まなくても自分の免疫力で、2週間もしないうちに、自然と治るものです。
では、普通のカゼとは、どういった状態を指すのでしょう。

カゼの原因となる病原体は、その約8~9割がウイルスです。
細菌性のカゼは、残りの約1〜2割に過ぎないので、一般的にカゼといえば、ウイルスが原因ということになります。

鼻や口から入った空気が肺に達するまでの通り道を、「気道」といいます(下記図参照)。

呼吸のしくみ

気道のうち、気管の入口より上の、鼻や口に近い部分が「上気道」。
気管から先、肺までの部分を「下気道」といいます。

普通のカゼというのは、ウイルスが上気道の部分で炎症を起こした状態です。
医学用語で「上気道炎」と呼ばれます。

ウイルスは、それ単独では増殖できません。
細胞に入り込んで感染し続けないと生き残れないため、例外を除けば、増殖力はそう強くないのです。

加えて、下気道ではさまざまな防御システムや免疫機能が働いています。
異物はセキやタンによって反射的に吐き出され、奥へ進めません。

よってウイルスは、2週間もしないうちに、自然と消滅するのです。

セキぜんそく

では、普通のカゼではない、セキが長く続く病気には、どういったものがあるでしょうか。
代表的なものは肺炎ですが、近年になり非常に多く見られるのが、「セキぜんそく」です。

これは、気道の粘膜に、ウイルスや細菌以外の原因で炎症が起こり、粘膜が敏感になった結果、ちょっとした刺激にも反応してしまう状態です。
普通ならなんでもない程度のほこりや湯気、冷気、花粉、香りなどに反応して、セキ込んでしまいます。

「気道の過敏症」といえるかもしれません。
アレルギー体質の人に起こりやすいことがわかっています。

セキぜんそくは、アレルギー性の呼吸器疾患でよく知られる、気管支ぜんそくの一歩手前の状態です。
原因や悪化の要因もほぼ同じで、ほうっておくと、気管支ぜんそくに移行します。

「カゼが長引いているだけ」、「花粉症がひどい」などと思い込んでいるうちに、セキ込みが止まらなくなり、悪化するケースが多く見られるのです。
しかし、早期に適切な治療を受ければ、気管支ぜんそくに至る前に治すことが可能です。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

セキが長引く病気としては、ほかに、COPD(慢性閉塞性肺疾患)も挙げられます。
COPDの原因は、主にタバコです。

肺の機能が徐々に低下し、重症化すると呼吸不全に陥る、恐ろしい病気ですが、病初期には自覚症状があまり現れません。
そのため、進行に気づきにくいのです。
喫煙の習慣があり、息苦しさを感じる人は、早めに専門医に相談しましょう。

(2)眠れないほど激しいセキが、3日以上続いている

見分けポイント(2)の、「眠れないほど激しいセキが3日以上続く」場合も、早急に病院を受診してください。
前述したセキぜんそくの発病初期かもしれませんし、マイコプラズマ肺炎や百日咳など、細菌による感染症の可能性もあります。

(3)ただのカゼと違うような自覚がある

高齢者は肺炎に注意!進行に気づかず重症化

(3)は、特に高齢者に注意してほしい、肺炎が疑われる見分けポイントです。
日本人の死因の第3位が肺炎。
そして、肺炎で亡くなる人の9割以上が、65歳以上の高齢者なのです。

肺炎は、通常38度以上の高熱を伴いますが、高齢になると、熱はあまり上がらなくなります。
また、セキ反射の機能低下により、異物が入ってきても即時にセキ込めずに、肺に入れてしまいます。

明らかな症状がないので気づかないうちに進行し、重症化してしまうのです。
「体がひどくだるい」「食欲がない」「尿失禁した」などといったサインを見逃さず、いつものカゼと違うと感じたら、すぐに病院を受診しましょう。

解説者のプロフィール

大谷 義夫
池袋大谷クリニック院長。1989年群馬大学医学部卒業後、九段坂病院内科医長、東京医科歯科大学呼吸器内科医局長、同大学呼吸器内科兼任睡眠制御学講座准教授、米国ミシガン大学留学などを経て2009年に開院。医学博士。日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医。新聞、テレビなどメディア出演も多く、呼吸器内科のスペシャリストとして知られる。近著に『マスクつけるだけダイエット』(扶桑社)がある。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することがカゼの予防には効果的とされ、対症療法として薬が処方されます。私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)
更新: 2018-12-01 18:00:00
インフルエンザの初期なら、私は麻黄湯という漢方薬を処方します。優れた解熱効果があり、インフルエンザの型によってはタミフル以上に有効だったと日本小児感染症学会で報告されています。インフルエンザは決して軽く見ることはできませんが、初期のうちに手当てをすれば怖くありません。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)
更新: 2018-11-27 07:00:00
インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)
更新: 2018-11-14 07:00:00
これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)
更新: 2018-11-12 12:00:00
カゼにかかりやすくなるのは、寝不足やストレス、体の冷えなどによって、体力や免疫力が低下したときです。「カゼは万病の元」といいますが、その原因である「冷え」こそが万病の元です。ミカン湯やショウガみそ汁で、冷えを解消し、カゼをはね返してやりましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)
更新: 2018-11-06 12:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt